内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements および Adobe Premiere Elements 付属の Elements Organizer で写真やビデオファイル、またはオーディオファイルの日付データを変更する方法について説明します。

日付データを変更する

Elements Organizer では、例えばデジタルカメラが写真の撮影日として記録した日付情報や、スキャンした写真の日付情報を変更できます。この操作は、カメラの時刻が正しく設定されていない場合や、スキャンした写真の日付を撮影日に変更したい場合に便利です。

  1. Photoshop Elements または Premiere Elements を起動し、「整理」を選択します。

  2. 写真の下に日付が表示されていない場合は、表示/日時とタグを表示 を選択します。

  3. 日付を変更する写真をクリックして選択します(複数の写真の日時を変更する場合は、Ctrl + クリックで複数選択します)。

  4. 編集/日時を変更(複数選択した場合は「選択したアイテムの日時を変更」) を選択します。

  5. ダイアログボックスで、日時変更のオプションを選択します。

  6. 選択したオプションによって、日時変更の詳細を設定し、「OK」をクリックします。
    ※ 「ファイルの日時に変更」を選択した場合は、設定ウィンドウは表示せずに処理が実行されます。

    • 指定した日時に変更
      年月日と時間に、手動で日時を入力して変更します。時間が不明な場合は、「不明」を選択します。
    • ファイルの日時に変更
      ファイルが更新された日時に変更します。
    • 選択アイテムの日時をずらす (写真を複数選択した場合に表示されます)
      写真を複数選択した場合、その中で最も古い写真の日時を基準にして調整します。例えば、月を 1 ヶ月、日を 1 日、時刻を 1 時間ずつ前にずらすと、すべての写真も同じ割合だけ前にずらされて調整されます。
    • 設定した数字で時間をずらす (時差調整)
      一定の時間数で時間を進めたり、戻したりすることができます。時差の調整をする場合に便利です。
  7. 設定した内容に基づいて写真の日時が変更されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー