Creative Cloud

モバイルで開始したイラストレーションをデスクトップで仕上げる

Alejandro Chavetta氏がAdobe Capture CCでキャプチャした画像からブラシを作成し、外出中にPhotoshop Sketchのスケッチでそのブラシを使用する様子をご覧ください。その後、アートワークをPhotoshop CCに送り、デスクトップで仕上げます(視聴、2分)
チュートリアルも参照して実際にお試しください (体験する、3分)

モバイルで開始したイラストレーションをデスクトップで仕上げる

3分

iPhone、iPad、AndroidデバイスでAdobe Capture CCとPhotoshop Sketchを使用すれば、撮影した写真からカスタムブラシを作成し、Adobe Photoshop Sketchで使用できます。 その後、デスクトップでPhotoshop CCを使用してアートワークを仕上げます。

  iPhone用およびiPad用のAdobe Capture CC

   Android用のAdobe Capture CC

  iPad用のAdobe Photoshop Sketch

手順1/9(オプション)

Alejandro Chavetta氏のライブラリを自分のCreative Cloud Librariesにコピーする

Alejandro Chavetta氏のブラシを実際に作ってみることができます。Lucha collageライブラリを開いてください。「Creative Cloudへ保存」をクリックして、自分のアカウントにライブラリのコピーを作成します。

Creative Cloudの選択したライブラリに保存されたアセットを使って、Capture CCでブラシを作成できます。その後、Photoshop Sketch、PhotoshopまたはIllustratorで、新しいカスタムブラシを使用できます。

注意:ライブラリを保存するには、Creative Cloudアカウントにログインする必要があります。アカウントをお持ちでない場合は、Adobe IDを取得してください。

手順2/9

画像を撮影する

Capture CCを起動し、「ブラシ」をタップします。次に「+」アイコンをタップして、好みの描画やテクスチャなどにカメラを向けます。画像の一部をタップするか、スライダーでディテールを調整します。

キャプチャボタンをタップし、切り抜く部分をさらに微調整します。トリムマーク内で画像を動かすか、指2本で画像を回転し、「次へ」をタップします。

注意:このチュートリアル内のスクリーンショットは、iPhone版Adobe Capture CCの画面です。ユーザーインターフェイスはiPhone、iPad、Androidデバイスによって異なります。

オプション:Alejandro Chavetta氏のブラシを実際に作ってみることができます。緑のキャプチャボタンの右にあるアイコンをタップしてください。「Creative Cloud」をタップし、「ライブラリアセット」ドロップダウンを選択します。手順1でコピーした「Lucha collage」ライブラリを選択します。

Paint marks 2」を選択し、「開く」をタップします。キャプチャした内容を調整および切り抜きして新しいブラシを作成できます。

注意:Adobe Stockアカウントをお持ちの場合は、次からキャプチャのオプションにAdobe Stockも表示されます。

手順3/9

ブラシのスタイルを設定する

スタイルセクションで、プリセットスタイルからブラシに適用する処理を選択します。この画面を下にスクロールし、Photoshop CC、Photoshop Sketch、Illustrator CCのプリセットを表示します。好みのオプションを選択して、「次へ」をタップします。

いくつかストロークを描いてブラシのスタイルを試すことができます。または、「ブラシを編集」をタップして、さらにブラシを微調整します。

 

手順4/9

ブラシを調整して保存する

編集モードで「プリセット」をタップします。「初期設定」セクションの「サイズ」スライダーでブラシのポイントサイズを調整し、「インク量」スライダーでストロークのインク量を調整します。カラー設定で、「白黒」または「RGB」を選択します。その他のメニューオプション、
「スタイル」、「切り抜き」、「調整」を使って、ブラシをさらに微調整し、ユニークなストロークを作成します。

完成したら、「完了」、「次へ」をタップします。

ブラシに「AJ Paint Splatter」などの名前を付け、Creative Cloudの保存先ライブラリを選択して、「ブラシを保存」をタップします。Creative Cloudの選択したライブラリに新しいブラシが保存されます。

手順5/9

Photoshop Sketchで新しいプロジェクトを始める

Photoshop Sketchを起動し、「+」をタップして新しいプロジェクトを作成します。プロジェクトで最初のカンバスをタップします。

画像」、「+」アイコン、「マイファイル」、「ライブラリアセット」の順にタップします。Lucha collage」ライブラリを開き、Lucha Libreファイルを選択して「ファイルを開く」をタップします。カンバスにファイルが表示されたら「完了」をタップします。

手順6/9

Touch Slideでシェイプを追加する

シェイプアイコンをタップし、円のアイコンをタップして起動します。カンバス上にTouch Slideデジタル定規が表示されます。ピンチアウトして円を大きくし、2つのコントロールポイントをドラッグしてページの中央に移動します。

注意:Touch SlideツールはiPadでのみ使えます。

手順7/9

新しいカスタムブラシを使用する

画面上部にあるブラシツールをタップします。「ライブラリの変更」をタップし、Capture CCでカスタムブラシを保存したライブラリを選択します。

AJ Paint Splatter」ブラシを選択し、Touch Slideの周囲に半円を描きます。

ライブラリから他のブラシを選択し、画像にさらにブラシストロークを加えることもできます。

手順8/9

Photoshop CCに送信する

画面上部の送信アイコンをタップして、「Photoshop CCに送信」を選択します。しばらくすると、スケッチがデスクトップで開きます。

手順9/9

アートワークを調整して印刷する

Photoshopファイルであるため、レイヤーを追加または削除したり、新しい背景を追加して、コラージュを完成させることができます。終わったら、アートワークを印刷してポスターとして使うことができます。 

Alejandro Chavetta

Alejandroはサンフランシスコ在住のデザイナーで、以前はDwellのクリエイティブディレクターでした。最近はShypのブランドチームに参加し、毎日スタジオで作業を続けています。パブリッシングに関する彼のキャリアはPlayStationマガジンから始まり、そこでアソシエイトアートディレクターをつとめていました。その後、サンフランシスコマガジンのアートディレクターとなりました。Alejandroのコラージュは、米国とヨーロッパのギャラリーで展示されてきました。