アメリカ人アーティストのMolly Scannellは、自身の作品が完成するまでどのような結末になるかわからないことがあります。インスピレーションを感じた画像をスライスし、配置を変えてコラージュにすると、照明や目の角度によって様々なストーリーが生まれます。彼女の作品を特徴づけているのが、多数のレイヤー、パーツの配置、不透明度やレイヤースタイルの設定といったコンポジションの制作スタイルです。

テクスチャと枠でシーンを用意する

Mollyはいつも大きなカンバスを使って制作します。このコラージュの制作には、11x14インチのカンバスを使用しています。ハーフトーンのドットパターンをスキャンし、個別のレイヤーに読み込んで、コンポジションにテクスチャを追加します。不透明度を「30%」に、描画モードを「オーバーレイ」にします。

白い枠を作成するには、読み込んだパターンのサイズをカンバスよりもわずかに小さくします。細い白線で長方形を描画すれば、フレームが完成します。

composite-multiple-images-create-collage_1

対角線方向にカットする

写真の合成を開始します。このプロジェクト用に、いくつかポーズの異なるモデルの写真を用意しています。まず、3つの写真を個別のレイヤーに読み込みます。次に、多角形選択ツールを使用して、画像を様々な方向にカットします。 

composite-multiple-images-create-collage_2

カットを新規レイヤーにペーストし、様々な配置を試し、デザインの構図を考えます。カットをレイヤーグループにまとめ、描画モードを「通過」にして、編集内容がグループ内の下位レイヤーにも適用されるようにします。

色のアクセントを加える

カラーピッカーから濃い黄色を選択し、細いブラシでヘアラインと首の部分をトレースして、アクセントとなるカラーを加えます。

クラシックな書体の文字を追加し、操作する

クラシックな書体を使ったタイトルページをスキャンし、個別のレイヤーに読み込みます。次に、長方形選択ツールを使用してコラージュに使用するテキストの一部を選択し、個別のレイヤーにペーストします。

composite-multiple-images-create-collage_5

テキストの一部のレイヤーを一番上に移動し、レイヤーの明るさとコントラストを調整します。描画モードを「除算」に設定して背景を削除し、文字のカラーを反転させてコントラストを加えます。

テキストの別の部分のレイヤーを選択し、回転して構図を整えます。描画モードを「減算」に設定し、テキストが透明、背景が黒になるようにします。

composite-multiple-images-create-collage_7

風景画像を読み込む

さらに演出するため、高層ビル群の写真を読み込み、描画モードを「ソフトライト」 に設定します。 新しいビル群のレイヤーを耳の下に、首の位置と揃えて配置します。

ビル群のレイヤーをレイヤーパネルにある「新規レイヤーを作成」アイコンにドラッグして、同じ描画設定でレイヤーを複製します。ビル群をあごとブレンドするため、消しゴムツールを選択して不透明度を下げます。シームレスなブレンドが完成するまで、あごの内側をブラシで描画します。

様々なレイヤーを試す

プロジェクトが完成するまでには多数のレイヤーが作成されています。各レイヤーの非表示、表示、再配置、不透明度の調整など、納得するまで何度も効果を試しながら制作します。

composite-multiple-images-create-collage_9

 

アーティストについて:
Molly Scannellはコラージュに無限の可能性を感じています。ハイスクール時代に初めてコラージュアートを知り、切り紙アートの創作を始めました。それ以来、デジタルコラージュアーティストとしての技術を磨き続け、主に趣味と瞑想の一環としてコラージュに取り組んできました。

ニューヨーク市で最初の仕事を請け負ったとき、スケッチ帳とシャープペンシルでは対応できないと悟り、Adobe PhotoshopとIllustratorを独学で学びました。現在はボストン郊外在住。フリーランスデザイナーとして、主にデジタルデザインとイラストを手掛けています。クライアントには、Tivoli、Mopar、Chrysler Group、ING、Sunglass Hut、Smithsonian、CBSなど、著名な企業が名を連ねています。

仕事以外の楽しみは、自分の子供たちとコラージュ制作をすること。一緒に大量の紙や雑誌を集めることから開始します。何でもありの作品にすることも、カテゴリーを決めて取り組むこともありますが、どちらも楽しく創作しています。

Molly Scannellをフォローする

webサイト
Identity xx
Instagram

07/16/2020

地図データ:Google
音楽:"Tony's Belated Breakfast" by Birocratic
写真提供:Heather McGrath

このページは役に立ちましたか。