内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements 11 の環境設定ファイルを削除する方法について説明しています。

環境設定にはアプリケーションのワークスペースに関する情報などが保存されており、このファイルが破損すると、フリーズや強制終了、画面表示の異常など、予期しない動作が発生することがあります。環境設定ファイルを削除すると、Photoshop Elements の起動時に、自動的に新しい環境設定ファイルが作成され、問題が改善される可能性があります。

環境設定ファイルを削除する方法

注意:

以下の手順では、システムの初期設定で非表示になっている隠しフォルダーにアクセスする必要があります。対象のフォルダーが見つからない場合は、以下の文書を参照してシステムの設定を変更してください。

  1. Photoshop Elements を終了します。

  2. エクスプローラー(Windows)/Finder(Mac OS)で、以下のフォルダー内のファイル(Windows)またはファイル(Mac OS)を削除するか、またはデスクトップなどの別の場所に移動します。

    • Windows 8/7/Vista
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Photoshop Elements\11.0\Editor
    • Windows XP
      C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\Photoshop Elements\11.0\Editor
    • Mac OS
      Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/com.adobe.PhotoshopElements.plist
      Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/Adobe Photoshop Elements 11 Paths  
  3. Photoshop Elements を起動します。新しい環境設定ファイルが自動的に作成されます。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー