この文書は、Photoshop Elements 4.0 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

Windows 版 Photoshop Element 4.0 には、[写真整理モード] と [写真編集モード] が用意されています。

[写真整理モード] では、写真を取り込んで名札を付けて整理したり検索することができます。[写真編集モード] では、従来どおり、写真の補正や編集を行うことができます。



※ Macintosh 版 Photoshop Elements 4.0 には、[写真整理モード] は搭載されていません。



写真整理モードの特長

写真編集モードの特長

写真整理モードと写真編集モードの起動

写真整理モードと写真編集モードの切り替え

 

 写真整理モードの特長

[写真整理モード] は、Windows 版 Photoshop Elements 4.0 に新しく追加された機能です。

デジタルカメラなどで撮影した写真を Photoshop Elements に取り込んで、名札を付けて管理することができます。

[作品] を作る機能も追加されており、スライドショーや、カレンダー、グリーティングカードなどを簡単に作成することができます。

 

 

 

[写真整理モード] の主な機能は以下のとおりです。

 

機能

詳細

写真を取り込む

デジタルカメラやスキャナから直接写真を取り込むことができるほか、携帯電話やパソコンに保存した写真も取り込むことができます。

取り込み時に自動的に赤目修正することもできます。

※携帯電話の写真は、パソコンの指定フォルダに保存する必要があります。

写真を整理/

検索する

撮影した日付順に並べたり、写真に名札を付けて整理することができます。

名札には、「お気に入り」、「家族」、「イベント」、「場所」などのカテゴリがあらかじめ用意されていますが、削除したり新規作成することもできます。写真に名札を付けておけば、特定の名札の付いた写真だけを表示させることができるため、目的の写真をすばやく見つけることができます。



作品を作る

スライドショー、メニュー付き DVD、フォトアルバム、グリーティングカード、カレンダー、Web フォトギャラリーなどのさまざまな作品を作成できます。ウィザードに沿って、テンプレートや使用する写真など選択するだけで、簡単に作品を完成させることができます。



配信する

取り込んだ写真や、作成した作品を電子メールなどで配信することができます。

電子メールでの送信は、通常使用しているメールソフト (Oltlook や Outlook Express など) を利用して送信しますので、あらかじめこれらのメールソフトを設定しておく必要があります。

 

 

↑top

 写真編集モードの特長

[写真編集モード] は、従来どおり写真の補正や編集が行える [スタンダード編集] と、1 クリックで簡単に補正ができる [クイック補正] から構成されています。

 

クイック補正


[クイック補正] には、[一般補正]、[ライティング]、[カラー]、[シャープ] などの補正機能があります。

[自動] ボタンをクリックし、自動的に最適な補正を行えるほか、スライダの値を調整することで、細かい補正を行うことも可能です。



 

プレビュー表示は、初期設定では [補正後のみ] に設定されていますが、補正前と補正後を並べて配置させることで、補正前と補正後の状態を比較しながら作業を行うことができます。



 

 

 

スタンダード編集

[スタンダード編集] では、ツールボックスや [レイヤー] パレットなどが、メインウィンドウに格納されて配置されています。

これらのツールボックスやパレットは、ウィンドウの外にドラッグすることで、切り離して使うことが可能です。自分の使いやすいようにワークエリアをカスタマイズして使用しましょう。



 

[スタンダード編集] では、 [レベル補正] 機能などを使用し、クイック補正よりもさらに高度な補正を行うことができます。

[スタイル・エフェクト] パレットを使えば、簡単に複雑な効果をかけることもできますし、ペイントや切抜き、文字入力などのさまざまな編集を行うことも可能です。



 

 

↑top

 写真整理モードと写真編集モードの起動

起動時にやりたいことを視覚的に選択できる [スタートアップスクリーン] で、クリックした機能によって [写真整理モード] で起動させたり、[写真編集モード] で起動させることができます。

※スタートアップスクリーンについては 文書番号 225235 [基本操作] スタートアップスクリーンの使い方 をご参照ください。



 

↑top

 写真整理モードと写真編集モードの切り替え

[写真整理モード] と [写真編集モード] はそれぞれ別のウィンドウで表示されるため、同時に起動させておくことができます。

アクティブ (操作可能な状態) になるのは、どちらか一方ですが、ボタンひとつですばやくモードを切り替えることができます。



[写真整理モード] から [写真編集モード] へ切り替え


編集したい写真をクリックして選択します。次に、ツールバーの [編集] ボタンをクリックし、[クイック補正へ移動] または [スタンダード補正へ移動] をクリックします。

※ [外部編集ソフトPhotoshopで編集] は、Photoshop CS2 などがインストールされている場合に表示されます。



 

 

また、選択した写真を直接 [写真編集モード] のウィンドウにドラッグ & ドロップしても、編集を行うことができます。



 

 

 

[写真編集モード] から [写真整理モード] へ切り替え

ツールバーの [電子メールに添付] ボタンや、[作成]、[フォト]、[日付] ボタンをクリックします。



 

↑top

 

 

Macintosh 版 Photoshop Elements 4.0 には [写真整理モード] はありませんが、ファイルの整理・検索ができる Adobe Bridge が搭載されています。

詳しくは、文書番号 228986 [基本操作] Adobe Bridge を使いこなそう をご参照ください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー