この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

この文書は、Windows 版 Adobe Photoshop Elements/Adobe Premiere Elements  をインストールする際に問題が発生する場合の対処方法について説明します。

A. 体験版から製品版への切り替え

アプリケーションを体験版としてインストールした後に製品版を購入した場合は、以下のいずれかの操作を行います。

  • 体験版起動時に表示されるシリアル番号の入力画面で、シリアル番号を入力すると製品版として使用することができます。シリアル番号は、Photoshop Elements /Premiere Elements  をパッケージで購入した場合は DVD ケースの背面、アドビストアからダウンロード販売で購入した場合は Adobe オンラインストアの領収メールに記載されています。シリアル番号を入力し、Adobe ID でサインインします。インストールはフルバージョンに切り替わります。
  • Photoshop Elements/Premiere Elements を起動します。体験版の画面でソフトウェアのライセンス認証するボタンをクリックし、シリアル番号を入力します。

B. インストール前のエラーやトラブル

B-1. ダウンロード版のインストーラーが起動しない

アドビストアでダウンロード購入したインストーラーでアプリケーションを正しくインストールできない場合は、以下の文書を参照してください。

B-2. シリアル番号が認識されない

シリアル番号の入力後や起動時に「無効なシリアル番号」、または「入力したシリアル番号は無効です」エラーが表示される場合は、以下のいずれかもしくは複数の操作を行います。

  • シリアル番号テキストボックス内に入力した内容を削除し、アプリケーション DVD のケース裏、または購入時の電子メールや Web ページに記載されているシリアル番号を正しく入力します。
  • テンキーを使用してシリアル番号を入力します。
  • 数字の「0」(ゼロ)とアルファベットの「O」(オー)を誤って入力していないか確認します。
  • 弊社カスタマーサービスに問い合わせます。問い合わせ先については、以下の弊社 Web サイトを参照してご確認ください。

    URL : http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/contact.html

C. インストーラーのエラーやトラブル

このセクションでは、インストール時に以下のような問題が発生した場合の対処方法について説明します。このセクションの作業を順序どおり行ってください。C-2. ~ C-4. のセクションは、時間を短縮するためにまとめて行うことも可能です。

  • インストーラーがフリーズする
  • インストーラーが予期せず終了する
  • インストール中、またはインストール後にエラーメッセージが表示される

このセクションの操作を行うには、Windows に管理者権限のあるユーザーアカウントでログインする必要があります。

C-1. 必要システム構成

コンピューターが以下の必要システムを満たしていない場合、アプリケーションを正しくインストールできないことがあります。

最新の Photoshop Elements

最新の Premiere Elements

旧バージョンの必要システム構成一覧

C-2. 新規ユーザーアカウントでのインストール

管理者権限のある新規ユーザーアカウントを作成し、アプリケーションをインストールします。新規ユーザーアカウントの作成方法について詳しくは、以下の弊社技術文書を参照してください。

新規ユーザアカウントの作成方法

C-3. デスクトップからのインストール

 注意 : Photoshop Elements /Premiere Elements  をダウンロード購入した場合は、このセクションの手順を行う必要はありません。次のセクションに進みます。

アプリケーション DVD-ROM に汚れや傷がついていたり、ディスク不良の可能性がある場合、またはコンピューターの DVD ドライブが正常に動作しない場合、アプリケーションが正しくインストールされないことがあります。インストールを行う前に、アプリケーション DVD-ROM に塵や埃、指紋などがついていないか確認してください。綿くずなどが付いていないやわからい布で、DVD-ROM の表面を中心から外側に向かって軽く拭きとってください。

次に、DVD-ROM からインストーラーを起動するかわりに、インストーラーをデスクトップにコピーしてインストールを行います。コピー中にエラーメッセージが表示される場合は、ディスクに汚れや傷などがついていないか再度確認し、他の DVD が読み込めるかテストします。他のディスクも正しく読み込めない場合、DVD ドライブに問題が発生している可能性が考えられます。DVD ドライブの製造元、またはコンピューターの製造元にお問い合わせください。

以下の操作を行います。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. コンピューターの DVD ドライブに Photoshop Elements または Premiere Elements アプリケーション DVD-ROM を挿入します。

  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8/7/Vista
    [自動再生] ダイアログボックスが表示されたら、[フォルダーを開いてファイルを表示] をクリックします。
    ※ [自動再生] ダイアログボックスが表示されない場合は、[スタート] メニューから [コンピューター](Windows 7)/[コンピュータ](Windows Vista)を選択し、DVD ドライブを右クリックして [開く] を選択します。

    Windows XP

    1. [スタート] メニューから [マイコンピュータ] を選択します。
    2. DVD ドライブを右クリックし、[開く] を選択します。
  4. 「Adobe Photoshop Elements」または「Adobe Premiere Elements」フォルダーをデスクトップにドラッグ&ドロップしてコピーします。
  5. コピー完了後、コンピューターから DVD-ROM を取り出します。
  6. 手順 4. でデスクトップにコピーしたフォルダーをダブルクリックして開きます。
  7. 「Setup.exe」ファイルをダブルクリックします。
  8. 画面の指示に従いインストールを完了します。

インストールが正しく完了した場合は、デスクトップにコピーしたフォルダーを削除します。

C-4. スタートアップ項目とサービスを無効にしてインストール

デバイスドライバーやウイルス対策ソフトなど、いくつかのシステムコンポーネントがインストーラーとコンフリクトを起こし、アプリケーションが正しくインストールされなかったり、インストールに失敗することがあります。コンフリクトを回避するため、Windows が起動時に自動的に読み込むアプリケーションやサービスを無効にした状態でインストールします。スタートアップ項目およびサービスを無効にする方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止する(Windows)

C-5. 一時ファイルの削除

Windows およびアプリケーションは、作業データを一時ファイル(*.tmp)としてハードディスク上に保存します。保存された一時ファイルは通常アプリケーションの終了時に削除されますが、アプリケーションが正常に終了しなかった場合に削除されないことがあります。サイズの大きいファイルや古いファイルは、インストーラーの動作に影響を及ぼすことがあります。Windows に付属のディスククリーンアップユーティリティを使用するか、手動で一時ファイルを削除します。

 注意 : この作業は定期的に行うことを推奨します。

ディスククリーンアップを起動するには以下の操作を行います。

  1. [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を選択します。
  2. [アクセサリ] から [システムツール] - [ディスククリーンアップ] を選択します。

    ※ ディスククリーンアップの詳細については Windows ヘルプを参照してください。

一時ファイルを手動で削除するには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8.x

    1. Windows キーを押しながら R キーを押します。
    2. 「名前」テキストボックスに「%tmp%」と入力して「OK」をクリックします。

    Windows 7/Vista/XP

    1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
    2. [名前] テキストボックスに「%tmp%」と入力して [OK] をクリックします。
  2. 「Temp」フォルダーが開きます。Ctrl + A キーを押してすべてのフォルダーおよびファイルを選択します。
  3. Delete キーを押します。
  4. 削除の確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  5. ごみ箱に移動された項目のうち、必要なフォルダーまたはファイルがある場合は、ごみ箱を開いてフォルダーまたはファイルを右クリックし、[元に戻す] を選択します。
  6. ごみ箱を空にします。

 

C-6. ハードディスクの修復とデフラグ

ハードディスクに不良セクタや断片化したファイルがあると、インストールの妨げとなる場合があります。Windows に付属のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティ、または Symantec 社 Norton Utilities などのサードパーティ製のディスクユーティリティを使用して、ハードディスクを修復し断片化を解消します。これらのユーティリティは、それぞれのハードディスクまたはパーティションごとに実行する必要があります。Windows 付属のエラーチェックツールおよびディスクデフラグユーティリティの詳細については、Windows ヘルプを参照してください。サードパーティ製ディスクユーティリティの詳細については、ユーティリティに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。

 注意 : ディスクデフラグがファイルをディスクの不良セクタに移動させてしまうことを回避するために、ディスクデフラグの前にエラーチェックを実行してください。

エラーチェックツールは、不良セクタ、リンクの切れたアロケーションユニット、ファイルの断片、相互リンクされたファイル、そして無効なファイル名を修復します。エラーチェックツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8.1

    1. スタート画面左下の、下向き矢印をクリックします。
      ※ 下向き矢印が表示されない場合はマウスを動かします。
    2. 「PC」をクリックします。

    Windows 8

    1. スタート画面の何も無いところで右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。
    2. 「コンピュータ」をクリックします。

    Windows 7/Vista/XP

    スタートメニューから「コンピューター」(Windows 7/Vista)/「マイコンピューター」(Windows XP)を選択します。

  2. エラーチェックを行うハードディスクを右クリックして「プロパティ」を選択します。

  3. <ディスク名>のプロパティダイアログボックスで「ツール」タブを選択します。

  4. エラーチェックセクションの「チェック」(Windows 8.x)」/「チェックする」(Windows 7/Vista/XP)ボタンをクリックします。

    ※ ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが表示された場合は 「はい」または「続行」をクリックします。

  5. ディスクのチェック - <ディスク名>ダイアログボックスで「開始」ボタンをクリックします。

 注意 : ディスクデフラグを行う前に、ディスクユーティリティが検出したエラーがすべて修復されているか確認してください。エラーがあるディスク上でデフラグを行うとデータが損傷する場合があります。ユーティリティが修復できないエラーを検出した場合は、コンピューターの製造元にお問い合わせください。

ディスクデフラグユーティリティは、コンピューター内のファイルと空き領域を再配置して、ファイルが連続した単位に保存されるようにし、空き領域を 1 つの連続したブロックにまとめます。ディスクデフラグツールを使用するには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    Windows 8.1

    1. スタート画面左下の、下向き矢印をクリックします。
      ※ 下向き矢印が表示されない場合はマウスを動かします。
    2. 「PC」をクリックします。

    Windows 8

    1. スタート画面の何も無いところで右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。
    2. 「コンピュータ」をクリックします。

    Windows 7/Vista/XP

    スタートメニューから「コンピューター」(Windows 7/Vista)/「マイコンピューター」(Windows XP)を選択します。

  2. 最適化するハードディスクを右クリックして「プロパティ」を選択します。

  3. <ディスク名>のプロパティダイアログボックスで「ツール」タブを選択します。

  4. 「最適化」(Windows 8.x)/「最適化する」(Windows 7/Vista/XP)ボタンをクリックします。

  5. 分析と最適化を行います。

 

C-7. システムのウイルススキャン

Norton AntiVirus、McAfee AntiVirus などの最新版のウイルス対策ソフトウェアを使用して、システムのウイルススキャンを行います。ウイルススキャンを行う前に、ウイルス定義ファイルが最新のものであるかを確認してください。ウイルスによる影響は稀ですが、予期しないシステムエラーの原因となる可能性があります。定期的にウイルススキャンを行い、システム上のソフトウェアを保護してください。ウイルススキャンの実行方法や、定義ファイルの入手方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。

D. 共用技術によるインストールが失敗するエラーについて

Photoshop Elements または Premiere Elements のインストール時に、以下のようなエラーメッセージでインストール処理が中断されることがあります。

  • 「"The wizard was interrupted before Adobe Photoshop Elements could be installed. Below mentioned application has failed to install: Shared Technologies."(Adobe Photoshop Elements のインストール完了前にウィザードが中断されました。以下のアプリケーションのインストールに失敗しました。:共有技術)」
  • 「"The Adobe Premiere Elements installation wizard was interrupted while installing Shared Technologies."(Adobe Premiere Elements のインすt-るウィザードは、共用技術のインストール中に中断されました。)」
  • 「"The installation process has encountered an error while installing Shared Technologies."(インストール処理は共用技術のインストール中にエラーに遭遇しました。)」

この問題を解決するには、以下の OOBE フォルダーの名前を OOBE.bak に変更してから再インストールします。

  • Windows 8/7/Vista : C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\OOBE
  • Windows XP : C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Local\Adobe\OOBE
  • Mac OS : Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/OOBE

注意:

問題が解決しない場合は、以下の文書を参照してください。

または、Adobe Support Advisor(ASA) を使用して、インストールログファイルを解析してください。

E. エラー 1311 : ソースファイルが見つかりません

注意:

注意 : ダウンロードインストーラーを使用している場合、またはハードドライブからインストールを実行している場合、インストールパスが原因で、共用技術によってインストールが失敗する可能性があります。ドライブのルートに保存したフォルダーにインストールファイルをコピーします(例 : C:\PSEInstaller\)インストールを再度実行します。

Photoshop Elements または Adobe Premiere Elements をインストールすると以下のエラーメッセージが表示されます。

  • 「"Error 1311. Source file not found<インストールファイルへのパス>Verify that the file exists and that you can access it."(エラー1311。ソースファイルが見つかりません:<インストールファイルのパス>ファイルが保存されているか、およびアクセスできるかどうかを確認してください。」

このエラーは、日本語、または漢字など 2 バイト文字が含まれるフォルダー内からインストールすると発生します。ギリシャ文字などの High ASCII 値が含まれるフォルダーパスからインストールされる場合にもまたこのエラーが発生する場合があります。

この問題を解決するには、ギリシャ文字などの high ASCII 値が含まれない、以下のようなパスにインストールファイルを移動してインストールを開始します。

例 : C:\pse\installer

セットアップ中のエラーによるロールバック(Windows のみ)

Photoshop Elements またはPremiere Elements のどちらかをインストールし、もう片方をインストールすると、このエラーが発生し、インストールに失敗します。セットアップの途中でエラーが発生し、インストール処理がロールバックされます。

この問題を解決するには、以下の手順を行います。

  1. 以下のフォルダーを開きます。
     
    C://Program Files(x86)/Common Files/Adobe/OOBE/PDApp
     
  2. 以下のファイルを削除します。
     
    PDAppFlex.swf
    PDAppFlex-app.xml
     
  3. インストールに失敗したアプリケーションのセットアップを再度実行します。

F. 起動時の問題

「Error: "A reduced set of content ... has been installed"(エラー:一部の機能がインストールされませんでした。)」

アドビオンラインストアから Adobe Premiere Elements をダウンロードし、プログラムを起動すると以下のエラーメッセージが表示される場合は、これらの手順を行ってください。

  • 「"A reduced set of content (InstantMovie Themes, Title, and Menu Templates, and so on) has been installed. To install the full content set, please insert your program DVD and run Install Content.exe."(削減されたコンテンツ一式(インスタントムービーテーマ、タイトル、メニューテンプレート、など)がインストールされました。完全なコンテンツ一式をインストールするにはプログラムDVDをしよう挿入するか Install Content.exeを実行してください。)」

G. ライセンス認証に関するエラーが表示される場合

ライセンス認証に関するエラーメッセージが表示される場合は、以下の項目を確認します。

※ ライセンス認証とは、ソフトウェアの気軽なコピー(カジュアル・コピー)行為を抑止するために開発された技術で、知的所有権を保護しソフトウェアの不正使用を防止するためのシステムです。製品が正規にご購入いただいた製品であることを認証するシステムで、使用許諾契約範囲内で製品を使用していただくために導入されました。ライセンス認証の詳細については、文書番号 3827 ライセンス認証・アクティベーションができない場合の対処方法 を参照してください。

  • 「Too Many Activations. The maximum number of activations allowed for this copy of [product] has been reached. (ライセンス認証の制限を超えました インストールされた<製品名>に対して許諾されているライセンス認証の制限数を超えています。)」
  • 「Excuse the interruption, but... Our records indicate that this serial number has already been used to set up and activate <アプリケーション名> on two other machines, which is the maximum allowed. (中断します。このシリアル番号は、既に他の 2 台のコンピューターで<アプリケーション名>のセットアップおよびライセンス認証に使用されており、制限数に達していると記録されています。)」

Photoshop Elements/Premiere Elements は、コンピューター 2 台までインストールすることができます。Adobe 製品のエンドユーザー使用許諾契約では、2 台のコンピューターで同時に使用しない限り、1 人のエンドユーザーによる 1 台目と 2 台目*のコンピューターへのソフトウェアのインストールを許可しています。

*2 台目のコンピューターへのインストールについては以下の条件の元にインストールしご使用ください。

  • 2 台目のコンピューターは1台目とは別の場所にあるポータブルマシンまたはホームコンピューターである。
  • 1 台目と 2 台目のコンピューターを同時に使用しない。
  • 2 台目のコンピューターでソフトウェアを使用できるのは、1 台目にライセンス認証をしたコンピューターでソフトウェアを使用するユーザーに限定される。

上記のエラーメッセージが表示される場合は、以下のいずれかの操作を行います。

  • ライセンス認証を解除します。別のコンピューターにインストールされているアプリケーションのライセンス認証を解除し、実際に使用するコンピューターでアプリケーションを起動します。Photoshop Elements/Premiere Elements は、起動時に自動的にライセンス認証を行います。ライセンス認証を解除するには、アプリケーションを起動し、ヘルプ/ライセンス認証の解除を選択します。
  • 追加ライセンス(シリアル番号)を購入します。シリアル番号は、アドビストアへのリンクをクリックしてオンラインで購入可能です。既に追加購入したシリアル番号をお持ちの場合は、「この製品に対して別のシリアル番号を持っており、今すぐ入力してライセンス認証を行う」を選択し、シリアル番号を入力します。

問題が解決しない場合は弊社カスタマーサービスに問い合わせます。問い合わせ先については、以下の弊社 Web サイトを参照してご確認ください。

URL : http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/contact.html

「ライセンス認証の解除」がグレーアウトして選択できない場合(Photoshop Elements 11 以前のバージョン)

「ヘルプ」メニューの「ライセンス認証の解除」(Photoshop Elements 11 以前のバージョン)がグレーアウトして選択できない場合、以下の原因が考えられます。

  • Adobe Open Options(AOO)用のシリアル番号を使用してインストールされています。この場合、「ライセンス認証の解除」オプションは使用できません。
  • バックグラウンドでライセンス認証に失敗しています。ライセンス認証されずにアプリケーションが起動しているため、「ライセンス認証の解除」オプションが使用できません。
  • 上記のいずれにも該当せず、[ライセンス認証の解除] オプションが使用できない場合は、弊社カスタマーサービスに問い合わせます。問い合わせ先については、以下の弊社 Web サイトを参照してご確認ください。
    URL : http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/contact.html

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー