この文書は、Photoshop Element 3.0 の基本的な使用方法に関するヒント集です。

スタートアップスクリーンの使い方や、[写真整理モード] で写真を整理する方法、[写真編集モード] で写真を補正したり、切り抜いたり、文字を入力する方法をご紹介します。基本操作をマスターしたら、「チャレンジ!」カテゴリを参照し、パースディカードを作ったり、イラストを描いたりしてみましょう。

 

 

はじめに

Photoshop Elements に写真を取り込もう

写真を整理しよう

一般的な操作を覚えよう

Camera Raw

写真を補正しよう

写真を編集しよう

切抜きと合成

便利な機能

チャレンジ!

 

 

はじめに

 

[基本操作] スタートアップスクリーンの使い方

Photoshop Element 3.0 起動時には、[スタートアップスクリーン] が表示されます。[スタートアップスクリーン] に搭載された各機能の概要と、起動時に表示される画面を切り替える方法について解説します。

 

 

[基本操作] 写真整理モードと写真編集モード

Photoshop Element 3.0 (Windows 版) には、[写真整理モード] と [写真編集モード] が用意されています。

[写真整理モード] では、写真を取り込んで名札を付けて整理したり検索することができます。[写真編集モード] では、従来どおり、写真の補正や編集を行うことができます。



※Macintosh 版には、[写真整理モード] は搭載されていません。

 

↑top

 

 

Photoshop Elements に写真を取り込もう




以下の取り込みの操作は、[写真整理モード] で行います。

※ [写真整理モード] は、Windows 版のみの機能です。

 

[基本操作] デジタルカメラから写真を取り込むには

デジタルカメラで撮影した写真を直接 Photoshop Elements に取り込むことができます。

 

 

[基本操作] フォルダに保存した写真を取り込むには

パソコンのフォルダに保存した写真を Photoshop Elements に取り込んで管理することができます。

 

 

[基本操作] スキャナから写真を取り込むには

ファイル形式や画質を設定し、スキャナから直接 Photoshop Elements に写真を取り込むことができます。

 

 

[基本操作] PDF ファイルで使われている画像を取り込むには

PDF ファイルに使用されている JPEG 形式の画像を一括して取り込むことができます。

 

 

[基本操作] 携帯電話から写真を取り込むには

携帯電話で撮影したり、ダウンロードした写真を、パソコンの指定フォルダに保存しておけば、簡単に取り込むことができます。

 

↑top

 

 

写真を整理しよう




以下の取り込みの操作は、[写真整理モード] で行います。

※ [写真整理モード] は、Windows 版のみの機能です。

 

[基本操作] 写真に名札を付けて整理しよう (名札の新規作成)

取り込んだ写真に名札を付けて整理することができます。家族、イベント、旅行 などの名札をつけておけば、1 クリックで、同じ名札のついた写真を抜き出して表示することができます。

 

 

[基本操作] 名札を使いこなそう

名札を使って写真を整理するために知っておくと便利な機能について紹介します。 [お気に入り]、[非表示] という特別な名札が用意されていたり、アイコンを編集したりすることもできます。

 

 

[基本操作] フォトブラウザを使いこなそう

[フォトブラウザ] では取り込んだ写真やビデオクリップ、作品などを表示、管理することができます。

ここでは、並べ方の変更方法や、写真の回転方法、スライドショー表示の方法などについて解説します。

 

 

[基本操作] 撮影した日ごとに写真を表示しよう (日付表示)

日付表示機能を使用すれば、撮影した日ごとに写真を表示することができます。また、特定の年、月、日の写真をすばやく検索できます。

 

 

[基本操作] Photoshop Elements に写真を取り込み直すには

Photoshop Elements 3.0 に取り込んだ写真などのデータは、カタログファイルで管理されています。

カタログファイルを新規作成することにより、新たに取り込みなおすことができます。

 

↑top

 

 

一般的な操作を覚えよう

 

[基本操作] 画像サイズを縮小するには (画像解像度を変更)

デジタルカメラなどで撮影した画像が大きすぎる場合は、縮小してからメールで送ったり、Web ページの素材として使用しましょう。

 

 

[基本操作] Word や Excel にデジタルカメラで撮影した写真を挿入するには

Photoshop Elements に取り込んだ写真を Word や Excel などの別のアプリケーションで、使うことができます。

※ここでは例として、[写真整理モード] の [書き出し] 機能を使用して、写真を書き出し、Word 文書に挿入する方法について解説します。

 

 

[基本操作] 選択した部分を中心に画像を拡大表示するには(ズームツール)

写真を編集する際に、[ズームツール] を使用して編集したい部分を中心として画像を拡大表示することができます。

 

 

[基本操作] レイヤーって何だろう

レイヤーとはどのようなものなのか、レイヤーの表示/非表示方法やレイヤーの前後関係を含めて説明します。

 

 

[基本操作] 画像の上に文字を入力するには

画像の上に文字を入力する方法について解説します。縦横、サイズ、色々な文字を組み合わせ、どこにでも配置させることができます。

 

   

[基本操作] 画像を印刷するには

解像度についての解説と設定、および写真や作品などを印刷する際の基本操作について紹介します。

 

↑top

 

 

Camera Raw

 

[基本操作] Camera Raw って何だろう

Camera Raw とは何なのか、どのような特徴があるのか、また Photoshop Elements 3.0 の Camera Raw がサポートしている機種について紹介します。

 

 

[基本操作] Camera Raw 画像を開くには

Photoshop Elements 3.0 には標準で Camera Raw プラグインが搭載されているため、Camera Raw 画像を直接開くことができます。

 

 

[基本操作] Camera Raw ダイアログボックスについて

[Camera Raw] ダイアログボックスのホワイトバランスや露光量などの、補正機能について詳しく解説します。

 

 

[基本操作] Camera Raw 画像を JPEG 形式で保存するには

Photoshop Elements 3.0 で開いた Camera Raw 画像を、JPEG 形式で保存する方法について解説します。

 

↑top

 

 

写真を補正しよう

 

[基本操作] 簡単に写真を補正するには (クイック補正)

[クイック補正] を使用すれば、1 クリックで暗い写真や、不鮮明な写真などを補正することができます。

 

 

[基本操作] 赤目を修正するには

[赤目修正ツール] を使用すれば、1 クリックで写真生じた赤目現象を補正することができます。

 

 

[基本操作] ピンボケした写真をシャープにするには

[アンシャープマスク] 機能を使用すれば、ピンボケした写真をシャープに補正することができます。

 

 

[基本操作] 写真のシミや傷を取り除くには (スポット修正ブラシツール)

[スポット修復ブラシツール] を使用すれば、クリックまたはドラッグするだけで簡単に写真内のシミや傷などを取り除くことができます。

 

↑top

 

 

写真を編集しよう

 

[基本操作] カラー写真をモノクロに変更するには

カラー写真のカラーを削除することによって、モノクロ写真にすることができます。

 

 

[基本操作] 写真を絵画調にするには (印象派ブラシツール)

[印象派ブラシツール] を使用し、クリック & ドラッグで塗っていけば、写真を絵画のようにすることができます。

 

 

[基本操作] 写真 (画像) に余白をつけるには

カンバスサイズを変更することで、写真 (画像) のまわりに余白を付けることができます。

 

  

[基本操作] いろいろな図形やイラストを写真に追加しよう (カスタムシェイプツール)

[カスタムシェイプツール] は、動物、花、フキダシ、マーク、フレームなどのカテゴリー別に豊富な種類が用意されています。

好きな図形を選択し、写真に追加することができます。

 

 

[基本操作] 写真にいろいろな視覚効果を設定しよう (フィルタギャラリー)

[フィルタギャラリー] では Photoshop Elements に用意されたさまざまなフィルタを参照、適用することができます。複数のフィルタを重ねて適用することもできます。

 

↑top

 

 

切り抜きと合成

 

[基本操作] 斜めの写真を水平に切り抜くには

斜めに撮影してしまった写真や、スキャナで取り込んだときに曲がってしまった写真を水平に切り抜くことができます。

 

    

[基本操作] 写真をハガキサイズに切り抜くには

[切り抜きツール] オプションバーで、あらかじめ [幅]、[高さ]、[解像度] を指定して、写真を切り抜くことができます。

 

 

[基本操作] 選択した色で写真を切り抜くには (自動選択ツール)

切り抜きたい被写体と背景などの境界線がはっきりとしている場合は、[自動選択ツール] を使って色を選択し、写真を切り抜くことができます。

 

 

[基本操作] 境界線をぼかして写真を丸く切り抜く

写真を切り抜くときに、境界線をぼんやりとさせて、切り抜くことができます。

 

 

[基本操作] 写真をハート型に切り抜く方法 (型抜きツール)

Photoshop Elements 3.0 の新機能である [型抜きツール] を使用すれば、ハート型などの図形や動物などのイラストで簡単に写真を切り抜くことができます。

 

 

[基本操作] 写真から花などの対象物だけを切り抜こう

花や人などの対象物を切り抜くには、[なげなわツール]、[多角形選択ツール]、[マグネット選択ツール] を使用します。それぞれの特性をいかして、組み合わせて使えば綺麗に切り抜くことができます。

 

  

[基本操作] 四角く切り抜いた写真に額縁をつけるには

[スタイル・エフェクト] パレットを使用し、四角く切り抜いた写真に、額縁を付けることができます。

Photoshop Elements には 14 種類の額縁 (フレーム) が用意されています。

 

    

[基本操作] 文字で写真を切り抜こう

文字と写真をグループ化することで、図形やイラストと同様、文字を使って写真を切り抜くことができます。

 

 

[基本操作] 画像を合成しよう

切り抜いた画像を別の画像と合成しみましょう。

Photoshop Elements では、ドラッグ & ドロップするだけで、複数の画像を合成することができます。

 

↑top

 

 

便利な機能

 

[基本操作] 複数の画像のファイル形式をまとめて変換するには

[複数ファイルをバッチ処理] 機能を使用すれば、一括して同じファイル形式、同じサイズに変更することができます。デジタルカメラやスキャナから読み込んだファイルを処理するときなどに便利です。

 

 

[基本操作] 携帯電話へ写真を送信しよう

Photoshop Elements 3.0 Windows 版では、携帯電話に写真を送ることができます。

携帯電話にメールを送る際には、既定の (通常使用している) 電子メール ソフトウェアが使用されます。

携帯電話に配信は、[写真整理モード] で行います。

 

 

[基本操作] 写真や作品を CD / DVD にバックアップしよう

専用のライティングソフトを使わなくても、Photoshop Elements 3.0 で管理している写真や作品などを CD / DVD にバックアップすることができます。パソコンの故障などで大切な写真を失ってしまわないよう、バックアップしておきましょう。

バックアップは、[写真整理モード] で行います。

 

  

[基本操作] 複数の写真を 1 枚の用紙に印刷する (コンタクトシート)

[コンタクトシート] の機能を使用すれば、レイアウトを選択したりラベルを追加し、複数の写真を 1 枚の用紙に印刷することができます。

この機能は、 [写真整理モード] の機能です。

 

↑top

 

 

チャレンジ!

 

[基本操作] バースデーカードを作ろう (ポストカード)

ウィザードにそって、バースデーカードや、季節ごとのグリーティングカードを作成することができます。作成したカードは、ハガキに印刷できる他、電子メールで送ることもできます。

※Windows 版のみの機能です。

 

    

[基本操作] 年賀状を作ろう (はがき作成)

Photoshop Elements 3.0 に新しく搭載された [はがき作成] の機能を使用すれば、 取り込んだ写真で簡単に年賀状を作成することができます。

 

   

[基本操作] スライドショーを作ろう

Photoshop Elements 3.0 の [スライドショーエディタ] を使用すれば、表示する写真や切り替え方法を設定できるだけでなく、音楽やナレーションを挿入したり、テキストを追加することができ、本格的なスライドショーを作成することができます。

※Windows 版のみの機能です。

 

   

[基本操作] イラストを描いてみよう 1 - グラデーションで空を描く

新規作成画面を開き、グラデーションを使って空を描いてみましょう。

 

   

[基本操作] イラストを描いてみよう 2 - 屋根、煙突、煙を描く

[選択ツール] と [塗りつぶしツール] を使って屋根と煙突を描画し、最後に [ブラシツール] を使って、煙を追加してみましょう。

 

  

[基本操作] イラストを描いてみよう 3 - 雲、太陽、木を描く

[カスタムシェイプツール] を使って、雲、太陽、木を描画する際に、スタイルを設定したり、[ブラシツール] で影を加えて立体的なイラストを描画しましょう。

 

   

[基本操作] Web 素材を作ろう 1 - 丸ボタンを作る

[楕円形ツール] を使って描画した円に、スタイルを設定するだけで、オリジナルの丸ボタンを作成することができます。

 

   

[基本操作] Web 素材を作ろう 2 - 変わった形のボタンを作る

[ウェットメディアブラシ] を使って、下図のような変わった風合いのボタンを作ってみましょう。

 

   

[基本操作] オリジナル DVD を作ろう (メニュー付き DVD)

作成したスライドショーを Premiere Elements の機能を利用して、テレビで再生することができる メニュー付きの DVD として書き出すことができます。

※Windows 版のみの機能です。

 

    

[基本操作] Photoshop Elements から直接 Premiere Elements へ写真を送る

Photoshop Elements の [写真整理モード] で選択した写真を Premiere Elements 作業中のプロジェクトに直接送ることができます。

※Windows 版のみの機能です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー