この文書は、Photoshop Elements 4.0 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

Camera Raw とは何なのか、どのような特徴があるのか、また Photoshop Elements 4.0 の Camera Raw がサポートしているカメラの機種について紹介します。

 

 

デジタルカメラの仕組み

Camera Raw って何だろう

Raw ファイルの特徴

JPEG ファイルの特徴

Photoshop Elements 4.0 対応カメラ機種

 

 デジタルカメラの仕組み

アナログのカメラでは被写体はフォルムに焼き付けられますが、デジタルカメラでは、撮影画像がカメラの中でデジタルデータに変換され、メモリカードなどの媒体に記録されます。

 

 

 

↑top

 Camera Raw って何だろう

Raw を直訳すると 「生の」、「未加工の」 という意味になります。Camera Raw 形式のデータは、撮影した被写体をカメラの内部でデジタル化しただけで、補正や圧縮などの処理を行っていないデータです。

撮影後にパソコンに取り込んだファイルに対して、露出補正やホワイトバランスなどの設定を細かく調整する場合、撮影時に何の処理も行わない Raw データを活用すると便利です。



 

 

↑top

 Raw ファイルの特徴

Raw ファイルは撮影後にカメラ内、またはパソコンに取り込んだ後でホワイトバランスやシャープネスなどを細かく調整することができます。

※ パソコンに取り込んで編集するには、Raw ファイルに対応したソフトウェアが必要になります。

※ Raw ファイルはデータ量が非常に大きいために、パソコンに保存するには多くの空き容量が必要になります。



 

 

↑top

 JPEG ファイルの特徴

JPEG ファイルとして画像を記録した場合は、デジタルカメラ内部でホワイトバランスや彩度などの調整、圧縮処理が施されます。

圧縮とは簡単に言えば、同系色の色などを間引いて情報量を少なくすることです。そのため、圧縮率が高くなると画質は落ち、なめらかさが無くなります。

しかし、情報量が少なくなる分、データ量も小さくなるので、撮影できる枚数 (メモリに保存できる枚数) は増えます。

 

※ ハガキサイズほどの大きさでプリントすることが目的の場合、1280 pixel x 1024 pixel の JPEG ファイルとして保存しておけば十分に綺麗な写真としてプリントすることができます。



 

  

↑top

 Photoshop Elements 4.0 対応カメラ機種

Raw ファイルはカメラメーカーごとに異なる仕様であり、画像処理されていないデジタルデータであるため、専用のソフトウェアが無ければパソコンで開くことはできませんでした。Photoshop Elements 4.0 には、標準で Camera Raw プラグインが組み込まれているため、Raw ファイルを開き、現像・補正といった編集をすることができるようになりました。

 

Camera Raw がサポートしている機種について詳しくは、こちらをご参照ください。

 

デジタルカメラ RAW ファイルのサポート

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/cameraraw.html

 

Photoshop Elements がサポートしていない機種のカメラをお使いの場合は、各カメラ専用の RAW ファイル処理ソフトウェアで、TIFF などの一般的な画像ファイルに変換してください。



 

↑top

Camera Raw プラグインをアップデートすることで、対応できるカメラの機種が増やすことができます。

ダウンロード可能なファイルについて詳しくは、こちらをご参照ください。

 

ダウンロード可能ファイル一覧 (Windows)

http://www.adobe.com/jp/support/downloads/pswin.html

 

ダウンロード可能ファイル一覧 (Macintosh)

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/cameraraw.html

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー