Photoshopに搭載されている「マッチフォント」を活用して、画像に含まれる文字に近いフォントを探し、デザインに反映させる方法を紹介します。フォントはインストールされているフォントだけでなく、Adobe Fontsからも検索することができます。
「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う

難易度2/5

1. フォントを探したい文字部分に選択範囲を作る

写真の「Caffe」の文字の上に、同じようなデザインで「Best Roastery」という文字を追加してみましょう。

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う

 

まず、長方形選択ツールを使って「Caffe」の文字に選択範囲を作成します。

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う

2.「マッチフォント」でフォントを検索する

画像の文字部分を選択状態にしたまま、書式メニューから「マッチフォント」を選択します。

*「マッチフォント」はPhotoshop CC2019以降のバージョンに搭載されている機能です。CC2018以前のバージョンではこの項目は現れません。

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
 
「マッチフォント」ダイアログが現われ、選択範囲内に含まれる文字のデザインに近いフォントが表示されます。バウンディングボックスを変更すると、変更された内容に合わせて候補のフォントも変化します。
「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
 

「Typekitから同期できるフォントを表示する」にチェックを入れると、クラウドフォントサービス「Adobe Fonts」で提供されているフォントも検索対象に含めることができます。

*Adobe Fonts(旧Typekit)については詳細はこちら ›

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う

3. イメージに合うフォントをアクティベートする

リストの中にある「Quimby」を使ってみましょう。Adobe Fontsのフォントをアプリケーションで使えるようにする(=アクティベート)には、フォント名の左にある雲のアイコンをクリックします。

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う

4. レイアウトに反映させる

横書き文字ツールを使って「Best Roastery」と入力してみましょう。フォントは「マッチフォント」で選択したフォントが指定された状態になっているため、そのまま文字を入力することができます。

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
 
より写真になじませたい場合にはレイヤースタイルなどの機能を活用するとよりリアルに仕上げることができます。
「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う

[Tips. 日本語フォントを検索する]

写真に含まれる文字に近いイメージの日本語フォントを探してみましょう。

「マッチフォント」は欧文フォントだけでなく日本語フォントも検索することができます。日本語フォントを検索するには「マッチフォント」ダイアログのテキストオプションを「日本語」に変更します。欧文フォント同様、「Typekitから同期できるフォントを表示する」にチェックを入れると、Adobe Fontsで提供されている日本語フォントも検索対象にすることができます。

[Tips. 「マッチフォント」の精度を高める工夫]

「マッチフォント」は基本的に矩形内に含まれる文字画像をAI(Adobe Sensei)が判別しています。このため、回転がかかっていたり、パースのある画像よりも正面を向いた文字の方がより精度高く認識させることができます。

図のようにパースがついている場合、一旦画像を複製しておき、遠近法の切り抜きツールを使ってパースを沿って四辺を囲みます。

「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
 
切り抜きを確定するとパースが修正され、正面から見たパースになります。「New Open」という文字部分に選択範囲を作成し「マッチフォント」を実行します。画像内の文字に近いフォントが検索されるので、ここでは「Chaloops Medium」をアクティベートしました。
「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
 
選択したフォントが複数のウエイトを持っている場合、またはアクティベートしたフォントとは異なるウエイトが必要になった場合は、Adobe FontsのWebページからアクティベートすることができます。Adobe FontsのWebページでは任意のサンプルテキストで書体のデザインを確認することもできます。
「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
 
追加でアクティベートした「Chaloops Bold」でテキストを入力しました。画像の文字とイメージを変えることなく、テキストを加えることができました。
「マッチフォント」で画像の文字からフォントを探してデザインに使う
このページは役に立ちましたか。