Photoshopのゆがみツールにある顔認識機能では、顔のパーツが自動的に検出されるため、表情を整えたり、誇張したりすることができます。

ゆがみウィンドウで写真を開く

後でゆがみツールでさらに調整したい場合は、右クリックまたはCtrlキーを押しながらクリックしてから、「スマートオブジェクトに変換」を選択します。

フィルター/ゆがみメニューが強調表示されているPhotoshopワークスペース。選択された、赤い背景の前にいるピースサインしている男性のアートワークが表示されている

スライダーをドラッグして様々な顔のパーツを調整する

スライダーを使用して、目、鼻、口、顔の形を調整できます。

赤の背景の前で満面の笑みを浮かべている男性のアートワークの横に、「口」オプションに「100」が設定されているゆがみツールの顔認識機能の設定が表示されている

顔のパーツを直接クリックしてドラッグすることでも調整できます。そうするには、ゆがみウィンドウの左側にあるツールバーから顔ツールを選択します。顔のパーツにカーソルを合わせ、カーソルが斜めの双方向矢印に変わるまで待ちます。その後、望みどおりに調整されるまでドラッグします。

赤の背景の前で満面の笑みを浮かべている男性のアートワークの左側でツールバーの「顔」ツールが選択されている

完成

これで終了です。広告用の完璧な表情が完成しました。

「顔」ツールを使用して調整した後の、赤の背景の前で満面の笑みを浮かべている男性のアートワーク
08/12/2020
このページは役に立ちましたか。