Webサイトやアプリのデザインをスマートフォンなどの画面にはめ込んで、よりリアルなイメージで伝えるモックアップ。ここでは、Adobe Stockで素材を検索し、Photoshopではめ込み合成を仕上げるまでの工程を解説します。まずは、下の1分動画で制作工程を確認しましょう。

難易度2/5

 

本チュートリアル内で使用する主な機能
ライブラリパネルでのAdobe Stock素材の検索と購入、ゆがみ、ベベル、クリッピングマスクレイヤー、オーバーレイ

手順1/5

Photoshop内でAdobe Stock素材を検索する

Photoshopを起動し、新規ドキュメント(幅:4896ピクセル/高さ:3264ピクセル/解像度:300ピクセル/インチ)を作成します。

次に、「ウィンドウ」→「ライブラリ」をクリックし、「ライブラリ」パネルを表示します。検索フィールドが「Adobe Stockを検索」になっているのを確認し、そこに「Phone Mockup」と入力します。

続いて、「Adobe Stockの検索結果」の左にある「>」をクリックして展開します。「写真」にチェックを入れて、検索対象を写真のみに絞ります。候補の画像がパネルに表示されるので、スクロールしてイメージに合うものを探します。

*本チュートリアルのサンプルファイルはこちらからダウンロードできます。その場合は、「ファイル」→「リンクを配置」をクリックし、サンプルファイルの「blank_phone.jpg」を選択してください。サンプルファイルを使用する場合は手順1は不要です。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

手順2/5

素材を購入してダウンロードする

気に入った画像が見つかったら、このパネルから購入できます。画像のサムネールの上にカーソルをのせると、左上にアイコンが表示されるので、ショッピングカートのアイコン(ライセンスを取得してマイライブラリに保存)をクリックします。「Adobe Stock画像のライセンスを取得」画面が表示されるので、「OK」をクリックすると、画像のダウンロードが始まります。(※初期設定では「マイライブラリ」に保存されますが、新規でライブラリを作成することもできます。)

ダウンロードが終了すると、「ライブラリ」パネルの「マイライブラリ」に画像のサムネールが表示されます。左上に「ライセンス取得済み」のマークが付いています。その画像を選択し、カンバス上にドラッグ&ドロップして配置します。

練習用のサンプルファイル「blank-phone.jpg」をPhotoshopで開くと、ここまでの作業を省略することができます。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

手順3/5

画像を配置してはめ込み合成する

「ファイル」→「リンクを配置」をクリックし、練習用のサンプルファイル「app_layout.png」を選択して、「配置」をクリックします。モバイルアプリのデザイン画像が配置されます。この画像を、スマートフォンのブランク画面にはめ込みます。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

画像の左上のコーナーポイントをクリックし、「Shift」キーを押しながら内側にドラッグして縮小します。適当なサイズに縮小できたら、スマートフォンの画面の上まで移動し、ダブルクリックして変形を確定します。

続いて、「編集」→「変形」→「ゆがみ」をクリックします。画像の各コーナーポイントを、スマートフォン画面の4つの角に合わさるようにドラッグします。うまく画面に重なったら、ダブルクリックして変形を確定します。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

手順4/5

ベベルで画像に立体感を出す

ここからは、はめ込み合成を自然な見栄えになるように仕上げていきます。「app-layout」が選択されている状態で、「レイヤー」パネル下部の「レイヤースタイルを追加」ボタンをクリックし、メニューから「ベベルとエンボス」をクリックします。「レイヤースタイル」ダイアログボックスで、スタイルを「ベベル(内側)」に設定し、深さや方向、サイズなどを調整します。境界線の内側に影がつき、立体感が出ました。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

手順5/5

グラデーションで陰影をつける

画面の中のデザイン画像がはっきりとし過ぎて、多少違和感があります。もう少し調整してみましょう。「app-layout」レイヤーが選択された状態で、「レイヤー」パネル下部の「新規レイヤーを作成」ボタンを「Option」キーを押しながらクリックします。「新規レイヤー」ダイアログボックスが表示されるので、「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

続いて、「グラデーションツール」を選択し、描画色を黒、背景色を白に設定します。スマートフォン画面の右下から左上へかけて、対角線上にドラッグします。クリッピングマスクが適用されているため、画面の中だけがグラデーションで塗りつぶされます。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

次に、「レイヤー」パネルの「レイヤーの描画モードを設定」をクリックし、ドロップダウンメニューから「オーバーレイ」をクリックします。デザイン画像に陰影がつき、自然な仕上がりになりました。陰影がつき過ぎたと感じた場合は、「不透明度」のスライダーをドラッグして調整します。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

これで、モックアップが完成しました。

画像のはめ込み合成で、モックアップを作成する

 

モックアップは、単にデザインの完成イメージを確認するだけでなく、広告やプレゼンテーションなどに広く活用することができます。ここで学んだはめ込み合成のテクニックは、PCやテレビ、サイネージ、フォトフレームなどのモックアップ制作にも応用できます。ぜひ試してみてください。

このページは役に立ちましたか。