Adobe Camera RawはPhotoshopのプラグインとして組み込まれているRaw現像ソフトです。PhotoshopでRawデータを開こうとする際に自動的に起動し、まずCamera Rawを使用して現像処理を行うことを促されます。
Camera Rawとは?

 

Adobe Camera Rawの特徴と使い方

Raw画像をPhotoshopで開く前に磨きをかけるための編集ツールとして活用しましょう。

ここから無料のサンプルファイル<cameraraw_practice.dng>をダウンロードし、下記動画を確認しながら、是非実践してみてください。

 

Camera Rawをフィルターとして使う

Photoshop上で編集中の画像に対してもCamera Rawを使った補正を行うことができます。フィルターならではの便利な特性を活かして、効果的にCamera Rawを使用しましょう。

ここから無料のサンプルファイル<filter_practice.psd>をダウンロードし、下記動画を確認しながら、是非実践してみてください。

 

提供元:LinkedInラーニング

 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。