Adobe Photoshop LightroomとAdobe Photoshopを併用する写真編集のワークフローと、それぞれの用途について説明します。
湖のほとりの豪華な建物を日没時に撮った美しい風景写真

デジタルフォトのワークフローでどのアプリを使うか迷ったら、LightroomとPhotoshopがお勧めです。LightroomとPhotoshopは、互いに連携するように設計されているため、これらを組み合わせて使用することでより大きな効果が得られます。まずはLightroomで写真を整理、加工、共有。画像のレタッチや合成など、より高度な編集はPhotoshopでおこなえます。

Lightroomを選択する理由

Lightroomでは、写真のコレクションをすべて1か所にまとめて整理、編集できます。Lightroom はまさに、コンピューターとモバイルデバイスの写真と、web版のLightroomのための「ホームベース」です。

Lightroomを使用すれば、写真をアルバム内で並べ替えて整理し、効率よく管理できます。画像の切り抜き、明るさの調整、カラー補正なども可能です。Lightroomでの編集はすべて非破壊編集なので、自由に編集をおこなっても、取り消したいときは元の写真に戻すことができます。

デスクトップモニター、タブレット、スマートフォンに同じ山の画像が表示されている

Lightroomで写真を整理

Lightroomは写真の整理や管理に役立ちます。写真をアルバムに入れて並べ替え、アルバムをフォルダーに分類して、きめ細かく整理できます。特定の写真を探すのは、Lightroomの自動タグ付け・検索システムに任せましょう。写っているものにもとづいて瞬く間に写真が特定されます。

Lightroomでは、写真がクラウド内で安全に保管され、どこからでもアクセスできるため、保存や管理について気にすることなく、写真の編集に集中できます。写真をローカルに保存したい場合は、今も世界中のフォトグラファーに愛用されているフル機能のデスクトップアプリ、Adobe Photoshop Lightroom Classicをお使いください。

Travelアルバムが選択され、画像のサムネールのグリッドが表示されているマイフォト

Lightroomでの画像編集

Lightroomには、写真に磨きをかけるためのパワフルなツールが用意されています。直観的な操作で画像の切り抜き、明るさの調整、カラー補正、遠近感の補正などをおこない、写真を見栄えよく編集できます。全体編集を適用すると、写真全体に反映され、部分編集ツールを使用すると、特定の部分だけが対象となります。

Lightroomは非破壊編集であるため、安心して編集できます。様々な外観を自由に試せ、いつでも元の写真に戻すことができます。

ライトとカラーのスライダーで調整しながら風景写真を編集

Photoshopを選択する理由

基本的な編集やレタッチよりもさらに高度な作業をおこなう必要があるプロジェクトでは、写真をLightroomからPhotoshopに直接送ります。Photoshopレイヤーを使用すれば、複数の写真を組み合わせて合成写真にする、テキストを加える、グラフィック要素を用いてデザインするといったことができます。

Photoshopの多彩な画像編集機能は、オブジェクトの除去、ポートレートのレタッチ、クリエイティブなぼかしやフィルター効果の適用に対応。写真やビデオクリップからユニークな作品を生み出せます。想像力が膨らむ限り、不可能はありません。

左右対称の合成画像、右側にPhotoshopの編集パネルが表示されている

LightroomとPhotoshopを一緒に使用

Lightroom とPhotoshopの連携により、さらに効率的な写真編集が実現します。Lightroomで画像を整理して、編集ワークフローを開始。次に、Photoshopに写真を送って、高度な編集、レタッチ、合成をおこないます。編集が終わったら、Lightroomに戻って作品を共有できます。

Travelアルバムが選択されているマイフォト
07/08/2020

Adobe Stock提供元:Salvador Manaois III

このページは役に立ちましたか。