PSDファイルを使った画像加工の基本についてご説明いたします。


※サンプルPSDファイルに背景画像は入っておりません。ご自身で撮影された写真等をご使用ください。

1. Adobe Photoshop CC のPSDファイル形式


まず、Adobe Photoshop CC をダウンロードしてインストールしましょう。
Adobe Photoshop CC では「JPEG」や「PNG」など様々な画像データを開き、編集することが可能です。
さらに「.psd」という拡張子を持つPhotoshop独自ファイル形式では、Photoshopの編集状態を全て保存することができます。


[関連チュートリアル]

2. レイヤーとは


Adobe Photoshop CC のレイヤーは、積み重ねられた透明フィルムのようなものです。
個々のレイヤーは、他のレイヤーに影響を与えることなく移動・編集や、前後を入れ替えることができます。
レイヤーパネルの上のレイヤーほど画像の前面に重ねて表示されます。
また、調整レイヤーを使うことで様々な画像補正が元の画像に影響を与えることなく行えます。

3. 文字を載せる


通常の文字編集はもちろん、Adobe Typekitの豊富なフォントを利用したり、サイズや文字間、行間の設定も簡単に行うことができます。
文字の移動もマウスでドラッグするだけなので、思い通りのレイアウトが可能です。
「レイヤー効果」や「レイヤースタイル」を使うことで、文字に影をつけたりエンボス風に加工することもできます。

4. 別の画像ファイルを使う


画像ファイルを開いてコピーし、目的の画像にペーストすると、画像がレイヤーとなって重なった状態になります。サンプルファイルのレイヤーを、自分で撮影した画像に入れ替えるなど複数のファイル間での合成も簡単に行えます。




無償体験版ダウンロード

無償ですべての機能をお試しいただくことができます。

ダウンロードはこちら ›
 


[最適なプランをお選びください]

Illustratorなど単体製品とサービスのみ使用できる単体プランから、PhotoshopとLightroomのバンドル、すべての製品・サービスが利用可能なコンプリートプランまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。Creative Cloudプラン一覧 ›

学生や教職員の皆様はお得な学割プラン(学生・教職員個人版)もご利用いただけます。学生・教職員個人版の詳細 ›

このページは役に立ちましたか。