レイヤー描画モードを使用して画像を合成する方法をご覧ください。

必要な情報

練習用のサンプルファイルをダウンロードします。このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:描画モードで画像を合成する

描画モードのプレビューと適用

レイヤー描画モードを適用すると、ひとつのレイヤーとその下にあるレイヤーのカラーとトーンの重ね方を変えることができます。描画モードを使って複数のレイヤー画像を合成することで、おもしろい合成画像を作成できます。

  1. レイヤーパネルで、写真のレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネル上部にある描画モードメニューを開きます。
  3. メニューにある各種描画モードの上でカーソルを動かすと、それぞれの描画モードが適用された合成画像をプレビューできます。
  4. 任意の描画モードをクリックすると、選択されているレイヤーに適用され、そのレイヤーが下のレイヤーと合成されます。
  5. レイヤーパネルの上部にある「不透明度」スライダーをドラッグすると、不透明度を変えることができます。

描画モードのグループ分け

描画モードメニューでは、画像に対する効果によって描画モードがグループ分けされています。このチュートリアルで扱うのは、画像を明るくするグループと暗くするグループの描画モードです。これらの描画モードの使い方がわかれば、自分で画像を合成する際にも使えるようになります。

暗くする描画モードでは、暗い部分が強調され、白は表示されません

暗くするグループの描画モードを適用すると、アクティブなレイヤーまたは下にあるレイヤーのいずれかよりも結果色が暗くなります。明るい背景に暗い被写体があり、全体を暗いイメージの画像として合成する場合には、この暗くする描画モードが非常に便利です。暗くする描画モードで重要な点は、アクティブなレイヤー上にある白い部分は表示されないということです。

明るくする描画モードでは、明るい部分が強調され、黒は表示されません。

明るくするグループの描画モードを適用すると、アクティブなレイヤーまたは下にあるレイヤーのいずれかよりも結果色が明るくなります。暗い背景に明るい被写体があり、全体を明るいイメージの画像として合成する場合には、この明るくする描画モードが非常に便利です。明るくする描画モードで重要な点は、アクティブなレイヤー上にある黒い部分は表示されないということです。

アドビのロゴ

アカウントにログイン