Adobe Photoshopの調整レイヤーで画像のどの部分を扱うかをコントロールします。
adjustment-layer_1800x1012

調整レイヤーを使用すると、直接調整するよりも画像の編集を詳細かつ柔軟にコントロールできます。画像の色や色調を損なわずに調整できるので、調整レイヤーの編集では元の画像のピクセルを維持できます。うまく調整できないときは、調整レイヤーを非表示にするか破棄して、元の画像に戻すことができます。

調整レイヤーの基本については、調整レイヤーの詳細をご覧ください。

調整レイヤーがどのレイヤーに効果を及ぼすかをコントロール

デフォルトでは、レイヤーパネル内で調整レイヤーの下にあるすべてのレイヤーを扱います。次の例では、色相・彩度の調整レイヤーを適用して、2つのレイヤーからなる合成画像全体の彩度を下げています。

色相・彩度の調整について詳しくは、色相と彩度を調整するをご覧ください。

adjustment-layer_step-1

レイヤースタック内の調整レイヤーのすぐ下にある1つのレイヤーのみに効果を及ぼすように変更する方法があります。

属性パネルが表示されていることを確認し、表示されていなければ、ウィンドウ/プロパティを選択します。調整レイヤーのすぐ下にあるレイヤーのみ調整するには、レイヤーパネルで調整レイヤーを選択し、属性パネルの下部にある「クリッピングマスクを作成」アイコンをクリックします。 

adjustment-layer_step-2

調整レイヤーの下にあるすべてのレイヤーを調整するには、調整レイヤーを選択し、属性パネルで「クリッピングマスクを作成」アイコンをもう一度クリックします。 

画像の特定部分の調整

各調整レイヤーにはレイヤーマスクが含まれています。レイヤーマスクが白の場合、画像全体に調整が適用されます。レイヤーマスクに黒を加えると、画像のその部分の調整は隠されます。

この例では、合成画像の一部を選択し、調整レイヤーマスクの対応する領域を黒で塗りつぶしました。こうすることで、彩度を下げるエフェクトをマスク内の白色の画像領域のみに制限しています。

adjustment-layer_step-3

調整の変更

ブラシツールを使用して、調整レイヤーのマスクを白から黒の階調で塗ります。濃淡で調整の強さをコントロールできます。調整レイヤーマスクの白色の領域では、元の強さで調整が適用され、灰色の領域では調整の強さがやや弱くなり、黒色の領域には調整が適用されません。

下のレイヤーで色調と色を変更してみました。
色相・彩度の調整を追加して全体の彩度を下げてから、目的の効果を実現するために、明るさ・コントラストの調整を追加して明るさとコントラストを下げました(変更前の画像を参照)。岩場をやや明るくするために、太いソフトブラシを使ってレイヤーマスク上で灰色を塗りました。(変更後の画像を参照)。

adjustment-layer_step-4

参考になりましたか。ご自分の画像でも試してみてください。

08/05/2020
このページは役に立ちましたか。