オブジェクトを除去または画像の別の部分に移動します。

必要な情報

このサンプルファイルは、このチュートリアルの学習内容の練習に使用できるAdobe Stock素材です。このチュートリアル以外でサンプルファイルを使用する場合には、Adobe Stockのライセンスを購入してください。このサンプルファイルの使用に適用される利用条件については、フォルダー内のReadMeファイルを参照してください。

学習した内容:パッチツールで不要なオブジェクトを隠す

どのような場合にパッチツールを使用するか

パッチツールは、対象領域に効果的に選択したパッチを当てることができます。コンテンツに応じるテクノロジーを利用しているため、選択範囲と画像の他の領域がスムーズにブレンドされます。

レタッチ用に別レイヤーにコピー

  • 背景レイヤーを選択した状態で、レイヤー/新規/選択範囲をコピーしたレイヤーを選択します。これで背景レイヤーのコピーが作成され、メインの画像とレタッチを分離することができます。

選択範囲の指定

パッチツールを使用するには、まずパッチを適用する範囲を選択します。パッチツールをなげなわツールの要領で使用し、選択範囲を作成します。他の選択ツールを使用することもできます。この選択は厳密である必要はなく、除去したいオブジェクトの外側に出ても問題ありません。

画像の別の領域からディテールをコピーして、パッチを作成する

選択範囲を画像の別の領域にドラッグして、パッチツールを適用します。パッチツールはコンテンツに応じるテクノロジーを利用しているため、周囲に溶け込むブレンドを作成できます。

  • パッチツールのオプションバーで、「通常」を選択し、「ソース」と「複製先」のいずれかを選択します。

「ソース」(選択範囲)をパッチする場合は、除去するオブジェクトのカバーに適したディテールを持つ領域に選択範囲をドラッグします。

「複製先」をパッチする場合は、選択範囲を画像の別の領域にドラッグします。選択したピクセルがそこにコピーされます。

コンテンツに応じてパッチを作成する

  • パッチツールのオプションバーで、「コンテンツに応じる」を選択します。
  • オブジェクトの除去に適したディテールを持つ領域に、選択範囲をドラッグします。
  • 作成したパッチにディテールの繰り返しがないか確認し、ある場合はコピースタンプツールで修正します。

作品の保存

  • ファイルをPSDまたはTIFFフォーマットで保存して、作成したパッチレイヤーを個別に保持します。
09/11/2019

Adobe Stock提供元:natureguy

プレゼンター:Seán Duggan

このページは役に立ちましたか。