この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 

内容 (What's Covered)

 

A. トラブルシューティング/初級編

A-1. 必要システム構成

A-2. シリアル番号のトラブルシューティング

A-3. インストール済みアプリケーションファイルの削除

A-4. 管理者権限でログイン

A-5. DVD-ROM および DVD ドライブの確認

A-6. デスクトップからのインストール

A-7. Windows Update

A-8. スタートアップ項目とサービスを無効にしてインストール

A-9. ドライブのルート階層へのインストール

B. トラブルシューティング/上級編

B-1. 新規ユーザーアカウントでのインストール

B-2. ビデオカードドライバーのアップデート

B-3. デバイスドライバーの互換性を確認

B-4. 一時ファイルの最適化

B-5. 仮想メモリの設定

B-6. ページングファイルの最大サイズを変更

B-7. ハードディスクの修復と断片化の解消

B-8. システムのウイルススキャン

B-9. 問題が解決しない場合

 

この文書は、Windows XP で Adobe Photoshop Elements 8 をインストールする際に発生する問題の対処方法について説明します。インストール時の問題は、以下のようなさまざまな形で現れます。

 

- ダイアログボックスが空白で表示される、またはちらつく

- カーソルや画面のフリーズ

- ブルースクリーン

- 予期せぬ再起動

- 以下のようなエラーメッセージ

  • 「This program has performed an illegal operation and will be shut down. If the problem persists, contact the program vendor. (このプログラムは不正なオペレーションを実行したため終了しました。問題が改善されない場合はプログラムの提供元にお問い合わせください。)」
  • 「MS Setup Toolkit API Error, Bad Arg 3:AddSectionFiles to CopyList. (MS セットアップツールキット API エラー Bad Arg 3:AddSectionFiles to CopyList)」
  • 「Not enough disk space on target drive while decompressing to [pathname]. (<ファイルのパス>への解凍を行うにはターゲットドライブの空き容量が不足しています。)」
  • 「Setup is unable to initialize the setup program. There may be a scripting error. (Setup はセットアッププログラムを初期化できません。スクリプトエラーの可能性があります。)」
  • 「Setup is unable to load the installation script file. (Setup はインストールスクリプトファイルを読み込めません。)」
  • 「Unable to create a directory under C:¥Windows¥System. Please check write-access to the directory. (「C:¥Windows¥System」フォルダーにディレクトリを作成できません。ディレクトリの書き込みアクセスを確認してください。)」
  • 「X:¥ unavailable. (X:¥ は無効です。)」 ※ 「X」は DVD ドライブのドライブを表します。
  • 「Device not ready. (デバイスの準備が完了していません。)」
  • 「Error reading DVD-ROM. (DVD-ROM の読み取りエラー)」
  • 「Error reading device X:¥ (デバイス X:¥ の読み取りエラー)」 ※ 「X」は DVD ドライブのドライブを表します。

 

Photoshop Elements 8 のインストールは、デバイスドライバー、ソフトウェア、ハードウェアおよび特定のファイルの破損などさまざまな要因によって妨げられる可能性があります。この文書を有効に活用するため、以下に記載の手順を順序どおり行ってください。また、行った作業とその結果を、エラーメッセージの内容や現象の詳細などを含めて記録しておくことをお勧めします。それらの情報があることにより、弊社テクニカルサポートにお問い合わせの際、より適切なサポートを提供することができます。

 

 A. トラブルシューティング/初級編

 

このセクションでは、インストール時に発生する最も一般的な問題についてのトラブルシューティングを行います。インストール時にエラーが発生した場合は、必ずコンピューターを再起動してメモリをリフレッシュしてください。再起動せずに作業を続行すると、問題が複雑になることがあります。

 

 注意 : 一部の作業では隠しファイルを見つけ、その拡張子(例えば「filename.ini」ファイルの「*.ini」)をもとにファイルを見つける作業があります。Windows の初期設定では隠しファイルや拡張子が非表示になっています。以下の操作を行い、 隠しファイルや隠しフォルダー、ファイル名の拡張子を表示します。

  1. マイコンピュータを開きます。
  2. [ツール] メニューから [フォルダオプション] を選択します。
  3. [表示] タブをクリックします。
  4. [すべてのファイルとフォルダを表示する] を選択します。
  5. [登録されている拡張子は表示しない] のチェックをはずします。



  6. [OK] をクリックします。

 

 A-1. 必要システム構成

 

 注意 : 必要システム構成を満たしているネットブックは Photoshop Elements 8 と互換性があります。

 

コンピューターが以下の必要システムを満たしていない場合、Photoshop Elements 8 を正しくインストールできないことがあります。

- インテル Pentium 4、または Celeron クラスの 2 GHz 以上のプロセッサーを搭載したパーソナルコンピューター(デュアルコアプロセッサーとハイパースレッディング・テクノロジープロセッサーもサポート)

- Microsoft Windows XP(Service Pack 2 または 3)日本語版、Windows Vista 日本語版、または Windows 7 日本語版

- 1 GB 以上の RAM

- 2 GB 以上の空き容量のあるハードディスク

- 16 bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、ビデオカード(96 dpi またはそれ以下)

- 1024 x 576 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

- Microsoft DirectX 9 互換のディスプレイドライバー

- DVD-ROM ドライブ

- オンラインユーザーガイドの使用、Camera Raw プラグインアップデートなどのインターネットベースのサービスを利用するために、インターネット接続と、Microsoft Internet Explorer 6 から 8、または Mozilla Firefox 1.5 から 3.x が必要

 

コンピューターに搭載されているメモリ容量を確認するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を右クリックし [プロパティ] を選択します。
  2. [システムのプロパティ] ダイアログボックスの [全般] タブ内に搭載メモリ容量が表示されます。



 

 A-2. シリアル番号のトラブルシューティング

 

シリアル番号の入力後、または起動時に「無効なシリアル番号」エラーが表示される場合は、以下のいずれかもしくは複数の操作を行います。

 

- シリアル番号テキストボックス内に入力した内容を削除し、アプリケーション DVD-ROM のケース裏、または購入時の電子メールや Web ページに記載されているシリアル番号を正しく入力します。

- テンキーを使用してシリアル番号を入力します。

- 数字の「0」(ゼロ)とアルファベットの「O」(オー)を誤って入力していないか確認します。

- 弊社カスタマーサービスに問い合わせます。問い合わせ先については、以下の弊社 Web サイトを参照してご確認ください。

URL : http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/contact.html

 

 A-3. インストール済みアプリケーションファイルの削除

 

インストールに失敗した場合でもハードディスクにファイルが保存され、次回インストールを行う際に問題を引き起こす原因となることがあります。再インストールを行う前に、前回のインストールによって部分的にインストールされたコンポーネントを削除します。また、これらのファイルを削除せずに再インストールを行うと、既存のファイルへの上書きに失敗したり、ハードディスク容量が不足するなどの問題が発生する可能性があります。再インストールが正常に行えない場合は、Photoshop Elements 8 を手動で削除します。

 

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のフォルダーに個人用のファイルが保存されている場合は、あらかじめデスクトップなどの別の場所へ移動します。



    - Program Files¥Adobe¥Photoshop Elements 8.0

    - Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Adobe¥Elements Organizer¥8.0¥Organizer

    - Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Adobe¥Photoshop Elements¥8.0¥Editor
  3. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  4. [プログラムの追加と削除] をクリックします。



  5. インストールされているプログラムの一覧から [Adobe Photoshop Elements 8.0] を選択し、[削除] をクリックします。



  6. 画面の指示に従い、アンインストールを完了します。手順の詳細については、文書番号 236021 アンインストール手順(Windows 版 Photoshop Elements 8)を参照してください。
  7. アンインストール完了後、手順 2. のフォルダーが削除されていない場合は手動で削除します。
  8. ごみ箱を空にし、コンピューターを再起動します。

 

 A-4. 管理者権限でログイン

 

Photoshop Elements をインストールするには、管理者、もしくは管理者権限を持つユーザーでコンピューターにログインする必要があります。管理者権限がない場合は、システム管理者へお問い合わせください。

 

 A-5. DVD-ROM および DVD ドライブの確認

 

アプリケーション DVD-ROM に埃が付着していたり汚れていると、DVD ドライブがディスクを認識できず、インストールが完了できない場合があります。アプリケーション DVD-ROM に付着している埃、汚れ、指紋などを確認し、ディスクの内側から外側に向かって、糸くずのない布で軽く拭きとります。

また、DVD ドライブが他の DVD を認識できるか確認します。他のディスクも認識できない場合、DVD ディスクのケースまたはディスクドライブのトレイが汚れていないか確認し、糸くずのない布で拭きとってください。それでも問題が改善されない場合は、コンピューターの製造元、または DVD ドライブの製造元にお問い合わせください。ディスクが破損している場合は、弊社カスタマーサービスまでご連絡ください。

 

 A-6. デスクトップからのインストール

 

デバイスドライバーやウイルス対策ユーティリティなど、いくつかのシステムコンポーネントがインストーラーとコンフリクトを起こすことによって、インストールに失敗する場合があります。コンフリクトを避けるために、Photoshop Elements 8 をデスクトップからインストールします。

 

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. Photoshop Elements 8 アプリケーション DVD-ROM をコンピューターの DVD ドライブに挿入します。
  3. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を選択します。
  4. DVD ドライブを右クリックし、[開く] を選択します。
  5. 「Adobe Photoshop Elements」フォルダーをデスクトップにドラッグ&ドロップしてコピーします。
  6. コピー完了後、Photoshop Elements アプリケーション DVD をコンピュータから取り出します。
  7. デスクトップにコピーした「Adobe Photoshop Elements」フォルダーを開き、「Setup.exe」ファイルをダブルクリックします。



  8. 画面の指示に従いインストールを完了します。

 

 A-7. Windows Update

 

Windows のアップデートを行うことにより、パフォーマンスやアプリケーションの互換性の問題が改善される場合があります。Microsoft 社の Web サイトから Service Pack およびその他のアップデータを入手することができます。インストール方法などの詳細については Microsoft 社テクニカルサポートにお問い合わせください。

 

Microsoft Windows Update

URL : http://www.windowsupdate.com/

 

  重要 : システムアップデートをインストールする前に、Photoshop Elements 8 および使用するその他のソフトウェアやハードウェアの必要システム要件を確認し、互換性に問題が無いか確認してください。アップデートするバージョンが必要システム要件に含まれていない場合は、弊社、またはサードパーティ製ソフトウェアやハードウェアの製造元へお問い合わせください。

 

Windows のアップデートを行った後に、Windows またはアプリケーションを再インストールした場合は、Windows アップデートをもう一度インストールしてください。アプリケーションによっては、共通に使用するシステムファイルをインストールするため、更新された新しいバージョンが上書きされてしまいます。

 

 A-8. スタートアップ項目とサービスを無効にしてインストール

 

スタートアップ項目とサービスを無効にするには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  3. [名前] テキストボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。



  4. [スタートアップ] タブと [サービス] タブをそれぞれ選択してチェックが入っていない項目名をメモなどに記録します。
  5. [全般] タブをクリックし、[スタートアップのオプションを選択] を選択します。
  6. [スタートアップの項目を読み込む] からチェックをはずします。







    ※ [SYSTEM.INI ファイルを処理する]、[WIN.INI ファイルを処理する]、[システムサービスを読み込む] のチェックははずさないでください。
  7. [サービス] タブを選択し、[Microsoft のサービスを全て隠す] にチェックを入れて [すべて無効にする] ボタンをクリックします。



  8. [OK] をクリックします。
  9. 「システム構成の変更を有効にするには、再起動する必要があります。」と表示されたら [再起動] ボタンをクリックします。







     注意 : 再起動後に「システム構成ユーティリティを使って Windows の開始方法を変更しました。」画面が表示される場合は [OK] をクリックし、[システム構成ユーティリティ] ダイアログボックスが表示されたら [キャンセル] をクリックします。
  10. 再起動後、通知領域(タスクトレイ)に表示されているアイコンを右クリックして終了します。
  11. 上記 A-6. の手順を参照して Photoshop Elements をデスクトップからインストールします。

 

無効にした項目を再度有効にするには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. [名前] テキストボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [全般] タブで [通常スタートアップ] を選択し、[OK] をクリックします。
  4. [スタートアップ] タブおよび [サービス] タブを選択し、上記手順 4. でメモした項目を無効にします。
  5. コンピューターを再起動します。

 

 A-9. ドライブのルート階層へのインストール

 

ドライブのルートレベル(ハードディスクの最上位)に新しくフォルダーを作成し、Photoshop Elements をインストールします。その際、フォルダー名には「#」などの特殊記号を使わずに、8 文字以内のフォルダー名(例 : C:¥PSE)にします。また、Windows がインストールされているパスにも特殊な文字が使用されていないか確認します。

 

 B. トラブルシューティング/上級編

 

上記の手順で問題が解決しない場合は、以下の操作を行います。

 

 B-1. 新規ユーザーアカウントでのインストール

 

問題が発生する際にログインしているユーザーアカウントと同等の権限を持った新規ユーザーアカウントを作成します。新規ユーザーアカウントでインストールすることにより問題が解決した場合、既存のユーザーアカウントが破損している可能性があります。ユーザーアカウントの作成方法について詳しくは、Windows のヘルプを参照するか、システム管理者にお問い合わせください。

 

 B-2. ビデオカードドライバーのアップデート

 

ビデオカードの製造元は、通常頻繁にドライバーの更新を行っています。ビデオカードドライバーの更新を行っていない場合は、ビデオカードの製造元に問い合わせるか、製造元の Web サイトにアクセスして最新のドライバーを入手してください。(ビデオカードの製造元を特定するにはデバイスマネージャのカードのプロパティを参照します。)また、ハードウェアアクセラレーターを無効にすることによってアプリケーションとの互換性を確認することができます。

 

ハードウェアアクセラレーターを無効にするには、以下の操作を行います。

  1. デスクトップ上で右クリックし、メニューから [プロパティ] を選択します。
  2. [設定] タブを選択し、[詳細設定] ボタンをクリックします。
  3. [トラブルシューティング] タブを選択します。
  4. [ハードウェア アクセラレータ] スライダを左端に動かします。



  5. [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  6. Windows を再起動します。
  7. 再起動後に Photoshop Elements をインストールします。

問題が再現しない場合は、ディスプレイカードドライバーのアップデートについて製造元へお問い合わせください。

 

 B-3. デバイスドライバーの互換性を確認

 

ビデオカードドライバーをアップデートしても問題が解決しない場合、すべてのデバイスドライバーが Windows XP に対応していることを確認します。デバイスドライバーは、Windows XP がスキャナ、マウスデバイス、キーボードのようなデバイスを制御するためのソフトウェアです。最新のドライバーに関する情報は、デバイスの製造元にお問い合わせください。



デバイスドライバーの問題を確認するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  2. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。
  3. [システム] をクリックします。
  4. [システムのプロパティ] ダイアログボックスの [ハードウェア] タブをクリックします。
  5. [デバイスマネージャ] セクションの [デバイスマネージャ] ボタンをクリックします。
  6. 各デバイスの左隣にあるプラス記号をクリックします。
  7. [ ! ] [ ? ] [×] マークのついたデバイスがある場合は、そのデバイスをダブルクリックします。
  8. デバイスの状態を確認します。

    - [デバイスの状態] セクションを確認します。デバイスが正しく機能していない場合は、この情報を参考にしてトラブルシューティングを行います。

    - [<デバイス名>のプロパティ] ダイアログボックスに [ドライバ] タブが表示される場合はクリックします。[ドライバ] タブにドライバーの製造元が表示されない場合は、[ドライバの詳細] をクリックします。製造元が Microsoft 社の場合は、汎用のドライバーを使用している可能性があります。デバイスの製造元から最新のドライバーを入手してください。

 

 B-4. 一時ファイルの最適化

 

Windows およびアプリケーションは、作業データを一時ファイル(*.tmp)としてハードディスク上に保存します。サイズの大きいファイルや古いファイルは Windows またはアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。Windows に付属のディスククリーンアップユーティリティを使用するか、手動で一時ファイルを削除し、一時ファイルが保存されるハードディスクの空き容量を確保します。



ディスククリーンアップユーティリティを起動するには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] - [アクセサリ] を選択し、[システムツール] - [ディスククリーンアップ] を選択します。
  3. ディスククリーンアップが起動し、ファイルのスキャンが開始されます。



  4. スキャン完了後、[ディスククリーンアップ - <ドライブ名>] ダイアログボックスが表示されます。
  5. [削除するファイル] リストで、削除する項目にチェックを入れて [OK] をクリックします。



  6. ファイルの削除が開始されます。完了後、ディスククリーンアップユーティリティは自動的に終了します。



ディスククリーンアップの詳細については Windows ヘルプを参照してください。

 

 B-5. 仮想メモリの設定

 

仮想メモリによって、システムがメモリ(RAM)に保管する情報をハードディスクへ保存することが可能となります。Windows XP ではページングファイルを使って仮想メモリを管理していますが、最小と最大のサイズを任意の値で設定することもできます。設定したページングファイルのサイズが Windows XP の初期設定と異なっている場合に、アプリケーションがエラーを返すことがあります。ただし、いくつかのアプリケーションは、Windows のデフォルトサイズと異なるページングファイルサイズを要求する場合もあるため、他のアプリケーションに悪影響を与えない場合にのみ以下の操作を行ってページングファイルのサイズを変更してください。



 注意 : コンピューターのページングファイルのサイズを変更する際は、管理者権限でログインしている必要があります。



ページングファイルのサイズを変更するには、以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [スタート] メニューから [コントロールパネル] を選択します。
  3. [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックします。



  4. [システム] をクリックします。



  5. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] セクションの [設定] ボタンをクリックします。



  6. [パフォーマンスオプション] ダイアログボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
  7. [仮想メモリ] セクションの [変更] をクリックします。
  8. ドライブのリストから、搭載メモリの 3 倍以上の空き容量があるハードディスクを選択します。



     注意 : ドライブの空き容量を確認するには、ドライブ名をクリックします。[選択したドライブのページングファイルサイズ] セクションに空き容量が表示されます。
  9. [選択したドライブのページングファイルサイズ] セクションで、[初期サイズ] フィールドに搭載メモリ容量の 1.5 倍の値を入力します。

    ※ 例えば搭載メモリ容量が 1 GB(1024 MB)の場合は、1536 MB になります。
  10. [最大サイズ] フィールドに [初期サイズ] 値の 2 倍の値を入力します。
  11. [設定] をクリックし、[OK] をクリックして仮想メモリダイアログボックスを閉じます。
  12. 「変更結果はコンピュータを再起動しなければ有効になりません。」という警告が表示されたら [OK] をクリックします。
  13. [OK] をクリックして [パフォーマンスオプション] ダイアログボックスと [システムのプロパティ] ダイアログボックスを閉じます。
  14. 「新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。」と表示されたら [はい] をクリックし、Windows を再起動します。

 

 B-6. ページングファイルの最大サイズを変更

 

上記 B-5. の手順で問題が解決しない場合は、[最大サイズ] フィールドに搭載メモリの 3 倍の値を入力して問題が解決するか確認します。

 

 B-7. ハードディスクの修復と断片化の解消

 

システムエラーは、破損したセクタまたは断片化されたファイルがハードディスクに存在する場合に起こることがあります。Windows またはサードパーティ製ディスクユーティリティ(例 : Symantec 社の Norton Utilities など)に付属しているエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティを使って、ハードディスクを修復し、断片化を解消します。これらのユーティリティは、それぞれのハードディスクまたはパーティションごとに実行する必要があります。Windows のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティの詳細については、以下を参照してください。サードパーティ製ディスクユーティリティの詳細については、そのユーティリティのマニュアルを参照してください。

 

エラーチェックツールは、不良セクタ、リンクの切れたアロケーションユニット、ファイルの断片、相互リンクされたファイル、そして無効なファイル名を修復します。

エラーチェックツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を選択します。
  2. エラーチェックを行うハードディスクを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [<ディスク名>のプロパティ] ダイアログボックスで [ツール] タブをクリックします。
  4. [エラーチェック] セクションの [チェックする] ボタンをクリックします。
  5. [ディスクのチェック<ディスク名>] ダイアログボックスで [開始] ボタンをクリックします。



 注意 : ディスクデフラグがファイルをディスクの不良セクタに移動させてしまうことを回避するために、ディスクデフラグの前にエラーチェックを実行してください。

ディスクデフラグユーティリティは、コンピューター内のファイルと空き領域を再配置して、ファイルが連続した単位に保存されるようにし、空き領域を 1 つの連続したブロックにまとめます。

「ディスクデフラグ」ユーティリティを使用するには、以下の操作手順を行います。

  1. [スタート] メニューから [プログラム] - [アクセサリ] - [システムツール] を選択します。
  2. [システムツール] から [ディスクデフラグ] を選択します。

 

 B-8. システムのウイルススキャン

 

Norton AntiVirus、McAfee VirusScan など、最新のウイルス対策ソフトウェアを使ってシステムのウイルススキャンを実行します。ウイルスに感染すると、ソフトウェアが破壊され、システムエラーが発生することがあります。詳細は、ウイルス対策ソフトウェアのヘルプやマニュアルを参照してください。

 

 B-9. 問題が解決しない場合

 

上記すべての操作を行っても問題が解決しない場合は、既知の問題として弊社サポートデータベースで文書が公開されていないか検索します。

サポートデータベース URL : http://www.adobe.com/go/support_faq_jp

 

また、以下の弊社ユーザフォーラムにおいて、弊社製品を使用しているユーザから同じような問題が報告されているかを参照することができます。別のコンピュータでも同じ問題が確認できた場合、弊社テクニカルサポートにおいても、問題を再現し検証を行える可能性があります。

日本情報 : http://www.adobe.com/jp/support/forums/

米国情報 : http://www.adobe.com/support/forums/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー