Photoshopのコンテンツに応じた切り抜きツールを使用して、切り抜いた後にできる空きスペースを自動的に周囲と調和させた形で塗りつぶします。

1. 写真を開く

Photoshop CCで、角度補正や切り抜きが必要な写真を開きます。

「コンテンツに応じる」オプションを備えた切り抜きツールを使用して、サンプル写真の回転や角度補正をおこない、角度を補正した画像の周囲を調和するコンテンツで自動的に塗りつぶします。

また、写真の構図を正方形に変更して元の境界を拡張し、切り抜きツールのコンテンツに応じた機能を使用して、再構成した写真の端の外側を自動的に塗りつぶします。

Photoshopの特別な技術である「コンテンツに応じる」オプションが切り抜きツールでも利用できるようになり、写真編集の操作性が改善されました。

2. 切り抜きツールの「コンテンツに応じる」オプションを有効にする

ツールバーで切り抜きツールを選択します。写真の周囲に切り抜き境界が表示されます。

画面上部のオプションバーで、「コンテンツに応じる」チェックボックスをオンにして、切り抜きツールの「コンテンツに応じる」オプションを有効にします。

3. コンテンツに応じた切り抜きで回転や角度補正をおこなう

切り抜き境界のいずれかの隅の外側にカーソルを移動します。カーソルの形が曲がった双方向の矢印に変化したら、写真をドラッグして回転および角度補正をおこないます。表示される切り抜きグリッドを目印として、写真の被写体(この氷山の裾など)の角度をまっすぐに直します。終わったらマウスを離します。

切り抜きを確定するには、オプションバーのチェックマークをクリックするか、キーボードのEnterキーまたはReturnキーを押します。 

「コンテンツに応じる」オプションにより、写真の端の部分が周囲と調和するコンテンツで自動的に塗りつぶされます。 

比較:「コンテンツに応じる」オプションを有効にしない場合、切り抜きツールでサンプル写真を回転すると、切り抜き境界の外側の部分が残ります。[1]

これを直そうとして手動で切り抜き境界を拡張すると、端に空の領域が生じて、追加のレタッチが必要になります。[2]

コンテンツに応じた切り抜きを使えば、問題は解決します。回転した切り抜き境界は拡張され、残りの空の領域は周囲と調和するコンテンツで自動的に塗りつぶされます。

4. コンテンツに応じた切り抜きで縦横比を変更する

切り抜きツールのもう1つの一般的な用途として、例えば水平方向から正方形など、異なる縦横比に写真を切り取る操作があります。切り抜きツールの「コンテンツに応じる」オプションは、端に生じる空の領域を自動的に塗りつぶすための効果的な方法です。

切り抜きツールを選択したまま、オプションバーの縦横比メニューを選択し、1:1(正方形)を選択します。正方形の切り抜き境界が写真上に表示されます。切り抜き境界の内側をクリックし、内側でドラッグして氷山の位置を修正します。

ここで、氷山が十分に領域内に収まるように、正方形の切り抜き境界を拡張します。切り抜き境界の隅のアンカーポイントにカーソルを合わせ、写真の上端を超えて外側にドラッグします。 ここで、拡張した切り抜き境界の内側に空の領域が生じます。

オプションバーの「コンテンツに応じる」オプションを有効にしたまま、オプションバーのチェックマークをクリックするか、キーボードのEnterキーまたはReturnキーを押すと、空の領域が周囲と調和するコンテンツで自動的に塗りつぶされます。

コンテンツに応じた機能を利用する、他のPhotoshop機能の詳細についてもご覧ください。

03/28/2017

コントリビューター:Ben Willmore

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ