マニュアル キャンセル

フォトプロジェクトの作成

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

フォトプロジェクトでは、プロ顔負けのフォトブック、グリーティングカード、フォトカレンダー、フォトコラージュ、CD/DVD ジャケット、CD/DVD ラベルをすぐに作成できます。Photoshop Elements ウィンドウの右上隅にある「作成」ボタンをクリックすると、Photoshop Elements で作成できるフォトプロジェクトの一覧が表示されます。

フォトプロジェクトは、フォトプロジェクトファイル形式(.pse)で保存されます。フォトプロジェクトは、ご家庭のプリンターでのプリント、ハードディスクへの保存、電子メールでの共有ができます。

「作成」ボタンと利用できるオプションの一覧

注意:

ページ数の多い大きなフォトプロジェクトを作成する場合、最適なパフォーマンスを得るには 1 GB 以上の RAM が必要です。

フォトコラージュの作成

見栄えのするフォトコラージュを簡単に作成して、思い出を長く残すことができます。 

フォトコラージュの例

PSE 2019 リリースを使用したフォトコラージュの作成

Elements 2019 リリースでフォトコラージュを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Photoshop Elements で 2 枚以上の写真を開きます。

    注意:

    Elements Organizer で写真を選択することもできます。最大 8 枚までの写真を選択してフォトコラージュを作成できます。

  2. 作成フォトコラージュをクリックします。

    開いている写真の数に基づいて、魅力的なコラージュが自動的に作成されます。インテリジェントな自動切り抜きを使用すると、写真の最も際立った部分(顔)に焦点を合わせ、コラージュフレームに配置します。  

  3. (オプション)フォトコラージュのレイアウトを選択します。

    レイアウトの提案が、コラージュの写真の数に基づいて表示されます。レイアウトは、横、縦、Facebook カバー、および Instagram の 4 つのカテゴリーから選択できます。

  4. (オプション)コラージュから写真を追加、削除、置き換え、および入れ替えできます。

    • 写真の追加:コンピューターに保存されている写真を追加するには、「コンピューター」をクリックします。あるいは、カタログまたはアルバムから写真を選択するには、「 Organizer」をクリックします。
    コンピューターまたは Organizer からの写真の追加

    • 写真の置き換え:置き換える写真を右クリックします。コンテキストメニューから、「写真の置き換え」を選択して写真を選択ダイアログを開き、置き換える目的の写真をコンピューターから選択します。
    写真の削除または置き換え

    • 写真の削除:削除する写真を右クリックします。コンテキストメニューから、「写真を削除」を選択します。
    • 写真の入れ替え:フォトコラージュのフレーム間で写真を入れ替えできます。入れ替える写真を右クリックして、「ドラッグして写真を入れ替え」オプションを選択して、写真を入れ替える写真フレームに写真をドラッグします。二重矢印カーソルに変わったら、写真をドロップします。ソースフレームとターゲットフレームの間で、写真が入れ替わります。
    コラージュでの簡単な写真の入れ替え

    フォトコラージュから写真を追加または削除する場合、新しいレイアウトがコラージュに自動的に追加されます。 

  5. (オプション)ヘッドアップディスプレイ(HUD)を表示するには、写真をダブルクリックします。HUD を使用すると、写真の左右への回転、ズームインまたはズームアウト、写真を置き換えまたは削除することもできます。必要な変更を加えたら、緑色のチェックマークをクリックして変更を確定します。

    HUD を使用した写真の回転、ズーム、置き換え、または削除

  6. (オプション)背景またはフレームを選択するには、右下隅にある「グラフィック」を選択します。  コラージュに適用する目的の背景またはフレームをダブルクリックします。

    好みの背景またはフレームの適用

  7. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  8. フォトコラージュを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。フォトコラージュを、Photoshop、BMP、JPEG、PNG などの各種の形式で保存できます。
    • ファイル保存をクリックします。初期設定では、コラージュおよびプロジェクトはピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  9. フォトコラージュをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「プリント」をクリックします。
    • ファイルプリントをクリックします。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押します。

PSE 2018 および以前のリリースを使用したフォトコラージュの作成

Elements 2018 および以前のリリースでフォトコラージュを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 作成フォトコラージュを選択します。

  2. フォトコラージュダイアログボックスで次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • フォトコラージュのサイズを選択します。
    • テーマを選択します。
    • フォトエリアで選択した画像を使用する場合は、「選択した画像で自動的に塗りつぶす」を選択します。
  3. プロジェクトが開き、右下隅に次のオプションが表示されます。

    • ページ:フォトコラージュのページが表示されます。
    • レイアウト:フォトコラージュのレイアウトが表示されます。
    • グラフィック:フォトコラージュの背景、フレーム、グラフィックを変更できます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • フォトコラージュに写真を追加します。
    • 背景を追加します。
    • 1 ページに複数の写真を載せる場合は、フレームを追加します。
    • 必要に応じて、グラフィックを追加します。 
  4. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  5. フォトコラージュを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。
    • ファイル保存を選択します。初期設定ではプロジェクトはマイピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  6. フォトコラージュをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルプリントを選択します。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押します。
    注意:

    フォトコラージュで使用している写真をコンピューターで元の場所から動かすと、そのフォトコラージュをプリントできなくなります。ただし、プロジェクトの保存はできます。

フォトブックの作成

フォトブックは思い出のとても良い記念になります。Photoshop Elements には様々なサイズやオプションが用意されており、フォトブックを簡単に作成できます。

  1. 作成フォトブックを選択します。

  2. フォトブックダイアログボックスで次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • フォトブックのサイズを選択します。
    • テーマを選択します。
    • フォトエリアで選択した画像を使用する場合は、「選択した画像で自動的に塗りつぶす」を選択します。
    • フォトブックのページ数(2~78)を指定します。
  3. プロジェクトが開き、右下隅に次のオプションが表示されます。

    • ページ:フォトブックのページが表示されます。
    • レイアウト:フォトブックのレイアウトが表示されます。
    • グラフィック:フォトブックの背景、フレーム、グラフィックを変更できます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • フォトブックに写真を追加します。
    • 背景を追加します。
    • 1 ページに複数の写真を載せる場合は、フレームを追加します。
    • 必要に応じて、グラフィックを追加します。
  4. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  5. フォトブックを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。
    • ファイル保存を選択します。初期設定ではプロジェクトはマイピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  6. フォトブックをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルプリントを選択します。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押します。
    注意:

    フォトブックで使用している写真をコンピューターで元の場所から動かすと、そのフォトブックはプリントできなくなります。ただし、プロジェクトの保存はできます。

グリーティングカードの作成

簡単な数ステップで自分ならではのグリーティングカードを作成できます。

フォトグリーティングカードの例

  1. 作成グリーティングカードを選択します。

  2. グリーティングカードダイアログボックスで次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • グリーティングカードのサイズを選択します。
    • テーマを選択します。
    • フォトエリアで選択した画像を使用する場合は、「選択した画像で自動的に塗りつぶす」を選択します。
  3. プロジェクトが開き、右下隅に次のオプションが表示されます。

    • ページ:グリーティングカードのページが表示されます。
    • レイアウト:グリーティングカードのレイアウトが表示されます。
    • グラフィック:グリーティングカードの背景、フレーム、グラフィックを変更できます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • グリーティングカードに写真を追加します。
    • 背景を追加します。
    • 1 ページに複数の写真を載せる場合は、フレームを追加します。
    • 必要に応じて、グラフィックを追加します。 
  4. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  5. グリーティングカードを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。
    • ファイル保存を選択します。初期設定ではプロジェクトはマイピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  6. グリーティングカードをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルプリントを選択し、「OK」をクリックします。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押し、「OK」をクリックします。
    注意:

    グリーティングカードで使用している写真をコンピューターで元の場所から移動すると、そのグリーティングカードをプリントできなくなります。ただし、プロジェクトの保存はできます。

フォトカレンダーの作成

Photoshop Elements でフォトカレンダーを作成して写真を披露できます。 

  1. 作成フォトカレンダーを選択します。

  2. フォトカレンダーダイアログボックスで次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • 開始月と開始年を選択します。
    • カレンダーのサイズを選択します。
    • テーマを選択します。
    • フォトエリアで選択した画像を使用する場合は、「選択した画像で自動的に塗りつぶす」を選択します。
  3. プロジェクトが開き、右下隅に次のオプションが表示されます。

    • ページ:フォトブックのページが表示されます。
    • レイアウト:フォトブックのレイアウトが表示されます。
    • グラフィック:フォトブックの背景、フレーム、グラフィックを変更できます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • カレンダーに写真を追加します。
    • 背景を追加します。
    • 1 ページに複数の写真を載せる場合は、フレームを追加します。
    • 必要に応じて、グラフィックを追加します。
  4. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  5. カレンダーを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。
    • ファイル保存を選択します。初期設定ではプロジェクトはマイピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  6. カレンダーをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルプリントを選択します。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押します。
    注意:

    カレンダーで使用している写真をコンピューターで元の場所から移動すと、そのカレンダーをプリントできなくなります。ただし、プロジェクトの保存はできます。

CD および DVD ジャケットの作成

Photoshop Elements では、CD または DVD ケース用のディスクジャケット(カバー)を作成できます。

CD および DVD ジャケットの例

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • CD ジャケットを作成するには、作成CD ジャケットを選択します。
    • DVD ジャケットを作成するには、作成DVD ジャケットを選択します。
  2. ダイアログボックスで次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • ジャケットのサイズを選択します。
    • テーマを選択します。
    • フォトエリアで選択した画像を使用したい場合は、「選択した画像で自動的に塗りつぶす」を選択します。
  3. プロジェクトが開き、右下隅に次のオプションが表示されます。

    • ページ:CD/DVD ジャケットのページが表示されます。
    • レイアウト:フォトブックのレイアウトが表示されます。
    • グラフィック:フォトブックの背景、フレーム、グラフィックを変更できます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • CD/DVD ジャケットに写真を追加します。
    • 背景を追加します。
    • 1 ページに複数の写真を載せる場合は、フレームを追加します。
    • 必要に応じて、グラフィックを追加します。
  4. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  5. CD/DVD ジャケットを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。
    • ファイル保存を選択します。初期設定ではプロジェクトはマイピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  6. CD/DVD ジャケットをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルプリントを選択します。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押します。
    注意:

    CD/DVD ジャケットで使用している写真をコンピューターで元の場所から移動すると、その CD/DVD ジャケットをプリントできなくなります。ただし、プロジェクトの保存はできます。

CD および DVD ラベルの作成

Photoshop Elements では、インクジェットプリンターを使用して CD および DVD 用のラベルシールや、印刷対応 CD および DVD のラベルを作成できます。 

CD および DVD ラベルの例

  1. 作成CD/DVD ラベルを選択します。

  2. CD/DVD ラベルダイアログボックスで次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • CD/DVD ラベルのサイズを選択します。
    • テーマを選択します。
    • フォトエリアで選択した画像を使用する場合は、「選択した画像で自動的に塗りつぶす」を選択します。
  3. プロジェクトが開き、右下隅に次のオプションが表示されます。

    • ページ:フォトブックのページが表示されます。
    • レイアウト:フォトブックのレイアウトが表示されます。
    • グラフィック:CD/DVD ラベルの背景、フレーム、グラフィックを変更できます。

    次のいずれかの操作を行います。

    • CD/DVD ラベルに写真を追加します。
    • 背景を追加します。
    • 1 ページに複数の写真を載せる場合は、フレームを追加します。
    • 必要に応じて、グラフィックを追加します。
  4. (オプション)「詳細設定モード」または「基本モード」をクリックして、作業中の写真の表示や変更に使用するモードを設定します。

    基本モードでは、テキストを追加したり、テキストやグラフィックを移動したりできます。

    詳細設定モードでは、ツールボックスやレイヤーのオプションをすべて使用できます。このオプションを使用して画像のレタッチやレイヤーの編集ができます。 

  5. CD/DVD ジャケットを保存するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスクバーで、「保存」をクリックします。
    • ファイル保存を選択します。初期設定ではプロジェクトはマイピクチャフォルダーに保存されますが、別の場所に保存することもできます。
    • Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  6. CD/DVD ラベルをプリントするには、次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルプリントを選択します。
    • Ctrl キーを押しながら P キー(Windows)または Command キーを押しながら P キー(Mac OS)を押します。
    注意:

    CD/DVD ラベルで使用している写真をコンピューターで元の場所から動かすと、その CD/DVD ラベルはプリントできなくなります。ただし、プロジェクトの保存はできます。

スライドショーの作成

スライドショーを使用すると、メディアファイルを楽しく共有することができます。Photoshop Elements では、スライドショーに音楽クリップやクリップアート、テキスト、ナレーションなどを入れてカスタマイズすることができます。 

スライドショーの作成では、追加処理のために Photoshop Elements が Elements Organizer を開きます。詳しくは、スライドショーの作成を参照してください。

注意:

スライドショーに関するビデオについては、www.adobe.com/go/lrvid913_pse_jp を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン