内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements でカラーモードを変更する方法について説明します。

A. カラーモードの変更

Photoshop Elements では、モノクロ 2 階調、グレースケール、インデックスカラー、RGB の 4 つの画像モードを使用することができます。初期設定では、RGB カラーに設定されています。

  1. Photoshop Elements を起動し、スタートアップ画面で「写真の編集」を選択します。

  2. ファイル/開く を選択し、編集するファイルを開きます。

  3. イメージ/モード から、カラーモードを選択します。

    2077_01

B. カラーモードの種類

B-1. RGB カラーモード

Photoshop Elements で新しく画像を作成した場合とデジタルカメラから読み込まれた画像で使用されるカラーモードです。RGB カラーモードでは、レッド、グリーン、ブルーの各構成要素の照度の値が、0 (ブラック) ~ 255 (ホワイト) の範囲で各ピクセルに割り当てられます。例えば、鮮明なレッドを示す RGB の値は、それぞれ 246、20、50 になります。この 3 つの要素の値が等しいと、中間調のグレースケールのカラーになります。すべての値が 255 であれば純粋なホワイトになり、すべての値が 0 であれば純粋なブラックになります。 

2887_001

B-2. インデックスカラー

このモードは、最大 256 色を表示する 8 ビット画像で、Web ページでの使用などに適しています。Photoshop Elements では、インデックスカラーへの変換時に、カラールックアップテーブル(CLUT)を作成します。このテーブルは、画像のカラーを格納し、そのカラーのインデックスを作成します。元画像のカラーがテーブルに表示されていない場合は、最も近いカラーを使用するか、利用可能なカラーを用いてそのカラーをシミュレートします。インデックスカラーではカラーパネルが制限されるので、見た目の画質を維持しながらファイルサイズを小さくすることができます。

2887_002

B-3. グレースケール

最高 256 階調のグレーを再現する 8 ビット画像です。グレースケール画像の各ピクセルに 0 (ブラック) ~ 255 (ホワイト) の明るさの値を割り当ててカラーを再現します。グレースケールの値は、ブラックインキの使用率 (0 %はホワイト、100 %はブラック)で表すこともできます。

2887_003

B-4. モノクロ 2 階調

ブラックまたはホワイトのいずれかで、画像内のピクセルを表現します。モノクロ 2 階調モードの画像はビット数が 1 なので、1 ビット画像とも呼ばれます。画像のカラーが 2 色になるので、カラー情報が少なくなり、ファイルサイズが小さくなります。

2887_004
 

追加情報 (ADDITIONAL INFORMATION)

 注意 : Photoshop Elements では、CMYK モードには対応していません。CMYK の画像を開こうとすると、下図のメッセージが表示されます。この場合、RGB、モノクロ 2 階調、グレースケール、インデックスカラーの、いずれかのカラーモードに変換する必要があります。

2077_02

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー