Photoshopを使い始めのうちは、つい間違った操作をしてしまったり、どうしていいかわからず混乱してしまうことも多いでしょう。ここでは、初心者にありがちなミスや混乱、またそれらを防ぐためのコツをいくつかご紹介します。
Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

本チュートリアルの概要:

  1. ショートカットキーで作業を取り消す
  2. レイヤーを正しく選択する
  3. 隠れたツールを表示する
  4. ショートカットキーでツールを切り替える
  5. ショートカットキーで選択を解除する

 

操作をやり直したい? 一 ショートカットキーで元に戻せます

Photoshopでは、誤った操作をした場合や、思い通りの結果にならなかったときに、行った操作を取り消して元の状態に戻すことができます。その時に便利なのが、キーボードのショートカットキーです。Photoshopの作業で最も頻繁に使われるショートカットの1 つが、「取り消し」です。

 

今行った操作を取り消したい時は、
 「Ctrl」+「Z」(Windows)、または「Command」+「Z」(Mac)
を押します。その操作を取り消して1つ前の状態に戻すことができます。


複数回の作業を取り消して、もっと前の状態に戻したい場合は、
 「Ctrl + Al t + Z」(Windows)、または「Command + Op tion + Z 」(Mac)
を押します。押した回数分だけ、作業を1段階ずつ戻すことができます。


戻した作業を逆に1段階ずつ進めたい場合は、
 「Ctrl + Shift + Z」(Windows)、または「Command + Shift + Z」(Mac)
を押します。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

また、「ヒストリー」パネルでは、過去の作業が1つ1つ記録されており、1クリックで任意の段階にさかのぼり、作業をやり直すことができます。

「ヒストリー」パネルを表示するには、「ウインドウ」メニューから「 ヒストリー」をクリックします。作業の履歴が上から順番に表示されるので、作業内容をクリックするとその段階の状態に画像を戻すことができます。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

操作が思い通りにいかない? 一 レイヤーが正しく選択されているか確認しましょう

Photoshopの作業には欠かせない機能の1つが「レイヤー」です。レイヤーは透明なフィルムのようなもので、例えば背景の画像、人物の画像、テキストなどの要素をそれぞれ別のレイヤーに分けて配置し、それらを重ねて1枚の画像を作り上げていきます。1つのレイヤーを選択することで、他のレイヤーに影響を与えることなく、特定の要素だけに編集を加えることができます。

レイヤーについては「PhotoshopことはじめStep:1」で詳しく学びましょう ›


さて、レイヤーを使い始めたばかりの初心者にありがちなミスが、編集したいレイヤーとは別のレイヤーを選択した状態で作業を進めてしまうことです。

例えば、人物と背景を合成した画像で、背景のレイヤーの色調を変更しようとして、人物のレイヤーを選択したまま色調補正を行うと、画像全体の色調が変更されてしまいます。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

また、背景のレイヤーの一部分をコピーし、別の場所にペーストしようとした際に、人物のレイヤーを選択した状態で行うと、人物以外の領域には何もないため、コピーができないというアラートが表示されます。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

複数のレイヤーを使って作業を行う場合は、常に正しいレイヤーが選択されていることを確認しましょう。

ツールが見つからない? 一 隠れたツールを表示しましょう

Photoshopの画面左に表示される「ツールパネル」。ここには作業に必要なたくさんのツールが並んでおり、アイコンをクリックするだけでツールを切り替えることができます。

しかし、全てのツールが表示されているわけではありません。ツールにはグループがあり、そのグループの中の1つのツールのみが表示されるようになっています。

ツールパネルのアイコンをよく見ると、右下に三角のマークが付いているものがあります。これは、他のツールが隠れていることを示します。この三角マークをクリックして長押しすると、隠れていた他のツールが表示されるので、任意のツールをクリックします。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

ショートカットキーを使ってグループ内のツールを簡単に切り替えることができます。

例えば、「長方形ツール」を選択している状態で、
 「Shift」+「M」(Windows、Macとも)
を押すと、「楕円形ツール」に切り替わります。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

また、「なげなわツール」を選択した状態で、
 「Shift」+「L」(Windows、Macとも)
を押すと、「多角形選択ツール」、「マグネット選択ツール」と順番に切り替わります。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

ツールを持ち替えるのが面倒? 一 ショートカットキーでツールを切り替えられます

画像の細かい部分を調整するのに、何度も「ズームツール」に切り替えて拡大/縮小表示を繰り返していませんか?画像の拡大/縮小表示は、その都度ツールを切り替えることなく、ショートカットキーで簡単に行うことができます。

他のツールを選択した状態で画像を拡大表示するには、
「Ctrl」+「+」(Windows)、または「Command」+「+」(Mac)
を押します。押した回数分だけ表示倍率が上がります。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

逆に縮小表示したい場合は、
 「Ctrl」+「- 」(Windows)、または「Command」+「- 」(Mac)
を押します。押した回数分だけ表示倍率が下がります。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

通常の表示に戻したい場合は、
 「Ctrl 」+「0」(Windows)、または「Command」+「0」(Mac)
を押すと、全体表示に戻ります。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

拡大した画像の表示領域を移動するのも、ショートカットキーで簡単に行えます。

他のツールを選択した状態で「Space」キーを押すと、カーソルのアイコンが「手のひらツール」に切り替わり、そのまま画像をドラッグして移動できます。Spaceキーを離すと、元のツールに切り替わります。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

選択範囲を早く消したい? 一 選択解除もショートカットキーで

Photoshopでの作業で、画像の選択範囲を作成する場面は非常に多いと思います。しかし、選択し直したり、別の作業に移る時などは、その選択範囲を解除する必要があります。その場合、いちいち「選択範囲」メニューから「選択の解除」をクリックしなければなりませんが、これもショートカットキーで簡単に解除できます。

画像を選択した状態で、
 「Ctrl」+「D」(Windows)、または「Command」+「D」(Mac)
を押すと、選択範囲が解除され、囲みの点線が消えます。頻繁に使用するコマンドなので、覚えておくと便利です。

Photoshop初心者が抑えておくべき5つのポイント

 

いかがでしたか。ここでは初心者にありがちなミスと混乱を防ぐためのコツをご紹介しました。慣れていけば自然とミスも少なくなりますが、ここで学んだことは作業効率アップにも非常に役立つものです。特に、キーボードのショートカットキーは上級者にとっても欠かせないものです。他にもたくさんあるので、ぜひ覚えましょう。

Photoshopのショートカットキー一覧をこちらからダウンロードできます。

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ