コピースタンプツールは、画像から何かを除去する際に詳細なコントロールを加える場合に使用します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:コピースタンプツールを使用して、オブジェクトを除去する

どのような場合にコピースタンプツールを使用するか

コピースタンプツールは、画像の一部から別の領域にまったく同じディテールとカラーをコピーする方法として効果的です。

空のレイヤーをコピースタンプによるレタッチ用に使用する

コピースタンプツールでは、空のレイヤーを使用して、メインの画像とレタッチを分離することができます。

  1. レイヤーパネルの下部にある「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックします。
  2. 新規レイヤーを選択した状態で、レイヤーパネルの上部にある「位置をロック」ボタンをクリックして、新しいレイヤーの位置を背景レイヤーと揃えます。
  3. コピースタンプツールのオプションバーで、サンプルメニューから「現在のレイヤー以下」を選択します。これで、下のレイヤーからディテールをコピーし、新しいレイヤーに配置できます。

サンプル領域を定義し、オブジェクトに新しいディテールをブラシでペイント

  • コピースタンプツールを選択して、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながら、サンプリングするディテールをクリックします。コピースタンプポインターのプレビューに、レタッチに使用されるディテールが表示されます。プレビューは、サンプリングするディテールと画像の他の部分を揃えるのに便利です。
  • 対象領域をブラシでなぞり、サンプリングしたディテールでオブジェクトをカバーします。作業中に表示される十字線はディテールのコピー元を示します。

ディテールの繰り返しがないか、仕上がりを確認する

コピースタンプツールでオブジェクトを除去すると、サンプリングした領域のディテールが繰り返し表示されることがあります。

  • 小さめのブラシサイズでコピースタンプツールを使用して、はっきり見えるディテールの繰り返しを目立たなくします。

作品の保存

  • ファイルをPSDまたはTIFFフォーマットで保存して、作成したレタッチレイヤーを個別に保持します。
09/02/2020

Adobe Stock提供元:naypong

プレゼンター:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。