範囲を選択してレイヤーマスクを使用し、人物を切り抜く方法をご覧ください。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:範囲を選択してレイヤーマスクを作成する

選択した範囲からレイヤーマスクを作成することができます。この方法は、正確に範囲を選択して柔軟にレイヤーマスクを作成し、複雑な被写体を分離する場合に便利です。

範囲を選択

まず、好きな選択方法で範囲を選択します。画像の背景が単色の場合は、被写体よりも背景を選択するほうが簡単でしょう。単色の背景を選択するには、自動選択ツールが便利です。

  1. ツールバーの自動選択ツールを選択し、オプションバーの「隣接」をオンにします。
  2. 画像の背景をクリックして選択します。選択範囲を追加する必要があれば、Shiftキーを押しながらその画像をクリックします。選択範囲から除外するには、Optionキー(macOS)またはAltキー(Windows)を押しながらクリックします。
  3. 選択範囲/選択範囲を反転を選択します。これで背景ではなく被写体が選択された状態になります。選択したままにしておきます。

レイヤーマスクを追加

範囲を選択した状態でレイヤーマスクを追加すると、そのレイヤーマスクでは自動的に、選択した範囲が白く、選択しなかった範囲が黒くなります。

  • 範囲を選択した状態で、レイヤーパネルの「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックします。このレイヤーマスクには白い部分と黒い部分があり、白い部分は選択した範囲(被写体)、黒い部分は選択していない範囲(背景)となります。選択しなかった範囲は黒で隠されています。

他の画像にコピー

この画像の、分離した被写体の下のレイヤーに新しい背景を追加することができます。また、次の方法を使えば、分離した被写体を別の画像にコピーして、編集可能なレイヤーマスクを維持することもできます。

  1. 別の画像を開きます。開いた画像には、ドキュメントウィンドウの上部にそれぞれ独自のタブがあります。
  2. マスクがついたレイヤーを次の方法で2つ目の画像にコピーします。1つ目の画像のレイヤーパネルで、被写体とレイヤーマスクを含むレイヤーの空白部分をクリックしたままにします。マウスを押さえたまま、1つ目の画像のレイヤーパネルから2つ目の画像のタブにドラッグし、次に2つ目の画像のドキュメントウィンドウまでドラッグします。マウスを放します。2つ目の画像のレイヤーパネルに、被写体とレイヤーマスクを含むレイヤーが新しく作成されます。
  3. 2つ目の画像で被写体のレイヤーを選択したまま、Command + Tキー(macOS)またはControl + Tキー(Windows)を押します。ハンドルの付いたバウンディングボックスが被写体の周囲に表示されます。
  4. バウンディングボックスのコーナーのハンドルをドラッグして被写体のサイズを変更します。バウンディングボックスの内側あらドラッグして被写体を移動します。
  5. バウンディングボックスの外側をクリックして被写体のサイズ変更と移動を終了します。これでマスクのついたレイヤーを2つ目の画像に配置できました。
  6. 2つ目の画像でこのレイヤーマスクを編集する必要があれば、レイヤーパネルでレイヤーマスクをクリックして選択します。ツールバーでブラシツールを選択します。黒、白またはグレーでペイントすれば、レイヤーマスクを編集できます。

レイヤーを保持して作品を保存

  • 両方の画像を.PSDまたは.TIFFフォーマットで保存すると、レイヤーとレイヤーマスクが保持され、後から編集することができます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン