この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

この文書では、Adobe Elements Organizer が正常に起動しない場合の対処方法について説明しています。

A. 環境設定の初期化

  1. 以下のフォルダーを参照します。

    • Windows :
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Elements Organizer\<バージョン>\Organizer
    • Mac OS :
      Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Elements Organizer/<バージョン>/Organizer
  2. 以下のファイルの名前を変更します。

    • Windows :
      「status.dat」を「status_old.dat」に変更します。
    • Mac OS :
      「psa.prf」を「psa_old.prf」に変更します。
  3. Elements Organizer を起動します。

B. 管理者権限で実行 (Windows のみ)

  1. 以下のフォルダーを開きます。

    • Photoshop Elements 13
      C:\Program Files\Adobe\Elements 13 Organizer
    • Photoshop Elements 12 以前 (64bit 版 Windows)
      C:\Program Files (x86)\Adobe\Elements Organizer
    • Photoshop Elements 12 以前 (32bit 版 Windows)
      C:\Program Files\Adobe\Elements Organizer
  2. 「PhotoshopElementsOrganizer.exe」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

  3. ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、「はい」 をクリックします。

  4. Elements Organizer が起動します。

C. 互換モードで起動 (Windows のみ)

  1. 以下のフォルダーを開きます。

    • Photoshop Elements 13
      C:\Program Files\Adobe\Elements 13 Organizer
    • Photoshop Elements 12 以前 (64bit 版 Windows)
      C:\Program Files (x86)\Adobe\Elements Organizer
    • Photoshop Elements 12 以前 (32bit 版 Windows)
      C:\Program Files\Adobe\Elements Organizer
  2. 「PhotoshopElementsOrganizer.exe」ファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  3. プロパティウィンドウが表示されたら、「互換性」タブを開いて以下の設定を行い、「OK」をクリックします。

    互換モード セクション :

    • 「互換モードでこのプログラムを実行する」のチェックを入れます。
    • プルダウンメニューから「Windows XP (Service Pack 3)」を選択します。

    特権レベル セクション :

    • 「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックを入れます。
  4. ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。

  5. Elements Organizer を起動します。

D. カタログの作成

  1. Shift キーを押したまま Elements Organizer を起動し、カタログマネージャーを開きます。

  2. カタログマネージャーダイアログボックスで、「新規」ボタンをクリックします。

  3. カタログ名を入力し、「OK」をクリックします。

  4. Elements Organizer が起動します。

E. カタログの修復、または最適化

  1. Shift キーを押したまま Elements Organizer を起動し、カタログマネージャーを開きます。

  2. カタログマネージャーダイアログボックスでカタログを選択し、「修復」ボタンをクリックします。

  3. Elements Organizer ダイアログボックスに「エラーは見つかりませんでした」と表示された場合でも、「修復する」ボタンをクリックします。

  4. Elements Organizer を起動します。

F. オンラインサービスの環境設定を初期化

  1. 以下のフォルダーを参照します。

    • Windows :
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Elements Organizer\<バージョン>\Organizer
    • Mac OS :
      Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Elements Organizer/<バージョン>/Organizer

  2. 手順 1. の場所にある OLS フォルダーの名前を OLS_old に変更します。

  3. 以下のフォルダーを参照します。

    • Windows :
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe
    • Mac OS :
      Macintosh HD/Users/Library/Application Support/Adobe
  4. 手順 3. の場所にある Online Services フォルダーの名前を Online Services_old に変更します。

  5. Elements Organizer を起動します。

G. 保存された環境設定の初期化

  1. Shift キーを押したまま Elements Organizer を起動し、カタログマネージャーを開きます。

  2. カタログマネージャーダイアログボックスで、「新規」ボタンをクリックします。

  3. カタログ名を入力し、「OK」をクリックします。

  4. Elements Organizer が起動したら、以下のキーを押し、環境設定ダイアログボックスを表示します。

    • Windows : Ctrl + K
    • Mac OS : Cmd +  K
  5. 環境設定ダイアログボックスが表示されたら、「ファイル」を選択し、以下の項目のチェックを外します。

    • 「見つからないファイルを自動的に検索して再リンク」
    • 「ビデオファイルのサムネールを自動的に生成」
  6. 続けて、「メディア解析」をクリックし、すべてのチェックを外します。

  7. 「OK」をクリックして、環境設定ダイアログボックスを閉じます。

  8. Elements Organizer を再起動します。

  9. 問題なく Elements Organizer が起動したら、元のカタログに切り替えます。

H. アプリケーションの再インストール

上記の解決方法を実施しても問題が改善されない場合は、Photoshop Elements または Premiere Elements のアンインストールしてから再インストールします。アンインストールする際は、環境設定の削除オプションを選択してください。

インストールおよびアンインストールの手順については、以下の弊社ブログ記事を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー