不要な物体の削除や色調補正など行うことによって、こだわり部分をぐっと際立たせる方法を紹介します。

手順1/5

写真をPhotoshopで開く

Photoshopを開き、アプリケーションメニューの「ファイル/開く」から写真を開きます。

手順2/5

不要なカラーコーンを消す

写り込んでしまったカラーコーンを消します。

ツールバーの「スポット修復ブラシツール」をクリックします。  オプションバーの「種類」から「コンテンツに応じる」を選択し、消したいカラーコーン周辺をブラシでなぞります。

手順3/5

暗い部分を明るくはっきりさせる

曇り空で写真の雰囲気が暗く見えるので、明るく調整します。

アプリケーションメニューの「イメージ/色調補正/シャドウ・ハイライト」をクリックします。
シャドウ」の値を上げると暗い部分が明るくなるので、任意の数値に調整します。

手順4/5

鮮やかな色合いを表現する

明るい雰囲気にするために、鮮やかな色合いにします。

アプリケーションメニューの「レイヤー/新規調整レイヤー/色相・彩度」をクリックし、色相・彩度調整レイヤーを作成します。「彩度」の値を上げると色合いがより鮮やかになります。この色相・彩度調整レイヤーは何度でも修正ができます。

手順5/5

コントラストを付ける

仕上げに写真全体にメリハリをつけます。

アプリケーションメニューの「レイヤー/新規調整レイヤー/トーンカーブ」をクリックし、トーンカーブ調整レイヤーを作成します。トーンカーブの直線を変化させることで、コントラストが変化します。色相・彩度調整レイヤーと同じように、トーンカーブ調整レイヤーも何度も修正ができるので、いろいろなコントラストを試してみましょう。

完成作品

 

 


無償体験版ダウンロード

無償ですべての機能をお試しいただくことができます。

ダウンロードはこちら ›

 


久保田 敦

1977年長野県生まれの鉄道写真家。 レイルマンフォトオフィスを経て2008年よりフリー。 車両をアップでとらえた写真を得意とし、雑誌や広告など幅広く活躍中。 月刊誌「鉄道ジャーナル」では表紙の撮影を担当している。

 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。