What's Covered (内容)

 

この文書では Photoshop Elements 2.0 で背景レイヤーを編集する方法について説明します。

スキャナやデジタルカメラから取り込んだ画像は、通常一枚の背景レイヤーとして表示されます。背景レイヤーはロックされているため通常のレイヤーとは違い、他のレイヤーとの重なり順、描画モードや不透明度を変更できません。背景レイヤーを通常のレイヤーに変換すると、これらの変更を行うことができるようになります。

A. 背景レイヤーを通常のレイヤーに変換する方法

B. 画像と一体化した文字の色を変更する方法

C. 背景レイヤーの背景色を変更する方法

 

  A. 背景レイヤーを通常のレイヤーに変換する方法

 

背景レイヤーを通常のレイヤーに変換するには、以下の a. または b. のいずれかを実行します。

a. 「レイヤー」パレットから変換する

  1. [ウィンドウ] メニューから [レイヤー] を選択し「レイヤー」パレットをパレット格納タブに表示します。



    ※ 必要に応じて、パレットのタブをドラッグしてパレットをパレット格納タブから取り出し好きな位置に移動します。



  2. 「レイヤー」パレットにある「背景」レイヤーをダブルクリックします。
  3. 「新規レイヤー」ダイアログボックスが開きます。



  4. 「レイヤー名」を入力し、 [OK] をクリックします。

b. [レイヤー] メニューから変換する

  1. [レイヤー] メニューから [新規] - [背景からレイヤーへ] を選択します。



  2. 「新規レイヤー」ダイアログボックスで、レイヤー名を入力し、 [OK] をクリックします。

 

  B. 画像と一体化した文字の色を変更する方法

 

画像と一体化した文字の色を変更するには、以下の手順を実行します。ここでは例として、スキャナで読み込みした画像を使用しています。

  1. 編集する画像を開きます。
  2. ツールボックスから自動選択ツール をクリックします。
  3. 自動選択ツールのオプション設定をします。ここでは例として、以下に設定しました。



    新規選択

    許容値 60

    隣接のチェックなし



    隣接のチェックをはずすことにより、画像内で同じカラーを使用しているピクセルがすべて選択されます。



  4. 選択したい文字をクリックします。選択範囲を追加する場合は、Shift キーを押しながらクリックします。



  5. 文字が選択された状態で [レイヤー] メニューから [新規] - [選択範囲をコピーしたレイヤー] を選択して、先ほど選択した文字のレイヤーを作成します。
  6. 「レイヤー」パレットで「レイヤー 1」という名前のレイヤーが背景の上に作成されました。レイヤーの名前を変えるには、レイヤー名をダブルクリックします。ここでは「文字」というレイヤー名に変更しました。



  7. ツールボックスの「描画色を設定」をクリックし、「カラーピッカー」から描画色を選択して [OK] をクリックします。



  8. 「文字」レイヤーがアクティブになっていることを確認して、ツールボックスから塗りつぶしツール を選択します。
  9. 色を変えたい部分の文字をクリックすると、文字が指定した描画色で塗りつぶされます。



 

 C. 背景レイヤーの背景色を変更する方法

 

背景レイヤーの背景色を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. Photoshop Elements を起動して編集する画像を開きます。
  2. 手順 B の 2 ~ 6 と同じ操作で、背景以外のオブジェクトのレイヤーを作成します。
  3. 「レイヤー」パレットで「新規レイヤーを作成」ボタンを押して新規レイヤーを作成します。ここでは「背景2」という名前にしました。



  4. 「レイヤー」パレットで「背景2」レイヤーをドラッグして、「文字」レイヤーの下に配置します。



  5. ツールボックスの「描画色を設定」をクリックし、「カラーピッカー」から描画色を選択して [OK] をクリックします。
  6. 「背景2」レイヤーがアクティブになっていることを確認して、ツールボックスの塗りつぶしツール をクリックします。
  7. 背景の上にマウスポインタを移動してクリックすると、背景の色が変わります。



アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー