このチュートリアルでは、Adobe Photoshop を使用して、背景、テクスチャ、写真を組み合わせて、ファッションコラージュを作成する方法を紹介します。モデルの胴体を背景と同化させることで、洋服に注目を集めることができます。

難易度4/5

 

本チュートリアル内で使用する主な機能

クイック選択ツール、被写体を選択、選択とマスクワークスペース、境界線調整ブラシツール、レイヤーマスク、選択範囲にマスクを追加、選択範囲を変更、べた塗りレイヤー

 

以下が大まかな流れです。

 

1. 背景を作成

2つのレイヤーを重ね合わせて背景を作成します。

 

2. 被写体を切り抜く

レイヤーマスクを使用して、モデルの画像から背景を取り除いて被写体のみを表示します。

 

3. 影を作成

モデルの背面に白い影を作成し、コラージュを立体的に仕上げます。

 

4. 体を塗り潰す

服をより強調させるために、モデルの胴体を背景と同色に塗り潰します。

1. 背景を作成

 

手順1/2

練習用ファイルを開く

Photoshopを起動し、「ファイル」-「開く」から練習用サンプルファイル「cutout-collage_practice.psd」を選択して開きます。

 

赤い塗り潰しの背景が開きました。

 

画像ファイル「foil-texture.jpg」を赤い背景上にドラッグして追加し、Enterキーで確定します。

 

アルミホイルのテクスチャのレイヤーが追加されました。

 

手順 2/2

テクスチャを変形

アルミホイルのテクスチャのレイヤーを選択します。

ハンドルを操作してテクスチャを拡大及び回転させ、Enterキーで確定します。

 

背景が作成されました。

2. 被写体を切り抜く

 

手順 1/3

画像ファイルを追加

画像ファイル「model.jpg」を背景の上にドラッグで追加し、Enterキーで確定します。

 

モデルの画像のレイヤーが追加されました。

 

手順 2/3

背景をマスクする

モデルの画像レイヤーを選択し、ツールパネルで「クイック選択ツール」を選択します。

上部メニューで「被写体を選択」をクリックします。

 

被写体のみが選択された状態になりました。

 

より自然に被写体を切り抜けるように、マスクの範囲を調整します。

「選択とマスク...」を選択します。

 

選択とマスクワークスペースが開きました。

 

ヒント 表示モード

選択とマスクワークスペースでは、マスクの状態を効率的に確認するために複数の表示モードがあります。選択範囲外の部分を透かして表示させる「オニオンスキン」や、選択範囲を点線で示す「点線」、マスクの状態を完全に白黒で示す「白黒」などから選択します。このチュートリアルでは「オーバーレイ」を使用しています。「オーバーレイ」を使用すると、マスクされた領域を任意のカラーと不透明度で示すことができます。

 

手順 3/3

マスクを調整

自動で選択されたマスクの範囲を微調整します。

属性パネルで各メニューを以下のように設定します。

 

表示モード:オーバーレイ

高品質プレビュー:オン

不透明度:76%

 

髪の毛先やセーターのエッジなどを自然に仕上げます。

まず、ツールパネルで「クイック選択ツール」を選択し、必要に応じて過剰にマスクされてしまった部分をブラシでペイントします。

 

ペイントした部分のマスクが除去されました。

 

「境界線調整ブラシツール」を選択し、モデルの髪の毛先とセーターのエッジの領域などをブラシでペイントし、選択の境界を自然に馴染ませます。

 

マスクのエッジを自然な状態で選択することができました。

 

属性パネルの「OK」をクリックして「選択とマスク」のプロパティを閉じます。

レイヤーパネル下部の「レイヤーマスクを追加」をクリックします。

 

モデルレイヤーの青い背景がマスクされました。

3. 影を作成

 

手順 1/2

べた塗りレイヤーを作成

モデルの背面に白い影を作成します。

レイヤーマスクが選択された状態で右クリックし、「選択範囲にマスクを追加」を選択します。

 

メニューバーの「選択範囲」-「選択範囲を変更」-「滑らかに...」を選択します。

表示されたダイアログで半径を10pxに変更し「OK」をクリックして確定します。

 

レイヤーパネル下部の「塗り潰しまたは調整レイヤーを新規作成」-「べた塗り」を選択します。

表示された「カラーピッカー」で色を白「#ffffff」に設定し、「OK」をクリックして確定します。

 

白いべた塗りのレイヤーが作成されました。

 

手順 2/2

レイヤーを調整

ツールパネルで「移動ツール」を選択し、べた塗りレイヤーの位置を右下にずらします。

レイヤーパネルでべた塗りレイヤーをmodelレイヤーの下に移動します。

 

べた塗りレイヤーのマスクを選択し、ツールパネルで「ブラシツール」を選択します。

ブラシで余分なべた塗りを除去します。

 

余分なべた塗りが除去されました。

4. 体を塗り潰す

 

手順 1/1

体を塗り潰す

modelレイヤーを選択し、ツールパネルの「クイック選択ツール」で胴体の部分を選択します。

 

レイヤーパネル下部メニューの「塗り潰しまたは調整レイヤーを新規作成」-「べた塗り」を選択します。

「カラーピッカー」が表示されました。

赤い背景にスポイトツールを合わせてクリックして色「#ff503e」を抽出し、「OK」で確定します。

 

モデル胴体の部分が背景と同じ色に塗り潰されました。

 

べた塗りレイヤーのレイヤーマスクを選択し、ツールパネルで「ブラシツール」を選択します。

描画色を「白」に変更し、モデルの輪郭線が残っている箇所をブラシでペイントします。

 

モデルの輪郭線が塗り潰されて背景と同化しました。

 

以上で今回のチュートリアルは終了です。

 

今回の例では、Photoshopのレイヤーマスクやべた塗りレイヤーの機能を使用して、ファッションコラージュを作成しました。ここで学習した機能を使用して、雑誌に掲載された好みのファッションの切り抜きからコラージュを作成する要領で、オリジナルのコラージュ作品を作成してみましょう。いろいろな画像から好みのファッションを取り出して、Photoshopでユニークなファッションコラージュを作成してください。

このページは役に立ちましたか。