この文書では、Premiere Elements 8 のヒストリーパネルの機能について説明しています。ヒストリーパネルを使用すると、一度行った操作を取り消ししたり、もう一度やり直したりすることができます。

 ヒストリーパネルの開き方

 ヒストリーパネルの使用方法

 他のページから移動してきた場合は、ブラウザの [戻る] ボタンをクリックして前のページに戻ることができます。

ヒストリーパネルの開き方

初期設定では、ヒストリーパネルは表示されていません。[ウィンドウ] メニューの [ヒストリー] をクリックすると、ヒストリーパネルが開きます。

ヒストリーパネルの使用方法

ヒストリーパネルでは、行った操作が上から順番に記録されていきます。一番下が、一番新しく行った操作です。記録されているヒストリーをクリックすると、その状態まで編集状態が戻ります。色々なエフェクトを試してみたい場合などに役立ちます。

例)以下の画像は、ヒストリーパネルに記録された操作の例です。

プロジェクトにメディアを取り込みました。
取り込んだメディアの色調・明度を調整しました。
メディアにクリップアートを挿入(インサート)しました。
挿入したクリップアートの大きさを変更しました。

 注意 : 一度プロジェクトを閉じると、それまでのヒストリーは消去されます。そのため、プロジェクトを閉じて再び同じプロジェクトを開いても、プロジェクトを閉じる前に行った変更を取り消したり、プロジェクトを閉じる前の操作をやり直すことはできません。

↑Top

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー