LightroomとPhotoshopを写真編集のワークフローに追加しましょう。それぞれのアプリの使い分けについてご説明します。
lightroom-photoshop-overview_1408x792

デジタルフォトのワークフローでどのアプリを使うか迷ったら、LightroomとPhotoshopがお勧めです。LightroomとPhotoshopは、互いに連携するように設計されているため、これらを組み合わせて使用することでより大きな効果が得られます。 まずはLightroomで写真を整理、加工、共有。画像のレタッチや合成など、より高度な編集はPhotoshopでおこなえます。

Lightroomを選択する理由

Lightroomでは、写真のコレクションをすべて1か所にまとめて整理、編集できます。Lightroomはまさに、コンピューターとモバイルデバイス両方の写真のための「ホームベース」です。

Lightroomを使用すれば、すべての写真を並べ替え、タグ付けして、効率よく管理できます。画像の切り抜き、ゆがみ補正、カラー補正なども可能です。Lightroomでの編集はすべて非破壊編集なので、自由に編集を行っても、取り消したいときは元の写真に戻すことができます。

Lightroomが画像を開く

Photoshopを選択する理由

特定のプロジェクトで切り抜きや基本的なレタッチよりもさらに高度な作業をおこなう必要がある場合は、Photoshopを使用します。Photoshopのレイヤーパネルを使用すれば、画像の合成や透明なオーバーレイの作成をおこなうことができます。Photoshopなら、パノラマ写真の作成、オブジェクトの除去、不要物のシームレスなレタッチが簡単におこなえるほか、写真、テキスト、ビデオから独自の画像を作成することも可能です。

Photoshopで画像を編集する

組み合わせて使う

PhotoshopとLightroomを連携すれば、さらに効率的な写真編集が実現します。Lightroomに写真を読み込んで選別し、基本的な調整を行った後、Photoshopに直接写真を送って高度な編集を続けます。 編集が終わったら、Lightroomに戻って作品を整理し、印刷、共有できます。

画像をLightroomで整理し、Photoshopで編集
10/03/2017

コントリビューター:Nicholas Hendrickx

このページは役に立ちましたか。