モバイルデバイスでAdobe Photoshop Sketchのリアルなペイントツールと描画ツールを使えば、自然なタッチを表現できます。スケッチをBehanceで共有したり、Photoshop CCでさらに編集を続けましょう。
表現力豊かなスケッチを、いつでもどこにいても

Sketchを使用するには、Adobe IDでのログインが必要です。Adobe IDをお持ちでない場合は、無料で作成できますここでは、iPad Pro版Sketchを使って説明します。一部の機能とユーザーインターフェイスは、iPad、iPad Pro、iPhone、Androidの各デバイスで異なります。

 新しいプロジェクトを開始する

Sketchを起動すると「作品」ビューにすべてのプロジェクトが表示されます。新規プロジェクトを作成するには、「+」をタップし、ドキュメントプリセットをタップして任意の形式を選択します。ドキュメントが開いたら、「+」をタップして「画像レイヤー」を選択し、カメラロールから画像を配置します。Adobe Stockでライセンス購入した素材を参照画像として利用することも可能です。詳しくは、Adobe Stockのアセットをすばやく見つけて購入するを参照してください。

2本指でピンチしてズームし、「画像レイヤー」をタップして不透明度を下げます。ヒント:画像レイヤーを追加し、複雑なイラストを作成することも可能です。

 好みのブラシでスケッチする

ツールバーのグラファイトペンをタップします。「サイズ」を上下にドラッグしてブラシのサイズを設定し、「インク量」も同様の操作で設定します。「カラー」をタップして、あらかじめ用意されたカラーテーマから選択するか、カラーピッカーでカラーをミックスします。その他必要な設定を調整して、スケッチを開始します。

あらかじめ用意された14個のブラシから、いずれかのブラシを長押しして選択します。新しいブラシと入れ替えたり、ブラシのプロパティを変更したりして、独自のツールセットを作成することができます。また、Photoshopのブラシを読み込んで、ツールセットを拡張することもできます。手順については、Adobe Photoshop SketchでPhotoshopのブラシを使う(英語版のみ)を参照してください。

 画像からカラーを選択し、様々な表現を追加する

トレースが完了したら、画像レイヤーをダブルタップして参照画像を非表示にします。

次に水彩ブラシを選択します。「カラー」を長押ししてスポイトをドラッグし、アートワークからカラーをサンプリングします。ブラシサイズとインク量を調整し、ペイントを開始します。水彩画のように、水を含ませ、色をにじませた効果が出せます。いつでもファンを使えば、すぐにペイントストロークを乾かすことができます。水彩ブラシ対応のデバイスについては、Photoshop Sketchのよくある質問を参照してください。

 個別のレイヤーに要素を配置する

画面上部のシェイプアイコンをタップして、直線、曲線、シェイプを追加します。シェイプのエッジに沿ってドラッグすればその部分をトレースでき、シェイプの内部をダブルタップすれば全体を描画できます。以前に作成したレイヤーで、消しゴムツール(メインツールバー)を使い、真円でペイントストロークをマスクしました。

レイヤーを追加して新しい要素を配置したり、特別なブラシ効果を加えるなどして、アートワークを編集してください。レイヤーをタップするとその他のオプションが表示され、不透明度や描画モード(下のレイヤーとのカラーの重ね方を制御)の調整ができるほか、レイヤー名を変更すれば、識別しやすくなります。

 アートワークを保存し、共有する

Sketchでは、プロジェクトに加えた編集は自動的に保存されます。いつでも「閉じる」をタップすれば、「プロジェクト」ビューに戻れます。「+」をタップして、プロジェクトに新しいドキュメントを追加することも可能です。また、「…」をタップして対象のドキュメントを選択し、複製や削除、または他のプロジェクトに移動することができます。「作品」ビューでは、選択したプロジェクトを一括して削除、複製することも可能です。

ドキュメントビューで共有アイコンをクリックし、作品を書き出して共有する方法を選択します。アートワークをPhotoshop CCやIllustrator CCなどのデスクトップアプリケーションで開いて仕上げを行ったり、Behanceにワンステップで公開したり、画像をカメラロールに保存したりもできます。また、PSDまたはPDFの形式でCreative Cloudに保存することも、リンクを作成してプロジェクトを他の人と共有することも可能です。

Adobe Creative Cloudプランを購入されていない、または購入されたプランにPhotoshopが含まれていない場合、無料体験版をダウンロードしてお試しいただけます。

Photoshop Sketch内で世界中の優れた作品を参照する

「ディスカバリ」をタップして、Adobe Photoshop Sketchギャラリーの厳選された作品の数々をご覧ください。

08/09/2017
このページは役に立ちましたか。