複数の写真から要素を抽出して新しい画像を制作すると、刺激的、衝撃的、または美しい組み合わせに仕上げることができます。これは、ビジュアルアーティストのTemi Coker氏が作品に大きな効果をもたらすために使っているテクニックです。このわかりやすいチュートリアルでは、Coker氏がAdobe Photoshopで、2つの画像から抽出した要素を使って新しいコンポジションを作成する手法を紹介します。

Adobe Creative Residencyの卒業生であるTemi Coker氏は、写真とグラフィックデザインの融合に面白さを見出す、ナイジェリア系アメリカ人のビジュアルアーティストです。彼の人生の目標は、制作およびメディアを組み合わせる手法を人に教えていくことです。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

被写体を準備する

最初に、モデルを背景から切り離します。クイック選択ツールを使用して、「選択とマスク」を選択します。「選択とマスク」ワークスペースで表示モードを「オーバーレイ」に設定し、境界線調整ブラシを使用してモデルの髪のディテールをはっきりとさせます。次に、選択範囲をレイヤーマスクに出力します。

make-complex-selection-step1

さらに要素を追加する

次に、花の画像をモデルの上にドラッグし、回転させて配置します。クイック選択ツールを選択し、「被写体を選択」を使用して、花を背景部分から切り離します。次に、「選択とマスク」を選択して、選択範囲をクリーンアップします。

make-complex-selection-step2

ディテールをはっきりさせる

「選択とマスク」ワークスペースで、境界線調整ブラシツールを使用して花をなぞり、残っている背景の部分を除去します。コンポジションを見やすい状態で作業するには、「表示モード」を「レイヤー上(Y)」に設定します。

make-complex-selection-step3

デザインをアレンジする

さらに2回にわたって花のレイヤーの複製、回転、反転、サイズ変更、移動をおこない、モデルの周りにアレンジします。次に、カーブ調整レイヤーを追加して、モデルのトーンを変更します。

make-complex-selection-step4

温かみを加える

モデルのレイヤーの上に新しいレイヤーを追加します。ブラシツールの色を花の色に設定し、花との境界線に沿ってモデルの顔の横をブラシでなぞります。新しいレイヤーとモデルのレイヤーの間で、Optionキーを押しながらクリック(またはAltキーを押しながらクリック)してクリッピングマスクを作成し、この効果をブレンドさせたら、描画モードを「覆い焼きカラー」に設定します。

make-complex-selection-step5-before make-complex-selection-step5-after

クリエイティビティを花開かせる

「選択とマスク」ワークスペースで様々なツールを活用してみましょう。複雑な画像部分を簡単に選択できるようになります。 

make-complex-selection-step6


注意:このチュートリアル付属のプロジェクトファイルは練習目的でのみご利用ください。

Adobe Stockでは、1億点以上もの質の高いロイヤリティフリーの写真、グラフィック、ビデオ、テンプレートにアクセスでき、クリエイティブプロジェクトをすばやく開始できます。Adobe Stockの無料体験版では、10点の画像を無料でご利用いただけます。

01/02/2020

ビジュアルアーティスト、フォトグラファー:Temi Coker

Adobe Stock提供元:bestpixels

このページは役に立ちましたか。