レイヤーマスクを使ってレイヤーを部分的に隠す方法をご覧ください。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:レイヤーマスクの基本

レイヤーマスクとは?

レイヤーマスクを使うと、レイヤーを部分的に隠したり、元に戻したりできます。レイヤーの一部を消去あるいはレイヤーごと削除することなく、編集を柔軟におこなうことができます。画像を合成する場合やオブジェクトを切り抜いて他のドキュメントで使用する場合や、レイヤーの一部だけを編集する場合は、レイヤーマスクが便利です。

レイヤーマスクには、黒、白、グレーのカラーを追加できます。その方法のひとつに、レイヤーマスクにペイントする方法があります。レイヤーマスクの黒い部分では、マスクしたレイヤーが隠されるため、そのレイヤーの下にあるものが見える状態になります。レイヤーマスクのグレーの部分では、マスクレイヤーが部分的に隠されます。レイヤーマスクの白い部分では、マスクレイヤーが表示されます。

レイヤーマスクを作成

  1. レイヤーパネルでレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルの下部にある「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックします。選択したレイヤーのところに白いレイヤーマスクのサムネールが表示されます。選択したレイヤーは全体が表示されています。

レイヤーマスクに黒を追加して隠す

レイヤーマスクに黒を追加すると、その部分はマスクレイヤーが隠されます。

  1. レイヤーパネルで、レイヤーマスクのサムネールが白い線で囲まれていることを確認します。白い囲み線がない場合は、レイヤーマスクのサムネールをクリックします。
  2. ツールバーでブラシツールを選択します。オプションバーでブラシプリセットピッカーを開き、ブラシの直径と硬さを選択します。
  3. Dキーを押し、ツールバーでカラーを初期設定の白と黒に戻します。Xキーを押してカラーを入れ替え、描画色を黒にします。
  4. 画像の上にペイントすると、レイヤーマスクに黒が追加されます。レイヤーマスクの黒い部分では、マスクしたレイヤーが隠されるため、その下にあるレイヤーか透明を表すチェッカーボード模様が見える状態になります。

レイヤーマスクに白を追加して表示する

レイヤーマスクに白を追加すると、その部分はマスクレイヤーが表示されます。レイヤーマスクを白でペイントすると、先ほどレイヤーマスクに黒を追加して隠した部分をまた見えるようにすることができます。

  1. Xキーを押してツールバーの描画色と背景色を入れ替え、描画色が白になるようにします。
  2. 画像を隠した部分にペイントします。これでレイヤーマスクに白が追加され、それに対応するマスクレイヤーの部分が元どおりに表示されるようになります。

黒、白、グレーでレイヤーマスクを微調整する

黒と白を切り替えながらレイヤーマスクをペイントすると、マスクのバウンディングを柔軟に微調整することができます。ソフトブラシを使用すれば、ブラシのエッジがぼかしのかかったグレーになり、その部分のレイヤーがマスクで部分的に隠れるようになります。

レイヤーを保持して作品を保存

  • 画像を.PSDまたは.TIFFフォーマットで保存すると、レイヤーとレイヤーマスクが保持され、後から編集することができます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン