モバイルデバイスのAdobe Illustrator Drawでベクター描画を作成すれば、Illustrator CCでの編集や共有が簡単にできます。
illustrator-draw-get-started-v2_1800x1012

Drawを使用するには、Adobe IDでログインするか、ない場合は無料のIDを作成します。ここでは、iPad Pro版Drawを使って説明します。一部の機能とユーザーインターフェイスは、iPad、iPad Pro、iPhone、Androidの各デバイスで異なります。

 新しいプロジェクトを開始する

作品ビューにすべてのプロジェクトが表示されます。新規プロジェクトを作成するには、「+」をタップし、任意のドキュメントプリセットをタップして形式を選択します。各プリセットにはサイズや解像度などの詳細が記載されています。新規ドキュメントの画面で「+」をタップして「画像レイヤー」を選択し、カメラロールから画像を配置します。Adobe Stockなどから参照画像を選択することも可能です。詳しくは、Adobe Stockのアセットをすばやく見つけて購入するを参照してください。

2本指でピンチして画像をズームし、「完了」をタップして画像を配置したら、画像レイヤーをタップして不透明度を下げます。次に、レイヤースタック内の画像レイヤーを描画レイヤーの下にドラッグします。これでトレースができます。

 ブラシを使ってトレースまたはフリーハンドで描画する

メインツールバーには、5つのブラシと消しゴムがあります。ブラシを長押しすると、使用可能なブラシの種類が表示されます。ブラシをダブルタップすると設定を変更できます。「サイズ」と「不透明度」のコントロールを上下にドラッグして値を変更し、メインツールバーの一番下に表示されているブラシの設定で、ブラシの詳細を設定します。真円率、角度、テーパーなどの設定を変更した後、トレースを開始します。

ヒント:デフォルトのブラシセットを入れ替えることができます。特定のブラシを作業に使用したければ、サイズ、不透明度、設定を変更したものをツールバーに追加できます。

 カラーを適用する

ブラシを選択して「カラー」をタップします。あらかじめ用意されたカラーテーマの中からカラーを選択するか、カラーピッカーでカラーをミックスします。「+」をタップしてカラーをライブラリーに保存すれば、いつでも、またAdobe Photoshop Sketchなど、別のアプリケーションからもアクセスできます。描画した線を閉じてその中を長押しすると、同じ色で塗りつぶしができます。または、「カラー」を長押ししてスポイトをドラッグし、アートワークからカラーをサンプリングします。

ヒント:デフォルトのピッカーはカラーホイールですが、設定から、「RGB」、「履歴」(以前使用したカラー)などに変更できます。

 描画にシェイプを追加し、レイヤーを操作する

カラーの塗りとオブジェクトを別々のレイヤーに配置すれば、描画を整理できます。レイヤーをタップするとその他のオプションが表示され、レイヤー名の変更、不透明度の調整、下のレイヤーとの結合を設定できるほか、一番上の目のアイコンをタップして、表示と非表示を切り替えることができます。 

ヒント:レイヤーのサムネールをダブルタップすれば、すぐに表示と非表示の切り替えができます。

画面上部のシェイプアイコンをタップして、直線、曲線、シェイプを追加します。シェイプのエッジに沿ってドラッグすればトレースでき、ダブルタップでスタンプ、長押しで同じ色の塗りつぶしができます。ここでは、ハーフトーンテクスチャを追加し(Adobe Captureで作成し、ライブラリーに保存したベクターシェイプを使用)、消しゴムツールでレイヤーから不要な部分を削除しました。ここで使用したハーフトーンスクリーンをご利用になりたい場合は、Halftonesライブラリーを開き、「保存」をクリックして、ライブラリーをご自分のアカウントにコピーします。ご自分でシェイプを取り込む方法については、モバイルでカラー、シェイプ、ブラシをキャプチャするを参照してください。

 描画を保存して共有する

Drawでは、プロジェクトに加えた編集は自動的に保存されます。いつでも「閉じる」をタップすれば、プロジェクトビューに戻れます。「+」をタップして、プロジェクトに別のドキュメントを追加します。プロジェクト間でドキュメントの複製、削除、移動ができます。これをおこなうには、「…」をタップして、対象のドキュメントを選択します。作品ビューですべてのプロジェクトに適用することもできます。

ドキュメントビューで共有アイコンをクリックし、作品を書き出して共有する方法を選択します。アートワークをデスクトップで仕上げたり(アドビデスクトップアプリケーション/Illustrator CC、Photoshop CC)、Behanceにワンステップで公開したり、カメラロールに追加したり(画像/画像を保存)できます。また、PDFに保存(PDF形式のCreative Cloudファイル)、共有可能なリンクの作成(プロジェクトへのリンク)も可能です。 

他のユーザーがIllustrator Drawを使用して作成した作品を見る

厳選されたAdobe Illustrator Drawギャラリーを参考にご覧ください。

08/09/2017
このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ