iPadでAdobe Photoshopを使い、クラウドドキュメントに保存されている画像を修正しましょう。

学習した内容:iPadでクラウドドキュメントに保存されている画像を編集する方法

ホーム画面

iPadでPhotoshopを起動すると、最初にホーム画面が開き、最近使用した画像のサムネールが表示されます。作業するドキュメントを開くには:

  • 「新規作成」をタップして、空白のキャンバスを開きます。
  • 「読み込み」をタップして、ストレージに保存済みの画像、カメラロール、またはiPadのカメラからファイルを開きます。
  • 「クラウドドキュメント」をタップして、クラウドドキュメント整理パネルを開きます。次に、クラウドドキュメント整理パネルのサムネールをタップして、クラウドドキュメントを開きます。クラウドドキュメントとは、アドビのクラウドに保存されたPhotoshopドキュメントのことです。

開いているドキュメントに別の画像を追加する

  1. ツールバーで画像配置ツールをタップして、ドキュメントソースを選択します。画像をタップして、開いているドキュメントに追加します。
  2. 開いているドキュメントに配置した画像は、変形モードで表示されます。配置した画像の青いバウンディングボックスの変形ハンドルをドラッグして、サイズやシェイプを変更します。バウンディングボックスの内側を選択してドラッグすれば、配置した画像を移動できます。「完了」をタップして、変形モードを終了します。
  3. iPadのPhotoshopを使って、同じドキュメントの編集を続けます。コンピューターのPhotoshopと同様の基本ツールと機能を使用でき、今後も順次機能を追加予定です。
  4. ホームボタンをタップして、元の画面、つまりホーム画面またはクラウドドキュメント整理パネルに戻ります。

クラウドドキュメントのメリット

  • iPadのPhotoshopで作業すれば、数分ごとに最新のドキュメントが自動的にアドビのクラウドに保存されるため、保存操作は必要ありません。
  • クラウドドキュメントは、どのデバイスのPhotoshopでもシームレスに利用できます。次回、コンピューターまたはiPadでPhotoshopにログインすれば、前回閉じたときの状態から編集を再開できます。

クラウドドキュメントを管理する

  • iPadのPhotoshopでクラウドドキュメント整理パネルを使用すれば、すべてのクラウドドキュメントの表示や並べ替え、整理ができます。
  • ドキュメントサムネールの下にある3点アイコンをタップすれば、ドキュメントの名前の変更、複製、削除ができます。削除したドキュメントを復元するには、左側の「削除」をタップし、削除したドキュメントの下の3点アイコンをタップして、「復元」をタップします。
03/25/2021

Adobe Stock提供元:621513R. Gino Santa Maria

イラストレーター:Seán Duggan

インストラクター:Jan Kabili

このページは役に立ちましたか。