モバイルで描いた作品をIllustratorで仕上げる

iPhone、iPad、AndroidデバイスでAdobe Capture CCやIllustrator Drawを使えば、外出先でもイラストの作成を開始し、デスクトップのAdobe Illustrator CCで仕上げることができます。

1. Capture CCでシェイプを作成する

Capture CCでシェイプを作成する

2. シェイプをIllustrator Drawの新規プロジェクトに追加する

デバイスでIllustrator Drawを開き、プロジェクト、シェイプメニューの順にタップして、「ライブラリの変更」をタップして、手順1でシェイプを保存したライブラリに移動します。Capture CCで取り込んだ目のベクター描画を選択します。Touch Slideツールでシェイプを配置し、左側のツールを使ってカラーを選択します。シェイプをダブルタップしてレイヤーにスタンプし、選択したカラーで塗ります。 

詳しくは、Illustrator Drawの基本を学ぶをご覧ください。

注意:Touch SlideツールはiPadでのみ使えます。

シェイプをIllustrator Drawの新規プロジェクトに追加する

3. 描画ツールで目のイラストを作成する

「レイヤー」アイコンをタップして、描画レイヤーを追加します。画像の各部を調整する場合は、背景の追加、前景の色付け、線の追加などを別々のレイヤーで実行し、他のレイヤーに影響しないようにします。

Illustrator Drawの消しゴムと先細の線ブラシを使用して、目のイラストを開始します。スタンプしたシェイプを下図として使用すれば、Capture CCで元の写真をトレースした際の細部を保つことができて便利です。

描画ツールでイラストを作成する

4. レイヤーを使用して奥行きを加える

レイヤーを追加してイラストの背景に色を加え、奥行きを持たせます。例えば、1つのレイヤーで目に色を付け、別のレイヤーで陰影を加えます。

レイヤーを使用して奥行きを加える

5. Illustrator CCに送信する

Illustrator Drawで共有アイコンをタップし、「Illustrator CC に送信」を選択して、さらに高度な仕上げができます。

同じCreative Cloudアカウントを使用して、ネットワーク接続されたIllustrator DrawとIllustratorに同時にログインすれば、Captureから送信したファイルをデスクトップのIllustratorで開くことができます。同期が完了すると、「送信されました」というメッセージが表示されます。

Illustrator CCに送信する

6. Illustrator CCで作品に磨きをかける

Illustrator Drawで作成した線が、Illustratorではベクターシェイプとなっています。Illustrator CCの各種ツールを使って、デザインを完成します。

Illustrator CCで作品に磨きをかける

デバイスでCapture CCを起動して「シェイプ」をタップしてシェイプモジュールを開きます。「+」アイコンをタップして、目の写真をキャプチャします。シェイプとして取り込むディテールの量をスライダーで調整し、キャプチャボタンをタップします。写真がトレースされ、クリーンなベクターバージョンが作成されます。

「次へ」をタップしてシェイプに名前を付け、Creative Cloudの保存先ライブラリを選択して「シェイプを保存」をタップします。Creative Cloudの選択したライブラリに新しいシェイプが保存されます。詳しくは、Capture CCチュートリアルをご覧ください。

注意:このチュートリアル内のスクリーンショットは、iPad版のAdobe Capture CCとAdobe Drawの画面です。ユーザーインターフェイスはiPhone、iPad、Androidデバイスによって異なります。

7. すべてのシェイプを結合して滑らかな画像を作成する

それぞれのカラーを選択し、シェイプをすべて結合して見栄えを整えます。これで画像の完成です。

Adobeモバイルアプリを使用すれば、コンピューターの前に座っている必要はもうありません。ひらめいたらすぐその場で描画を開始できます。

すべてのシェイプを結合して滑らかな画像を作成する

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

01/13/2017

Contributor: Brian Yap

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ