以下の文書では、Photoshop Elements 7 の基本的な使用方法が、画像付きで分かりやすく説明されています。

 

 

[基本操作] 写真編集モード/写真整理モードで直接起動してみよう(Photoshop Elements 7)

 

Photoshop Elements のスタートアップスクリーンを表示させずに、直接写真編集モード/整理モードを起動することができます。

 

[基本操作] カタログに画像を取り込んでみよう(Photoshop Elements 7)

 

Photoshop Elements の写真整理モードでは、デジタルカメラや CD/DVD などから画像を取り込み、カタログとして管理することができます。

 

[基本操作] カタログをバックアップしてみよう(Photoshop Elements 7)

 

Photoshop Elements のカタログに取り込んだ画像はバックアップを書き出して保存することができます。

 

[基本操作] タッチアップツールで赤目や歯の色を補正してみよう(Photoshop Elements 7)

 

タッチアップツールを使うと、赤目や歯の色、空の色などをすばやく簡単に補正することができます。

 

[基本操作] 画像に文字を入力してみよう(Photoshop Elements 7)

 

文字ツールを使用して、画像にテキストを追加することができます。文字ツールでは、文字のサイズやカラー、フォントの種類など、さまざまな設定を変更することができます。

 

[基本操作] 写真を合成してみよう(Photoshop Elements 7)

 

写真編集モードの機能を利用して、画像の一部を選択して、別の画像に合成することができます。

 

[基本操作] 選択ツールを使ってみよう(Photoshop Elements 7)

 

Photoshop Elements 7 の写真編集モードでは、選択範囲を作成するためのさまざまなツール、機能が用意されています。選択範囲を作成することにより、写真の特定の領域にのみ補正を行ったり、選択範囲をほかの写真にコピー&ペーストして合成したりすることができます。

 

[基本操作] スライドショーを作ってみよう(Photoshop Elements 7)

 

Photoshop Elements 7 では、テレビやコンピュータで再生可能なスライドショーを作成することができます。また、表現豊かなスライドショーを作成するための豊富な機能も数多く用意されています。

 

[基本操作] 画像にフチを付けて印刷してみよう(Photoshop Elements 7)

 

画像を印刷する際、Photoshop Elements 7 の機能を使用することによって、フチを付けて印刷することができます。

 

[基本操作] 画像を印刷してみよう(Photoshop Elements 7)

 

この文書では、Photoshop Elements 7 で画像を印刷する方法、および印刷時の注意点などについて説明しています。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー