対象を絞って色相・彩度を調整し、写真の特定の色を強調します。

学習した内容:色相・彩度の調整を使用した色のコントロール

写真を鮮やかにするには、彩度を強くしてみてください。

色相・彩度の調整レイヤーの作成

レイヤーパネルで「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」アイコンをクリックし、色相・彩度を選択します。これで、色相・彩度の調整レイヤーが追加され、元の写真を保ちながら色を調整できます。

色相・彩度の設定の選択

レイヤーパネルで色相・彩度の調整レイヤーを選択し、属性パネルで調整します。

彩度スライダーを右にドラッグすると、写真のすべての色がより鮮やかになります。一部の色が鮮やかになりすぎる場合は、彩度スライダーを左に戻します。

カラー範囲の調整

特定のカラー範囲で色相・彩度の調整をおこなうには、属性パネルのマスターメニューで青などのカラー範囲を選択します。

彩度スライダーを右にドラッグすると、画像全体の青色のみがより鮮やかになります。ここで、明度または色彩のスライダーをドラッグした場合も、青色のみが変化します。

画面セレクターの使用

特定のカラー範囲の彩度を調整する場合、画面セレクターが便利です。

属性パネルで画面セレクターの表示切り替えをクリックします。

写真内の色をクリックし、マウスを押したまま、写真内で右にドラッグします。クリックした色に近いカラー範囲の彩度のみが写真全体で強くなります。

画面セレクターを非アクティブにするには、属性パネルでこのツールをもう一度クリックします。

作品の保存

レイヤーを保持するために、画像をPSDまたはTIFF形式で保存します。

調整の変更

調整を変更するには、色相・彩度の調整レイヤーの左端にある調整アイコンをダブルクリックし、属性パネルで色相・彩度のコントロールをもう一度開きます。

08/19/2019

プレゼンター:Jan Kabili

フォトグラファー:Cody York

このページは役に立ちましたか。