選択とマスクワークスペースで、より正確な選択範囲を作成する方法について説明します。

学習した内容:選択とマスクワークスペースでの選択範囲の微調整

選択とマスクワークスペースの起動

いずれかの選択ツールで最初の選択をおこないます。選択範囲/選択とマスクを選択するか、いずれかの選択ツールのオプションバーで「選択とマスク」をクリックして、選択とマスクワークスペースを開きます。

ヒント:または、選択とマスクワークスペースを開いてから、選択ツールを使用して最初の選択をおこなうこともできます。

ビューの選択

選択とマスクワークスペースで、表示メニューから表示モードを選択します。

例えば、オーバーレイ表示を選択した場合、選択した領域は透明になり、選択されていない領域は赤色にハイライトされます。不透明度のスライダーをドラッグすると、赤色のオーバーレイの不透明度を調整できます。

選択とマスクツールの使用

左にあるパネルのツールと、「選択範囲に追加」オプションや「現在の選択範囲から一部削除」オプションを使用して、選択範囲をクリーンアップします。

  • クイック選択ツールを使用すると、類似の色調と画像の境界にもとづいて自動的に目的の範囲を選択できます。
  • 髪の毛などのぼやけた境界を正確に選択するには、境界線調整ブラシツールを使用します。
  • 必要に応じて選択範囲をペイントするには、ブラシツールを使用します。
  • 自由に範囲選択するには、なげなわツールを使用し、直線的な境界を選択するには多角形選択ツールを使用します。

選択範囲の微調整

選択範囲の境界をさらに微調整するには、選択とマスクワークスペースの右にある属性パネルのコントロールを使用します。

例えば、滑らかさを調整するスライダーを右にドラッグすると、選択範囲の境界線が滑らかになります。コントラストスライダーを右にドラッグすると、選択範囲の境界線がくっきりします。ぼやけた境界に不要な色のフリンジがある場合は、「不要なカラーの除去」をオンにして、適用量スライダーをドラッグします。

選択とマスクからの出力

属性パネルの出力先メニューで、出力方法を選択します。例えば、「新規レイヤー (レイヤーマスクあり)」を選択した場合、選択内容は、レイヤーパネル内の新しいレイヤーに柔軟なレイヤーマスクとして表示されます。

「OK」をクリックして、選択とマスクワークスペースを閉じ、メインワークスペースに戻ります。

 

08/19/2019

プレゼンター:Jan Kabili

フォトグラファー:Hint of WhimsyJim Baron

このページは役に立ちましたか。