この文書は、Photoshop Elements 4.0 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

 

[複数ファイルをバッチ処理] 機能を使用すれば、一括して同じファイル形式、同じサイズに変更することができます。パソコンに取り込んだ画像や、デジタルカメラやスキャナから読み込んだファイルを処理するときなどに便利です。

 

 

   

 



Photoshop Elements 4.0 を [写真編集モード] で起動します。

※[写真編集モード] で起動する方法について詳しくは、文書番号 225236 [基本操作] 写真整理モードと写真編集モード をご参照ください。

 

 

 

 



 

[ファイル] メニューの [複数ファイルをバッチ処理] をクリックします。

  

 

 

 



  

[処理するファイルの読み込み元] を指定します。

 

※ここでは例として、[フォルダ] を選択します。

  

 

フォルダ

選択したフォルダ内のファイルを一括処理します。

読み込み

スキャナやデジタルカメラから読み込んだファイルを一括処理します。

開いたファイル

Photoshop Elements で開いているファイルを一括処理します。

※開いているファイルがない場合は、選択できません。

 

 

 

 

[ソース] で [参照] をクリックし、画像が保存されているフォルダを指定し、[OK] をクリックします。

※ここでは例として、[デスクトップ] にある [images01] フォルダを選択します。

 

 

 

 

 

[保存先] で [参照] をクリックし、変換したファイルの保存先フォルダを指定し、[OK] をクリックします。

※ここでは例として、[デスクトップ] にある [images02] フォルダを選択します。



 

 

 

 

ファイル名を規則的に変更する場合は、[ファイルの名の変更] にチェックを付けます。

次に [ファイル名の変更に使用する語句を選択] をクリックし、リストから選択するか、任意の文字を入力します。

※ここでは例として、下図のように設定します。

 

 

 

 

 

画像解像度を変更する場合は、[画像のサイズ変更] にチェックを付けます。

次に [幅] または [高さ] 、[解像度] を任意で設定します。

※[縦横比を固定] にチェックが付いていれば、入力した [幅] または [高さ] に比例し、サイズが変更されます。

※ここでは例として下図のように設定します。



 

 

 

 

ファイル形式を変更する場合は、[変換するファイルタイプ] にチェックを付けます。

次に変換するファイル形式をリストから選択します。

※ここでは例として、[JPEG-高画質] を選択します。



 

 

 

 

画像に自動補正を適用するには、[クイック補正] パネルのオプションで任意の項目にチェックを付けます。

※ここでは例として下図のように設定します。

 

 

 

 

 

画像にラベルを付けるには、[ラベル] メニューからオプションを設定します。

※ここでは例として下図のように設定します。

※テキストのカラーを変更するには、カラースウォッチをクリックし、ピッカーから新しいカラーを選択します。

 

 

 



 

 

設定が完了したら、[OK] をクリックします。



 

 

 

 

自動的にファイルが変換されます。

 

 

 

 

 

一括してファイルが変換され、Step 5 で保存先に指定したフォルダに保存されました。

 

 

Adobe Bridge からでもバッチ処理ができる

 

Macintosh 版 Photoshop Elements 4.0 では、Adobe Bridge からでも複数ファイルのバッチ処理を行うことが可能です。

 

バッチ処理を行うには、Adobe Bridge の [ツール] メニューから [Photoshop Elemetns] をポイントし、[複数ファイルをバッチ処理] をクリックします。

 

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー