Facebook、Twitter、その他のソーシャルメディアで注目を浴びる、クリエイティブな画像を作成してみましょう。このチュートリアルでは、Photoshopで写真やテキスト、アートワークを組み合わせて、ソーシャルメディア投稿用の独自の画像を作成する方法を説明します。
ソーシャルメディアで使用する画像の作成

 

手順1/2

Photoshopの「コンテンツに応じる」機能を使って画像の一部分を補完しながら切り取ったり、レイヤーをスマートオブジェクト化してフィルターを再編集できるようにするなどさまざまな機能を使いながらソーシャルメディア用の画像を作成してみましょう。

 

手順2/2

Photoshopを使って画像に文字を加えるなど、ソーシャルメディアで活用するための画像編集書き出しの手順を確認しましょう。

 *Photoshop CCでは、コンピューターにインストールされたフォント以外にも、Creative CloudのフォントサービスであるTypekitから、様々な種類のフォントを検索して使用できます。「テキストツール」を選択し、オプションバーにある「Typekitフォントを追加」をクリックします。Typekitのフォントライブラリがブラウザーで開くので、ここでは「Alternate Gothic No1 D」「Shelby」を検索してコンピューターに同期します。同期が完了すると、Photoshopのフォントメニューに「Alternate Gothic No1 D」「Shelby」が追加されます。

Typekitからフォントをコンピューターに同期する方法はこちら ›

ブラシツールの使い方やカスタムブラシの作り方についてはこちら›

 



 

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ