いつ、どのような理由で写真を切り抜くかのヒントを見てみましょう。
黒い背景に市街を見下ろす女性の画像、写真の境界にトンボが付いている

写真を切り抜くと、写真の端からコンテンツが削除されます。写真を切り抜く理由はいくつもあります。

切り抜きによる構図の改善

カメラで撮影した画像が常に最適な構図とは限りません。思い通りでなくても、Photoshopを使えば、撮影後に切り抜きで構図を変更できます。 

左右に並んだ手漕ぎボートに乗った女性の画像、右側は人に近づけて切り抜かれている

切り抜きツールを選択すると、画像の周囲に切り抜きボックスが表示されます。切り抜きボックスの端をドラッグして、切り抜き範囲を設定します。切り抜きボックス内の画像をドラッグして、位置を調整します。 

Photoshopには切り抜きのガイドとして使用できる、標準的な構図のオーバーレイがあります。例えば、三分割法オーバーレイは縦横に交差するガイドです。このオーバーレイでは、交差するガイドに合わせて被写体を配置します。構図のオーバーレイを非表示にするオプションを使用して、オーバーレイのない切り抜き画像を見ることもできます。

手漕ぎボートに乗った女性の画像、グリッドオーバーレイが表示されている

画像の角度補正のための切り抜き

水平または垂直方向に傾いた画像は、切り抜きツールで角度を補正できます。角度を補正すると、切り抜きボックス内で画像が回転します。角度補正により端に空白領域ができるときは、「コンテンツに応じた塗りつぶし」を設定して、切り抜き時にその領域を埋めることができます。

左右に並んだ氷河の写真、左は角度を補正中、右は結果の画像

サイズとシェイプを変更するための切り抜き

Instagram用に正方形にしたり、お気に入りのフォトフレームに合わせた縦型にするなど、画像を特定の用途向けに作成するときは、その形状に画像を切り抜く必要があります。切り抜く画像の形状を制御するには、切り抜きツールの縦横比メニューを使用します。縦横比を実際のインチやピクセルと混同しないでください。縦横比は、幅と高さの比率を示すものです。

写真を切り抜く正確なサイズがわかっている場合も、切り抜きツールで設定できます。切り抜きオプションに幅、高さ、解像度を入力し、切り抜き境界ボックスを調整して必要な領域が入るようにします。これは、「画像サイズ」コマンドで目的の結果が得られない場合に、画像のサイズを変更する方法として効果的です。

サイズとシェイプを変更するための切り抜き

Instagram用に正方形にしたり、お気に入りのフォトフレームに合わせた縦型にするなど、画像を特定の用途向けに作成するときは、その形状に画像を切り抜く必要があります。切り抜く画像の形状を制御するには、切り抜きツールの縦横比メニューを使用します。縦横比を実際のインチやピクセルと混同しないでください。縦横比は、幅と高さの比率を示すものです。

写真を切り抜く正確なサイズがわかっている場合も、切り抜きツールで設定できます。切り抜きオプションに幅、高さ、解像度を入力し、切り抜き境界ボックスを調整して必要な領域が入るようにします。これは、「画像サイズ」コマンドで目的の結果が得られない場合に、画像のサイズを変更する方法として効果的です。

左右に並んだ夕陽が沈む海の景色、右側は切り抜き後でフォーカスが定まっている

画像の端からコンテンツを削除するための切り抜き

写真の端にある不要なオブジェクトや人物を削除するには、切り抜くのが最も簡単な方法です。切り抜きボックスの外側にあるものは画像から消えます。そのコンテンツを完全に削除せずに残すには、切り抜いたピクセルを削除するオプションをオフにします。次に切り抜きツールを使用するときも外側のピクセルは残っているので、切り抜き範囲を変更して元に戻すことができます。

このページは役に立ちましたか。