初心者向けのヒントです。良い写真を撮るには基本をしっかり押さえましょう。
市街上空の風景、街灯に登ってサッカーボールを蹴る人

より良い写真を撮るためのガイドラインは、初心者だけでなく、基本事項の復習としてもご利用ください。写真を撮るたびに、ここに記載するテクニックを練習してください。そうすれば、いつの間にか自然にできるようになるでしょう。 


シャッターをクリックする前に、シーンの光に注目しましょう。光源、方向、色を知ることで、光が写真に与える影響を予測できます。

「徹底的に光を知ること。それが写真術を極める秘訣です」– ジョージ イーストマン

構図

  • 撮影する前に構図を整えましょう。構図を整えて写真を撮る時間がない場合は、後でPhotoshopで自由にトリミングできるように、広角で撮影しましょう。
  • まずは、構図の基礎的ルールを押さえましょう。ルールから外れるとどうなるかを試すのはそれからです。

露光量

  • 十分時間をかけて、自分のカメラで露光量を制御する方法に慣れましょう。カメラの露出補正を使えば、すぐに露光量を明るくまたは暗く設定できます。
  • 複数枚を撮影しましょう。手動制御が可能なカメラを使用している場合は、露出を変えて連写するブラケット撮影をおこなうこともできます。
3つの異なる露出設定で撮影した穏やかな川の風景写真

鮮明さ

  • シャッター速度を速くするか、三脚を使用して手ブレを防ぎましょう。
  • 三脚がない場合は、カメラを両手でしっかりと持ち、構造物に背を押しつけ、足を広げて、三脚に近い姿勢で撮影します。
左右に並んだ牛の写真(左はぼやけた写真、右はピントの合った写真)

ストーリー

力強い写真には、ストーリーが込められています。写真で何を伝えたいかを意識しましょう。それが最も伝わる瞬間を待ちます。たくさん写真を撮り、ストーリーが伝わる写真に編集しましょう。

「写真になくてはならないものがある。その瞬間の人間性だ」– ジョージ イーストマン

このページは役に立ちましたか。