露光不足の写真を明るくします。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習内容:暗い写真を明るくして細部を引き立てる方法

レベル補正の調整レイヤーの追加

  • レイヤーパネル下部にある「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンをクリックし、レベル補正を選択します。

レベル補正の設定を適用して、明るくしコントラストを追加

  • プロパティパネルで、ヒストグラムの下にある白いスライダーを左にドラッグして、写真の最も明るい色調を白に設定します。Optionキー(macOS)またはAltキー(Windows)を押しながらドラッグするとマスクビューを表示できます。マスクビューは、写真の詳細を表示せずに純粋な白色になる領域を表示するので、どの程度までドラッグするかを判断するのに役立ちます。
  • グレーのスライダーを左にドラッグして中間調を明るくします。
  • 黒いスライダーを少し右に動かし、最も暗い色調を黒に設定してコントラストを強くします。

影響を受ける写真の部分の制御

  • ブラシツールを選択し、ツールバーで描画色を黒に設定します。レイヤーパネルで、レベル補正の調整レイヤーのレイヤーマスクがハイライトされていることを確認します。調整レイヤーのマスク上で、明るくするエフェクトを非表示にする場所を黒でペイントします。
  • ブラシツールの不透明度を下げ、調整レイヤーのマスク上で、明るさの度合いを下げる場所をグレーでペイントします。
  • 気が変わり、明るくするエフェクトを完全に表示する場合は、ツールバーの描画色を白に変更します。その後、調整レイヤーのマスクを白でペイントします。

作品の保存

  • ファイル/保存を選択し、調整レイヤーをそのままにして写真のコピーをPSD形式で保存します。こうすることで、写真を直接変更することなく、調整をもう一度編集できます。
  • オンラインに掲載するためにJPEGなど別の形式で写真のコピーが必要な場合は、このPSDを開き、ファイル/別名で保存を選択し、別名で保存ウィンドウで必要な形式を選択します。

 

Tutorial Finderで推奨したチュートリアルは参考になりましたか?フィードバックの提供にご協力ください。お客様のフィードバックは、このようなエクスペリエンスの改善に役立ちます。

09/02/2020

Adobe Stock提供元:Fabian

プレゼンター:Jan Kabili

このページは役に立ちましたか。