この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

Adobe Elements Organizer では、特定のカタログに対して、特定の Revel アカウントが関連付けられます。この文書では、既存の関連付けを解除して、新しく別の Revel アカウントに関連付ける方法について説明しています。

A. 別の Revel アカウントにカタログを関連付ける

複数の Revel アカウントを使用している場合は、カタログに関連付けられている Revel アカウントを変更することができます。以下の操作を行います。

  1. Elements Organizer を起動し、編集(Windows)/Elements Organizer(Mac OS)メニューから環境設定/Adobe Revel を選択します。

  2. 「サインアウト」をクリックします。

  3. 再度「サインイン」をクリックします。

  4. サインインの画面で「別のユーザーとしてサインイン」をクリックします。

  5. 「このカタログは現在のアカウントから切断されて新規ユーザーのために準備されます。続行しますか?」というメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

  6. 新しい Revel アカウントの ID とパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

B. 解除後のカタログと Revel アカウント

上記の操作を行うと、Elements Organizer のカタログには以下のような処理が実行されます。

  • すべてのモバイルアルバムは、ローカルアルバムに移動されます。
  • すべてのモバイルライブラリは、ローカルアルバムのカテゴリとして表示されます。
  • Revel からダウンロードされたメディアのプレビューは、すべてカタログおよびハードディスクから削除されます。
  • Revel からダウンロードされたオリジナルのメディアは、カタログからは削除されますが、ファイル本体は残されます。
  • Revel アカウント側には、変更は発生しません。アップロードされたメディアは全て維持されます。

注意:

Revel アカウント側の情報を初期化するには、http://www.adoberevel.com にサインインし、手動でメディアを削除してください。または、新規 Revel アカウントを別途作成して、Elements Organizer からサインインすることも可能です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー