Creative Cloud Mobile Apps Tutorials

Illustrator Drawの基本を学ぶ

Adobe Illustrator Drawでスケーラブルベクトルデザインを作成し、それをIllustrator CCで編集して、Photoshop CCに配置できます
2014年10月のアップデートが必要 (操作手順を見る、8分)

準備するもの

  iPad用、iPad Pro用、およびiPhone用のIllustrator Draw

   Android用のIllustrator Draw

Illustrator Drawを使用して、iPhone、iPad、iPad Pro、またはAndroidスマートフォンでベクターイラストを作成します。5つのベクターブラシを使用してフリーフォームを描画し、レイヤーを使用して詳細で複雑な描画を行います。

デバイス上の写真、CC LibrariesとFiles、Market、およびAdobe Stockから追加された参照画像をトレースすることもできます。完了したら、描画をデスクトップ上のIllustrator CCに送信することができます。そこでパスおよびレイヤーとして表示され、引き続きアートワークを調整し、最終デザインプロジェクトに取り込むことができます。
 
注意: このチュートリアル内のスクリーンショットは、iPadのIllustrator Drawの画面です。ユーザーインターフェイスはiPad、iPad Pro、iPhone、およびAndroid デバイスで異なります。

ワークスペースのカスタマイズ

Adobe IDを使用してアプリにサインインするか、IDがない場合は無料のIDを作成します。Illustrator Drawアイコンをタップして設定を表示し、環境設定を選択します。左利きの場合、ツールバーの位置を右側に設定します。

ヒント:「チュートリアルを見る」をタップして、ブラシオプション、ジェスチャーのショートカット、およびその他のテクニックに関する役立つ情報を参照することができます。

Illustrator Drawアイコンをタップして設定を終了し、「+」をタップして、5つのアートボードを持つ新しいプロジェクトを開始します。タイトルをタップして、プロジェクトに名前を付けます。アートボードをタップして、描画を開始します。

トレースする画像を追加

最初に、写真レイヤーに画像を配置してみましょう。

レイヤーアイコンをタップします。写真レイヤーをタップし、トレースするアートワークを追加します。

画像をAdobe Stockから追加するには、検索する語を入力します。この例では、「luna moth」を検索しました。画像サムネイルをタップし、プレビューを保存をタップします。「マイライブラリ」に保存します。「OK」をタップします。画像が写真レイヤーに保存されます。

写真レイヤーの不透明度を下げ、トレースしやすくします。レイヤーをタップし、不透明度スライダーをドラッグします。

ヒント: 高解像度のオリジナル画像を描画プロジェクトで使用する場合、Draw内でAdobe Stockから画像をライセンスできます。

フリーハンドの描画

ツールバーには、5つのブラシと消しゴムが付いています。ツールを1回タップすれば選択され、ダブルタップするとツールの設定を変更します。

サイズまたは不透明度をタップしてホールドしてから、上下にスクラブして値を変更します。カラーをタップしてピッカー、アプリテーマ、およびCC Librariesからのカラーにアクセスします。

よく使うブラシにはいつでも簡単にアクセスできるようにしておきます。ツールバーでデフォルトのブラシから切り替えるには、ブラシをタップしてホールドしてから、新しいブラシを選択します。たとえば、例で示されている基本的な先細のブラシなどです。

特定のブラシを大半の作業に使用したければ、異なるサイズ、不透明度、カラーで追加することができます。

描画の調整

ピンチジェスチャーを使用して、ズームインやズームアウトを行います。64倍までズームアップして描画を詳細に調整することができます。

消しゴムを使用して消し、ブラシストロークを調整します。消しゴムをダブルタップして、サイズを変更します。

取り消しアイコンをタップすると、1ステップ前に戻ります。タップしてホールドすると、やり直しアイコンにアクセスします。

ヒント: 指2本で左にスワイプすると最後のステップを取り消すことができ、右にスワイプすると再実行できます。

複数のレイヤーを使った作業

レイヤーアイコンをタップし、「+」をタップして新しい描画レイヤーを追加します。「」を1回タップして、レイヤーの内容を複製、移動、反映します。

レイヤーを再配列するには、レイヤー内の場所をタップしてホールドし、スタック内の新しい位置に移動します。 

ヒント: 各アートボードで1個の写真レイヤーと、最大10個の描画レイヤーを持つことができます。これにより、描画が柔軟になり、管理しやすくなります。

シェイプをトレースする 

iPad、iPad Pro、iPhoneで作業している場合、シェイプアイコンをタップし、アプリのシェイプまたはCC Librariesに保存されているキャプチャーシェイプを選択します。

シェイプ内に2本の指を置き、ページ内に移動させるか、回転させます。シェイプ内でピンチし、サイズを大きくしたり小さくしたりします。 

アプリシェイプの周りをブラシでトレースしてで描画するか、シェイプ内をダブルタップして全体を描画することができます。 注意:CC Librariesから追加されたシェイプは、全体を描画することはできますが、トレースすることはできません。

あるいは、シェイプメニューの右上の「+」をタップして、Capture CCをDrawから直接起動します。

 

描画の管理

プロジェクトからアートボードを削除するには、「閉じる」をタップしてプロジェクトビューに戻ってから、プロジェクトの編集アイコンをタップします。タップしてアートボードを選択します。複数のアートボードを選択することもできます。その後、削除アイコンをタップします。

アートボードを追加するには、プロジェクトビューの新しい描画の追加アイコンをタップします。プロジェクトの上部に新しいアートボードが追加されます。

プロジェクト全体を削除するには、削除アイコンをタップし、「OK」をタップします。

複数のプロジェクトを1回で表示するには、グリッドアイコンをタップして、ギャラリーでプロジェクトを表示します。プロジェクトビューアイコンをタップして戻ります。

 

デスクトップで作業を続行する

共有/送信先アイコンをタップし、アートワークを様々な宛先に送信します。「Illustrator CCに送信」を選択する場合、Illustratorを起動する際に描画はパスおよびレイヤーとして開きます。カラーの再編集やタイプの追加、ベクターパスを直接編集も可能で、アートワークをさらに魅力的な作品を作成できます。

ヒント: デザインで描画を使用するには、「Photoshopに送信」を使用します。