レイヤーマスクを使い、複数の画像を組み合わせて1枚の合成画像にする方法をご覧ください。

必要な情報

練習用のサンプルファイルをダウンロードします。このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:レイヤーマスクを使用して合成画像を作成する

ブラシツールでレイヤーマスクを編集

  1. レイヤーパネルの「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックし、選択中のレイヤーにレイヤーマスクを追加します。
  2. ブラシツールを選択し、描画色ボックスで黒に設定します。(Dキーを押し、カラーを初期設定の白と黒に戻してから、Xキーを押して白と黒を入れ替えます)
  3. キーボードで左角括弧キーまたは右角括弧キーを押してブラシのサイズを変更します。
  4. レイヤーマスクが選択されていることを確認します。(選択されていれば、そのサムネールが強調線で囲まれています)
  5. 画像を黒でペイントすると、その部分はレイヤーがレイヤーマスクで隠され、その下にあるレイヤーが見えるようになります。

黒は非表示、白は表示

レイヤーマスクの黒い部分ではレイヤー上にあるものがレイヤーマスクで隠され、白い部分ではレイヤー上のものが表示されます。

  • 隠しすぎてしまった場合は、Xキーを押して描画色と背景色を切り替えて白でレイヤーマスクをペイントすれば、マスクされた部分のレイヤーが元どおりに表示されるようになります。

範囲を選択してレイヤーマスクを作成する

合成画像でレイヤーマスクを作成する方法として、選択した範囲を利用する方法もあります。範囲を選択してからレイヤーマスクを追加すると、そのレイヤーマスクでは自動的に、選択した範囲が白く、選択しなかった範囲が黒くなります。選択しなかった範囲はレイヤーマスクの黒で隠されています。

  • クイック選択ツールなど、好きな選択方法を使って範囲を選択します。
  • 画像で範囲を選択した状態で、レイヤーパネルの「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックします。

ブラシツールでレイヤーマスクを修正

範囲を選択してレイヤーマスクを作成したら、ブラシツールを使ってそのマスクを編集できます。ソフト円ブラシを使えば、バウンディングを滑らかにすることができます。

  • マスクレイヤーを隠すには黒でペイントし、マスクレイヤーが見えるようにするには白でペイントします。
  • ブラシツールのオプションバーで不透明度を50%にすると、グレーでペイントしてマスクレイヤーを浅く隠すことができます。

作品の保存

  • 画像を.PSDまたは.TIFFフォーマットで保存すると、レイヤーとレイヤーマスクが保持されます。
08/19/2019

Adobe Stock提供元:joelworkmanKevin Carden

プレゼンター:Seán Duggan  

このページは役に立ちましたか。