写真に含まれる大小のオブジェクトを修復ブラシツールを使って除去します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:修復ブラシツールを使用して、オブジェクトを除去する

どのような場合に修復ブラシを使用するか

修復ブラシツールはスポット修復ブラシツールと似ていますが、対象部分のレタッチに使用するディテールのサンプルを選択できる点が異なります。ディテールのサンプルとレタッチ対象部分を滑らかにブレンドできるため、シームレスなカラーブレンドが重要な場面に適しています。

レタッチ用に別レイヤーにコピー

  • 背景レイヤーを選択した状態で、レイヤー/新規/選択範囲をコピーしたレイヤーを選択します。これで背景レイヤーのコピーが作成され、メインの画像とレタッチを分離することができます。
  • レタッチ用のレイヤーを作成する別の方法もあります。新規レイヤーを追加して、修復ブラシのオプションバーでサンプルメニューから「現在のレイヤー以下」を選択します。

修復ブラシツールの使用方法

  1. 修復ブラシツールは、ディテールをコピーして、レタッチ領域の明るさと色の品質とブレンドします。
  2. 修復ブラシツールを選択した状態で右角括弧キーを何度か押すと、ブラシの先端が大きくなります。逆に左角括弧キーを押すとブラシが小さくなります(角括弧キーは、通常の日本語キーボードの配列では右端のEnter/Returnキーの近くにあります)。
  3. レタッチ対象領域のサイズに合うブラシのサイズを選択します。
  4. サンプリングするポイントを設定するには、Altキー(Windows)またはOptionキー(macOS)を押しながら、コピー元のディテールをクリックします。
  5. 画像内のカバーまたは除去したい部分をブラシでなぞります。

不要なカラー流出の補正

周囲の領域とカラーや明るさの値が異なる大きなオブジェクトを対象とする場合、修復後の領域に元のカラーが一部流出することがあります。そのような場合は、まず、周囲と近いカラーでオブジェクトをカバーしてから、修復ブラシツールでディテールを追加します。

  1. スポイトツールを使用して周囲の領域からカラーをサンプリングします。
  2. ブラシツールを使用して、修復ブラシツールにより元のカラーが流出した領域をサンプリングしたカラーでペイントします。
  3. 修復ブラシツールを使用して、カラー調整後の領域にディテールをコピーすれば、高品質の修復結果が得られます。

作品の保存

  • ファイルをPSDまたはTIFFフォーマットで保存して、作成したレタッチレイヤーを個別に保持します。
09/11/2019

Adobe Stock提供元:IamJoyful

プレゼンター:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。