写真におけるモーションブラー(急な動きや長い露出時間によって引き起こされる、動くオブジェクトに現れる線)は、被写体をダイナミックに表現することができます。アドビのアートディレクターのKathleen Martin氏が、Adobe Photoshopを使ってモーションぼかし効果を作成する方法をご覧ください。

Kathleen Martin氏は、夢想的な作風を得意とするAdobe Studioのイラストレーター兼デザイナーです。クリエイティビティを追求し続ける彼女は、進化し続ける便利なツールキットを駆使して、デジタル環境を巡っています。 また、BehanceのAdobe Liveのホストも努めています。

必要な情報

このサンプルファイルには、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock画像が含まれています。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

画像を準備する

Photoshopでダンサーの写真を開き、レイヤーのロックアイコンをクリックしてロックを解除します。次に、レイヤー/スマートオブジェクト/「スマートオブジェクトに変換」を選択して、ダンサーの写真を非破壊で編集できるようにします。

Adobe Photoshopでダンサーのレイヤーのロックを解除してスマートオブジェクトに変換する

動きを加える

フィルター/ぼかしギャラリー/パスぼかしを選択して、画像全体にぼかしを適用します。モデルの特定の部分で動きを表すために、矢印をドラッグして動きの方向を調整して、Photoshopが追加したデフォルトのマーカーを更新します。ポイントをドラッグして動きを調整してから、ペンツールで画像をクリックしてさらに多くのマーカーを追加します。

ぼかしギャラリーからパスぼかしを選択してモデルの頭部と足に適用して、動きの見た目を加えます。

加速させる

速度スライダーを使って、動きの見た目を調整して「OK」をクリックします。

速度スライダーを使ってパスぼかしを調整する

ピントを合わせる

モデルの一部のピントを合わせます。モデルのフォーカスを合わせる部分を指定するために、レイヤーパネルで、「スマートフィルター」のマスクサムネールをクリックします。次に、ブラシツールを選択し、ブラシのサイズを調整して、ぼかさない領域をブラシでなぞります。

ダンサーのスマートフィルターをブラシツールでペイントし、モデルの一部のピントを合わせる

動かし続ける

動きを加えることで、写真に生命を吹き込むことができます。

街の2棟のビルの前に、パスぼかしを適用した画像のポスターが飾られている

注意:このチュートリアル付属のプロジェクトファイルは練習目的でのみご利用ください。

01/02/2020

デザイナー:Kathleen Martin

Adobe Stock提供元:ANNA BERDNIKgeorgejmclittle

このページは役に立ちましたか。