Adobe Premiere Elements 11  の Windows 版と Mac OS 版間にはデータの互換性があり、異なるプラットオーム間でプロジェクトファイルをやり取りすることができます。

ただし、以下の点でご注意ください。

  • Windows環境とMac OS環境では、ファイルの場所の表示方法に違いがあります。違うOS 環境で作成されたプロジェクトを開いた場合には、リンクで読み込まれている動画素材、静止画素材、音声ファイルなどを再リンクする必要があります。
  • Windows版とMac OS版とでは、利用できるエフェクトに違いがあります。たとえば、キーイングのクロマキーエフェクトはWindows版Premiere Elements 11 にはありますが、Mac OS版にはありません。Mac OS版にないエフェクトを使用しているプロジェクトをMac OS版で開くと、エフェクト効果が失われた状態になります。
    利用可能なエフェクトの違いについては、以下のページをご参照ください。
        ビデオエフェクトの種類と適用方法

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー