内容 (What's Covered)

Adobe Photoshop Elements では、アルファチャンネルは「保存した選択範囲」と呼ばれます。この文書では、Photoshop Elements の「保存した選択範囲」について説明します。

A. アルファチャンネル、保存した選択範囲

アルファチャンネルとは、画像の特定の領域に対して編集、分離、保護などの操作を行うときに、画像の一部を保護する「マスク」として使用できる新規チャンネルのことをいいます。

また、RGB 画像の 4 番目のチャンネルで、画像のどの部分が透明または半透明かを定義し、画像の特定の領域に対して、編集、分離、保護などの操作を行うときに使用するマスクをいいます(Photoshop Elements ではチャンネルとしては利用できません)。画像のある部分のみを切り抜きたい場合などに使用します。

2883_021

アルファチャンネルについて詳しくは、こちらをご覧ください。

アルファチャンネルの使用方法 (Photoshop)

Photoshop Elements ではチャンネルとして使用することはできませんが、選択範囲を保存して利用することが可能です。この機能により、Photoshop のアルファチャンネルと同等の操作を行うことができます。

B. 選択範囲の保存

  1. Photoshop Elements を起動し、スタートアップ画面で「写真の編集」を選択します。

  2. ファイル/開く から編集する画像を選択して開きます。

  3. 選択ツールなどで、保存したい形の選択範囲を設定します。

    2883_01
  4. メニューから、選択範囲/選択範囲を保存 を選択します。

  5. 選択範囲を保存 ダイアログボックスで名前を付け、「OK」をクリックして保存します。
    ※ 既に保存した選択範囲がある場合、作成済みの選択範囲を選択し、処理方法として追加や一部削除といったオプションを選択することができます。

    2883_02

C. 保存した選択範囲の読み込み 

  1. 選択範囲/選択範囲を読み込む を選択します。

  2. 選択範囲を読み込む ダイアログボックスで読み込む選択範囲とオプションを選択し、「OK」をクリックします。

    2883_03

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー